人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
最果ての旅路
今から1*年前の2月、
10代最後の日々は、大学の合宿で北海道にいました。
そして、「寒い時こそ寒いところへ、暑い時こそ暑いところへ行ってこそ本当の旅だ!」という若い頃にありがちな思考に染まっていた私は、合宿(といっても函館の湯の川に一泊しただけ)解散後、こともあろうに日本の最北端「宗谷岬」※)を目指したのでした。

※)公式見解では、当然ながら北方領土の択捉島となるわけですが。
  そういえば、我が国の東西南北それぞれの最果てのうち、国民が自由に行けるのは
  西端(与那国島の西崎)だけなんですね。

さて、宗谷岬には鉄道がありませんので、バスのお世話になります。
稚内駅近くのバスターミナルから乗るのは東急系列(当時)の宗谷バス。
右を向いても左を向いてもやってくるのはモノコックボディー車、それも殆どが日野RCで、ごく少数の三菱MPがいたと記憶しています。

市内線は東急からの移籍車が幅を利かせていましたが、宗谷岬方面のバスは北海道らしい長尺の自社発注車でした。
で、肝心の写真は・・・というと
e0030537_2328783.jpg
e0030537_23282176.jpg
こんな写真しか撮影していない自分のバカ!・・・もはやお約束です。
はい、往々にして昔の写真を見ると懐かしさとともに後悔の念が飛び込んでくるものですね。
車種は、おそらく日野RC321 +日野車体。
上は、稚内バスターミナルで、下は宗谷岬で撮影しました。

海沿いをゆくそのバスには、たくさんの老人が乗っていたのを思い出します。
彼らは、途中のバス停でひとり、またひとりと降りて行くのですが、そのバス停の近くにはあまり人家が見当たらず・・。いつのまにか、車内は季節外れの観光客が8人ほど乗っているだけとなりました。

そして約1時間後、ようやく宗谷岬へ。
ついにやって来たぞ!という思いとは裏腹に、
あまりの寒さでガチガチ震えていたのは当然でありますが。
でも、この時にみた鈍色の空と海は忘れることはないでしょう。
e0030537_042252.jpg
稚内を訪れたのは、このときが最初で最後。
いつか、海峡の北にある、失われた領土「樺太」に行ってみたいものです。

いずれも1994年2月 北海道稚内市にて。
by hiro_hrkz | 2010-02-03 23:37 | バス(日野車体) | Comments(3)
Commented by かねとしがばなー at 2010-02-04 00:17 x
北海道のバスは、高速バスの様に路線バスでもとばしますね…宗谷岬、私も94年夏に行ったのですが、駅からのバスは満員で立ちっぱなしでした(きつかった)。帰ってきてから、日本海側にある稚内温泉に行ったのですが、ちょっとショッパイお湯が、疲れた体には大変よかったです。
Commented by ふそう at 2010-02-04 11:29 x
大変ご無沙汰しております

私も一昨年いわゆる修学旅行で稚内・宗谷岬・猿払に行きましたが、車両はともかくとして一枚目の写真に写っているBTの建物は依然現役などと、少々うらぶれた印象も受けてしまいました。
ただ、先日稚内駅駅舎の建て替えが決まったようですし、機会があれば利尻礼文、あるいは最北のマクドナルド(これも最近)にも行ってみたいです。

宗谷岬についても記事でおっしゃっているように、厳密な最北かどうかは置いておくとして、最北のバス停もありますので、バスマニアとしてはそれだけでも訪問する価値はあると思います。。。

>樺太
宗谷海峡の向こうにあるのは千島列島だ!と、かなり多くの人が勘違いしているのでは…と思います
Commented by hiro_hrkz at 2010-02-08 00:07
>>かねとしがばなー さん
駅から岬まで立ちっぱなしだと、ちょっと興ざめですね。
稚内温泉は、このあと、急行利尻に乗るまでの間に行きました。
ノシャップをすぎると直に荒涼とした景色になったのが忘れられません。

>>ふそうさん
バスターミナルの閉鎖は全国的に相次いでいて、ただの駅前ロータリー発着になるところが増えてますね。これもバス黄金時代の名残なのでしょう。
利尻・礼文は一度行ってみたいですね。私よりも上の世代の人だと、北海道の貧乏旅行では定番だったようですが。

個人的には、東急グループを離脱した宗谷バスに、今後はどんな車両が入るのか気になります。まあ、現状ももと親会社のHTが沢山・・と言うこと以外、殆ど知らないのですが。