人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
月末の雑感 ~黄昏のワルツ~
月末の雑感 ~黄昏のワルツ~_e0030537_034542.jpg
 大江山 いく野の道の 遠ければ
 まだふみも見ず 天橋立

百人一首で馴染みのある、小式部内侍によるこの歌。
大江山・生野・天橋立と、日本地理に詳しい人には、その風景を想像できると思う。

この「大江山を越える」路線バスがある。
丹後海陸交通の傘松ケーブル下~野田川駅~加悦~与謝~雲原~福知山がそれで、平日で高校の通学日なら5往復が運行されている。山を越えない笠松ケーブル下~与謝の区間便をあわせれば9往復となる。
しかし、休日は殆どが運休となり、ケーブル下~福知山の3往復しか運行されない。

先日の北陸行のとき、加悦SL広場に行ったが、このことを確認していなかったため、往路は宮津からタクシーを使わざるを得なかった。大幅に予算を超過するというう哀しい結果になったのだが、それはともかく、復路は福知山へ出ることにして、与謝の集落からこのバスに乗ることになった。

やってきた車輌は比較的あたらし目のエルガミオ。しかし、客は誰も乗っていなかった。
そして、そのあと福知山の駅につくまで、途中で乗った客は僅か一人だった。
最初は、運休となることに腹をたててみたが、これでは仕方がない。


その翌日、今度は石川県の羽咋から能登半島の西海岸を北上し富来(とき)まで、北鉄能登バスで行った。
このルート、ご存知の方も多いと思うが、かつて途中の三明までは北陸鉄道能登線(鉄道)が運行されていた区間である。

羽咋市街を出た時点で、車内は各座席が埋まる程度の客は乗っていた。
しかし、直に10人を切り、途中の最も大きな集落である高浜を過ぎれば車内の乗客は3人だけになり、富来まで変わりはなかった。帰りのバスにいたっては、通しで乗ったのは2人だけ、途中数停留所乗ったのは1人だけで、これまた淋しいものだった。
月末の雑感 ~黄昏のワルツ~_e0030537_056942.jpg
・富来のバス停は集落の入り口にある。
 富来駅と呼ばれているのは、ここを目指しながらも地形的に到達できなかった鉄道の幻を感じる。

今年も各地でいろいろな路線に乗っている。
しかし、このように空気しか運んでいない交通機関に出会うことは珍しいことではない。
それも、集落が点在する主要国道を走る、かつては幹線だったバス路線ほど激しい気もする。
いずれにしても悲しいことである。

そんなことばかりのなか、ひとつ明るいこともあった。
北陸鉄道石川線に乗った際、加賀一の宮から野町への復路は時間の都合上、鶴来までバス、その先は電車を利用した。鶴来までのバスはまた空気を運んでくるだろう・・と思ったら、平日午前の便ということもあるのか病院へ通うお年寄りや白山から降りてきた登山客を乗せ、それなりの乗車率であった。
そして石川線の電車も西金沢までどんどん客が増えて行き、立ち客もちらほら見られるほどだった。
単行でも間に合うほどの客しか乗いない状態しか知らなかったので、意外だった。
そして、最も石川線が利用されている瞬間を見られて、よかった。

私は交通機関たるもの、客を載せ、貨物を運んで、はじめて意味があるものだと思う。
他聞に漏れず、車輌単体に対する趣味が強いが、
現実に「利用されている」鉄道やバスが、もっとも好きである。
しかし、地方ではどんどん見られなくなっている。


明日の日本は、こうした地方の交通機関を蘇らせることができるのだろうか。
そんなことを「歴史的な一日」の中で、ふと考えていた。
by hiro_hrkz | 2009-08-31 01:24 | 言いたい放題 | Comments(2)
Commented by かねとしがばなー at 2009-08-31 22:41 x
環境対策にも取り組んでくれるようなことを言ってましたが、高速道路無料化…もいいですが、CO2削減を目指すならば、頑張って経営しながらも、疲弊している地方の鉄道やバス事業者、フェリーなどのほうにももっと目を向けて欲しいものです。
それに、「子供手当」ですか…それもいいですが、運転免許や移動手段を持たない子供や老人が、無料or低金額でバスなどを利用できるような制度を、国レベルで年金のように、作ってもいいかもと思いますね。
Commented by hiro_hrkz at 2009-08-31 22:58
>>かねとしがばなー さん
いろいろと思うところはありますが、
趣味に政治(と宗教)の話を持ち出すと混乱のもとになりますので、
申し訳ありませんが、ノーコメントと致します。すみません、