人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
水戸の日デKC-RM211ESN +富士8E 5題
南関東の事業者では1993~1999年にかけて、中小型車を大量増備したところが少なからずあります。その一つが西武バスで、特に1996~1997年に導入された車両は中型でも短尺だったことが目立ちます。それも、メーカー設定の軸距3900mmの車両のみならず、3770mmの特注車が大量に存在したことが特筆されます。

現在、これらの多くは拙ブログで何度か取り上げたように、地方の事業者に移籍しています。
茨城県の事業者にも入っており、特に水戸では3社の車両を見ることができます。

まず、最初に入ったのが茨城交通。
軸距は両方とも存在していますが、水戸で見た限り、長いほうが多いようにも感じました。
水戸の日デKC-RM211ESN +富士8E 5題_e0030537_2244969.jpg
水戸の日デKC-RM211ESN +富士8E 5題_e0030537_2191588.jpg
ところで、軸距の長短の見分け方ですが、右側面であれば非常口前に幅の狭い固定窓があるかないかで見分けられますが、左側面では迷う方も多いはず。そんなときは、前中扉間のパネルの分割に注目してください。短いほうは上下2分割のものがあるだけですが、長いほうはそれに加えて細長い1枚ものが加わります。

茨城交通の子会社である茨城オートにも、つい最近1台がお目見えしました。
従来、ほぼ日野だけだったのですが、ここ数年、日デも数種類購入しています。
導入したのは短い方で、前扉が車体と同じ塗装なのが同社の他の7E/8Eと異なる点で目立ちます。
水戸の日デKC-RM211ESN +富士8E 5題_e0030537_2162875.jpg
そして、関東鉄道の水戸営業所にも数台が入りました。いまのところ短い方ばかりですが、分離子会社の関鉄グリーンバス(鉾田)には長いほうが配置され、水戸にもやってきます。
水戸の日デKC-RM211ESN +富士8E 5題_e0030537_227353.jpg
水戸の日デKC-RM211ESN +富士8E 5題_e0030537_2182420.jpg
こうなってくると、
残る県北の某社にも入るかどうか気になるところではあります。

(上から)
・茨城交通 日デKC-RM211ESN +富士8E
・茨城交通 日デKC-RM211ESN +富士8E(短尺改造)
・茨城オート 日デKC-RM211ESN +富士8E(短尺改造)
・関東鉄道 日デKC-RM211ESN +富士8E(短尺改造)
・関鉄グリーンバス 日デKC-RM211ESN +富士8E いずれも2009年8月 茨城県水戸市
by hiro_hrkz | 2009-08-07 02:25 | バス(富士重工) | Comments(2)
Commented by かねとしがばなー at 2009-08-09 11:19 x
茨城交通のデザインは、徳島バスの現行車体色デザインに似ていますね。
茨城オート、色合いもデザインも、小松島市営バスにそっくりです。
Commented by hiro_hrkz at 2009-08-12 22:40
>> かねとしがばなーさん
たしかに、茨交と徳バス、オートと小松島市営の塗装は似ていますね。
茨交は前のメインバンクである常陽銀行のイメージカラーが由来ですし、
オートのオレンジとクリームは、帝産グループ由来で、徳島の事業者との共通性はゼロなのですが。