人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
奈良交通 日野K-RC321 +日野車体
奈交の一癖も二癖もある車両は、既に何度か取り上げていますが、
これは、その中でも極めつけの1台でしょう。
奈良交通 日野K-RC321 +日野車体_e0030537_051576.jpg
奈良交通 日野K-RC321 +日野車体_e0030537_0522048.jpg
・奈良交通 日野K-RC321 +日野車体 2000年3月 奈良県奈良市

奈交らしい長尺の3扉車ですが、前扉と中扉は特に広幅な仕様。
そして、見るからに床の低さがわかる、都市低床車で、戸袋窓の天地寸法も拡大されています。
側面には、これまた一時期の奈交の(一部の車両で)特徴だった巨大な方向幕、
前面左側にはセイフティウィンドウがつきと、あちこちに個性が光ります。
車両によってはこの巨大方向幕に続けて電照式の広告枠を載せたものもあったそうで、まだまだ各社の意向が車両に反映できていた時代を思わせます。

奈良交通は、奈良市内の均一運賃区間や生駒附近の住宅地等には3扉車を採用していました。
今でも、近鉄奈良線の学園前を中心に系統を持つ北大和営業所には多数の3扉車が配置されています。
近鉄けいはんな線の開業で以前ほどではなくなったそうですが、
まだまだ大量の旅客を裁くために3扉車が使われる姿を見ることが出来るのです。
3扉車が迅速な客捌きのためのものなら、ここは外せないでしょう。

「魅惑の扉・3扉」は首都圏の一部地域だけのものではないのですよ・・・(ボソッ)。
by hiro_hrkz | 2009-08-03 01:19 | バス(日野車体) | Comments(3)
Commented by かねとしがばなー at 2009-08-03 20:40 x
今は徳島に帰ってきて通勤に使うのは車ばっかりで、バスに乗ることもなくなりましたが、大学時代は奈良にいたのでよく乗りましたね、奈良交通…ブログを見るたびに、普通に乗っていたのが、ちょっと変わったバスだったということに気がつかされて、ビックリします。
Commented by ルルラン踏切 at 2009-08-04 03:13 x
8年前に撮影した同型車(奈22か828.奈良営業所)の写真を改めて見直すと、ハイバックシート付きだったことに気付きました。後輪カバーも魅力的な車両で、胸の鼓動を抑えつつ撮影したことを思い出します。


関西エリアでは南海・河内長野の西工58MC3扉車が強く印象に残っています。
Commented by hiro_hrkz at 2009-08-05 01:12
>>かねとしがばなーさん
奈交の車両は、他ではおめにかかれない仕様の車両も多く、
特に強烈な印象がありました。
いつも乗っているバスが、全国レベルでみたら珍車揃いというのは
私の地元、関東バスもそうなんですが、意外に気がつきにくいものですね。

>>ルルラン踏切さん
河内長野の58MCは、南海だけでしか見られない貴重な車両ですね。
その割に、注目度が非常に低くあまり知られていないのは、残念な話だと思います。