人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
臨時の雑感 ~オリエント急行騒動顛末~
デマが生まれる瞬間を見られるなんて・・豊川信用金庫事件じゃないんだから・・。
ちょっと、いろいろ書きたくなったので、臨時で・・・。

8月23日、時事通信が、英国ザ・インディペンデント紙の記事を引用する形で
オリエント急行の廃止を報道しました。
時事の記事

たしかに「オリエント急行」という名前の列車が廃止されるのは事実ですが、これは、一般的にオリエント急行と聴いて日本人が連想する豪華列車・・・VSOE(ベニス・シンプロン・オリエント急行)など・・・ではなく、欧州の一般的な夜行列車「ユーロナイト」の一員です。従って車両も、ごく普通の客車が使われています。
しかも、その編成構成は、2等座席車、簡易寝台車(クシェット)、寝台車の6両程度というのですから、まあどちらかというと格下のものでしょう。
列車のルーツは、確かにかつて豪華車両で運行されたオリエント急行につながるようですので、その意味では残念といえるかもしれません。
ちなみに、インディペンデント紙では、豪華列車はVSOEとして走っていて定期列車名が消滅する旨のことが書かれています(8月22日報道 英語は弱いので間違っているかもしれませんが)。
 

ところが、時事の記事を書いた人は、この部分を無視しました
(推測ですが、豪華列車のオリエント急行が廃止されると勘違いしたのでしょう)。
さらに、これを受ける形で、共同通信朝日毎日産経中日日本テレビ等が同様に舌足らずな言葉で報道。さらに大衆も、「ニュースの感想」として豪華列車が廃止されるとブログ、YAHOOニュースの感想、ミクシィで書き連ね、またたく間に勘違いの連鎖そして拡大再生産が起きてしまいました。

唯一、8月25日に後追いで夕刊フジ(ZAKZAK)が真実を伝えるのみでした。
夕刊フジの記事
これも、VSOEとNIOE(1988年に日本に来たのはここの車両でした)を混同しているところは問題ですが、上記記事に比べれば、はるかにましです。
今回の件では、タブロイド紙が大新聞やテレビよりも誠実だったといえましょう。

そして、本日、VSOEを企画しているオリエント・エクスプレス社から
公式リリースが出されました。
公式リリースを引用した記事
最もこの中にも「旧オリエント急行の車両を連結し」という間違いがあるのですが・・・。
それと、なんで公式サイトにこの文を載せないのかも理解に苦しむ部分ではあります。
いずれにしても、ようやく火消しです。


それにしても大メディアの中の誰も英文の記事を確認しなかったでしょうか。
バンキシャや新潮の事件が起きるも、むべなるかな。
メディアの中の人のスキルなんて、この程度なのでしょう。

でもそれは、民衆のレベルを反映しているからだとも思います。
中華航空が那覇で炎上したとき、北京政府を叩いた輩がどれだけいたことか。
東横イン偽装工事事件のとき、東急グループを叩いた輩がどれだけいたことか。


気になるニュースは自分自身で、ある程度の確認を行いたいものです。
そして、その上でいろいろと発言したいもの。
改めて、そう感じました。
by hiro_hrkz | 2009-08-26 22:03 | 言いたい放題 | Comments(4)
Commented by かねとしがばなー at 2009-08-26 23:31 x
勝手に「廃止」になるものだと思って、ブログにも記事を引用してコメントしてしまいました…反省。でも、英文の記事の写真は「オリエント急行殺人事件」の一場面です。でも、あの時立ち往生したのは、以前のユーゴスラビアあたりだったのでは?と記憶しています。
Commented by シマ電な人 at 2009-08-27 00:27 x
まあ早とちりは世の常ですが、それを即訂正できてこそ、真の報道になるんですよね。ある意味夕刊フジが、2つの「復元」オリエント急行混ざっているにせよ、相当正しいのってのが、少々複雑ですが…
単一的な情報は、真実を濁らす元ですな。
もっとも、未だ「本家」オリエント急行があった自体、吾輩の情報不足を痛感する次第です。もっと情報を仕入れないとなぁ…
Commented by hiro_hrkz at 2009-08-27 23:50
オリエント急行という名称は、蕎麦屋の屋号「藪そば」や商店街の「○○銀座」と同じようなものと考えればいいと思います。今回の一件は、○○銀座商店街がなくなると聞いて、東京の銀座が消滅すると勘違いしたようなものでしょうか。

それにしても、大手メディアも外信は共同通信に頼りっきりということが、見事に露見した事件でした。

>>かねとしがばなーさん
私の場合、たまたま「ストラスブール発」という部分で、記事のおかしさに気がつきましたが、普通はワゴン・リの客車を連想してしまうのは仕方がないことだと思います。
インディペンデント紙は、列車名の持つ歴史を重視したから、この写真を使って記事にしたのでしょうね。それを見て、時事の記者が勘違いしてしたとすれば、解らないではないです。ただ、プロとしては杜撰だと思います。
Commented by hiro_hrkz at 2009-08-27 23:51
>>シマ電な人さん
大手メディアが全部間違ったと報道できれば、それはそれでスキャンダルですから、タブロイド紙の本領発揮!という気もします。
でも、それが読者にいちばん利益をもたらしているのですね。
皮肉というかなんというか。

定期のオリエント急行は1970年代に消滅していると私も思っていました。ただ、この列車名、当の独墺の人は、たいして気にしていないような気も・・。自分が欧州で乗った夜行列車に名前はあったのかなあ・・・。