人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
年末の雑感 ~てるてるあした~
サイト開設より10年を迎えたことが、何か別の意味を持つこともなく、やはり淡々と日々は過ぎていきました。
しかし、その淡々とした日々の記録が重要であるということも、身をもって感じました。
e0030537_2191964.jpg
今年は、いろいろな縁が深くなった1年でした。
また、世の中の狭さを実感した1年でもあります。
自分の鉄道関連の人脈は、全く関係のない3系統に分かれていたのですが
それが1箇所で繋がったことは、予想だにしない出来事でした。

来年も、こうした縁が続くこと
そして、それが明るい未来に繋がることを願うばかりです。



ということで今年の総括。

1)サイト
・鉄道関係
 省略・・・なんもやってませんので。
 今年も神奈電を弄ることができず・・・不覚です。

・「富士重工製路線バスのページ」
 おかしいなあ・・・
 富士重工が、バスの製造をやめて6年経つのに、なんで事業者の数が増えているんだう・・。
 1月の掛川バスサービスにはじまり、12月の福島交通まで、乏しい路銀をやりくりしてあちこち撮影しましたが、追いつきません。割り切ることも必要であると感じています。
それにしても、北海道中央や長崎県営が移籍車に陥落したのは、ショックでした。


2)模型
 Nゲージは鉄コレ改造の気動車・電車が7両、バスはバスコレのRVを塗り替えた大川自動車の「ゆきのした」1台、そして初の16番改造作品、TOMIXのコトデン3000から作成したコトデン5000(RMM誌より依頼)の9両が、今年の成果です。
 とれいん誌でのコトデンの連載(「ゆきのした」はこちらに掲載)に加え、鉄コレ改造の蒲原鉄道モハ31については同誌上で、そしてRMM誌で上記16番作品の発表の機会を頂いたのは、ありがたいお話でした。
 もし、また何かを、どこかの誌上で発表できたなら、その時は皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

3)外回り
 結論から言えば、4・5月の奄美行で燃え尽きました。ある意味、沖縄よりも遠い場所というのもその理由かもしれません。そんなわけで、島めぐりも、結局は伊豆大島・徳之島・奄美大島の3島で終わってしまいました。三宅島くらいは行きたかったんですけどねえ・・・。
 そして、海外は今年も縁がありませんでした。イスタンブールやリスボンに行ってみたいものの、現状は夢のまた夢。せめて、ソウルの復元された京城電気の車両くらいは見てみたいものです。

4)ニュース雑感
 今年は世の中が大きく変わった1年でした。
が、こと公共交通に関して言えば、政権交代により暗い雲がより厚くなったように感じます。私たち鉄道趣味者・バス趣味者も、ある意味「覚悟」をしておいたほうがいいのかもしれません。

 鉄道趣味を巡るメディアは、相も変わらず中身の薄いものを拡大再生産をしています。その中で感じたのは、自分もマニアという「ものくるおしき人」であることを忘れて文章を書いてはならない・・・ということでした。たとえマニアに対する批評であっても、この点を踏まえていないと、言葉は届かないと思うのです(誰とは言いませんが、田園調布出身の某女史の文章は読んでいて吐き気がする)。

5)その他
 中古CDの量は相変わらず増え続けるものの、最近はめぼしいものもあまり出てこず、小康状態にあるかもしれません。
 一般の読書は、何故か文庫本が多かった1年でした。その中で、とりわけよく読んだのが加納朋子の作品でした。何気ない日常におきる不思議なできごとの謎を解き明かし、最後に別の物語が浮かび上がるというのが、彼女の技法。そこには、おだやかな情景描写とは裏腹の細かな設定と仕掛けが隠されているわけで、自分の好みに合致したのでしょう。私の書いたものや作るものも、そういったものでありたいと思っています。

来年は、私の年齢も12の倍数となります。
それでは良いお年を。
2010年が皆様にとって幸い多き一年でありますように。
by hiro_hrkz | 2009-12-31 02:21 | 言いたい放題 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/11873768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小泉純一 at 2010-01-01 11:35 x
はじめまして。明けましておめでとうございます。小泉純一と申します。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 さて、この度、わたくしのバス研究の中で、いろいろとインターネット等で研究させていただいているうち、貴殿のサイトにめぐり合うことができ、非常に光栄にぞんじております。
 今年(去年)の総括、拝見させていただきました。わたくしは富士重工のバスが大好きで特に研究しておるのですが、製造中止からの年月の経過とは裏腹に、いままで同社製ボディの存在しなかった事業者へも活躍の場が広がっているという事実は大変興味深いものがありますね。ただいづれ淘汰されていくことには間違いありませんから、積極的に記録せねばならないなあとつくづく感じております。
 なお、貴殿のサイトへのメールフォームからお恥ずかしながらお手紙送信させていただきました。お時間がありましたらどうかお読みいただけるとこの上ない幸いに存じます。
 末筆ながら、今後の貴殿ならびに当サイトの益々のご隆昌を心よりご祈念申し上げます。今後ともどうか宜しくお願い申し上げます。
Commented by hiro_hrkz at 2010-01-02 01:15
>>小泉純一さん
はじめまして。
拙サイトをご覧頂きありがとうございます。
富士重工製の車体を採用する事業者が増えているのは、地方の事業者が疲弊し、都市部の事業者から放出する移籍車に頼らざるを得ないという事情があるので、非常に複雑な思いを抱くのも事実です。そもそも富士が撤退したのは、バス市場の冷え込みが原因ですから、なんともめぐり合わせとは因果なものだとも感じます。
 ただ、この移籍市場を賑わすのも、首都圏の1999年式車両が車齢13年を迎える2年後がピークだとも感じています。

メールの件に関しましては、後日あらためて返信いたしますので
どうかお待ちくださいませ。
Commented by 小泉純一 at 2010-01-02 02:01 x
ご丁寧なお返事を頂戴しまして誠にありがとうございます。
先日、ある地方の中古車導入事業者の運転士様と「貸切」の車内で歓談させていただいたのですが、地方の事業者の疲弊はバスそのものの自助努力では賄いきれない、地方の過疎(疲弊)といった根本的な問題を解決しないとなかなか答えがみえてこないと思えて仕方ないのです。景気の根本的な沈滞ムードと重なりこれは非常に難しい問題かもしれませんね。 
 趣味的には、富士の現代の新車が見て見たかったですね。どんなスタイルだったでしょうか。
 メールの早速のご謁見、本当にありがとうございます。お恥ずかしいお手紙で恐縮ですが、どうか宜しくお願い申し上げます。ありがとうございました。