人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
蒲原鉄道の富士重工架装車
早いもので、蒲原鉄道の鉄道線が全線廃止になってから10年の歳月を数えます。
私は廃止後1年目の7月(木造車体を掘り起こしたとき)以来、久しぶりに村松を訪ねました。

蒲鉄はバス1本になったわけですが、経営は非常に厳しく、
廃止3年後の2002年には一般路線バスは全て廃止代替バス(21条バス)となり、分離子会社の蒲鉄小型バスが運行しています。その路線も、車両の寿命が尽きるごとに、加茂市の80条バスもしくは五泉市のコミュニティバスに取って代わり、もはや風前の灯といった状況です。
一方、蒲鉄本体は従来どおり、貸切バスと新潟~五泉~村松の高速バスを運行しています。

今回村松で見た富士重工架装の車両から、まずはこの2台。
蒲原鉄道の富士重工架装車_e0030537_1255973.jpg
蒲原鉄道の富士重工架装車_e0030537_1261411.jpg
もと神奈川中央交通の富士5Eは、2台が健在でした。LVはキュービックボディーのN尺車は廃車になりましたが、1986年3月式のこちらは営業運転中。登録番号から類推するに1995~1996年の導入ですから、既に神奈中時代よりも蒲原時代のほうが長くなりました。
一方、U32は鉄道線廃止の頃に3台が入りましたが、既に2台はリタイアしており、1台だけちょっと遅れて入った、新潟200か105(1988年3月式)だけが生き残っていました。

どちらとも、以前は普通に前面の方向幕を使っていたと思いますが、今回見た限りでは方向板をフロントガラス内に掲げる方式になっています。また、車内の運賃表示は三角式運賃表があるだけ、そして車内放送も肉声となっており、ある意味、ローカルバスの極限状態を見せられた思いです。
蒲原鉄道の富士重工架装車_e0030537_135306.jpg
一方、こちらは1991年10月式の日デRP。ちょっと珍しい車両がやってきました。
車体は7B、冷房はサブエンジン式と、どうみてももと自家用ですが、それ故に
どこからやってきたのかは全く解りませんでした。
蒲原鉄道の富士重工架装車_e0030537_1381543.jpg
最後は、蒲原鉄道本体の貸切車両から。
もと北港観光バスのUA440LSNで1992年7月式です。
11年前の10月に村松を訪れたときには、まだ購入したばかりで、HOKKOのロゴを剥がしただけの白いボディーでした。今回、オリジナルカラーになった姿を漸く見たのですが、最初は自社発注で高速バス用のUA520と見間違えてしまいました。
そのUA520は、西工ボディのRAに代替されたのか、これまた廃車になり車庫の片隅に留置・・・ということで、ロクに撮影できないままジ・エンド。
どうも7B架装の高速車はあまり縁がないのです。いつまでたっても撮影できない山交寒河江の奴とか・・・・。

さて、検索したところ、五泉市のサイトにこのような資料がありました。
自社発注の中型車は既に無くなっていたのですね。
今回の村松行きは8Eを再度撮影するのが目的でしたが、叶いませんでした。

(上から)
・蒲鉄小型バス いすゞP-LV314L +富士5E
・蒲鉄小型バス 日デP-U32L +富士5E
・蒲鉄小型バス 日デU-RP210GAN +富士7B
・蒲原鉄道 日デU-UA440LSN +富士7B いずれも2009年10月 新潟県五泉市(村松)
by hiro_hrkz | 2009-10-12 01:56 | バス(富士重工) | Comments(3)
Commented by たろう at 2009-10-16 17:20 x
蒲鉄小型バスの5E、まだ存命なんですね。
9/30に路線縮小がある、と聞いて経年車だけにそのまま廃車?と推測してました。
クハ10保存車とあわせて見に行きたい!と思っているのですが、意外チャンスが巡ってこないもので…。
Commented by hiro_hrkz at 2009-10-17 01:59
>>たろうさん
廃車になった車両の組み合わせを見ていると、大型車であるこの2台をなんとか存命させているようにも感じます。高校まで乗り入れるのでロードピークも存在するのではないでしょうか。
それでもLVは最高齢ですから・・・その前に蒲鉄が路線を存続できることそのものを心配するべきなのかもしれません。

今なら磐越西線の国鉄色キハ47あたりを含めて行くのも一考でしょうね。


以下私信です。
だいぶ前(8月末あたり)にメールをお送りしたのですが
届いておりますか? 非公開コメントかメールをいただければ幸いです。
Commented at 2009-10-20 19:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。