人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
日立電鉄交通サービス 三菱U-MS716S +富士HD-I
路線車では少数派の日野+富士と三菱+富士。
これはもちろん貸切車にも当てはまりますが、路線車とは異なる事業者での採用事例も多く
その数は、だいぶ多くなります。

さて、三菱+富士を採用した事業者は千葉県に多いというのは貸切車・高速路線車の世界でも
同じで、両総、鏡浦といった貸切事業者の名も挙がります。そして、一般の路線車ではいすゞばかりを
導入する京成系の千葉中央バスでも、貸切車で三菱+富士が存在していました。

そのうちの1台が、日立電鉄交通サービスに転じ、高速路線車となりました。
日立電鉄交通サービス 三菱U-MS716S +富士HD-I_e0030537_31525.jpg
・日立電鉄交通サービス 三菱U-MS716S +富士HD-I 2006年4月 茨城県日立市

三菱U-MSに富士HD-Iを架装した車両で、1991年度車。
この組み合わせを千葉中央は10数台導入した模様です(P-MSを加えれば、もっと増える)。
日立電鉄では、つくばエクスプレスが開業するのに合わせ、守谷駅と日立市内を結ぶ高速バスを開設しましたが、その際に購入したもの。
が、他の守谷起点の系統ともども、東京に直行しない高速バスは振るわず、結局、守谷~多賀線は1年少々で、守谷~日立線も3年で廃止となり、この車両も余剰となってしました。

そして・・・
日立電鉄交通サービス 三菱U-MS716S +富士HD-I_e0030537_325314.jpg
・岩手県交通 三菱U-MS716S +富士HD-I 2010年9月 岩手県北上市

こともあろうに(!)、岩手県交通に再移籍しました。
いすゞ中心の路線車群に三菱+富士というのは、ちょっと最初の事業者に近い感じですね。
岩手に移ってからは珍車として認識されて、バスマニアにもいろいろと撮影されているようですので
適当にお茶を濁しておきます。
by hiro_hrkz | 2010-10-09 03:30 | バス(富士重工) | Comments(4)
Commented by wonderfulscarlet at 2010-10-09 20:01
こんばんは。
ご無沙汰しております。元千葉中央の同車が日立で廃車になったまでは知っていましたが
再移籍していたとは驚きです。
近年千葉中央車もそこそこ需要があるようで殆どが地方移籍していますが
マキシオンのU-MSとハイバックシート仕様のKC-LVだけは、その後の行方が掴めずで、、、こちらもちゃんとどこかへ移籍していれば良いのですが、、、
レッドライン
Commented by hiro_hrkz at 2010-10-10 23:41
>>レッドラインさん
日立で見かけないなあ・・と思っていたら、岩手に行っていたというのにはびっくりしました。千葉中央→日立の時点で車齢14年なのに、このときは17年ですからね。今回は、日立時代の画像があまり挙がっていないようなので、取り上げた次第です。

千葉中央の移籍車というと、あすみが丘のキュービックバスだけは、
それなりに売れましたね。
個人的には、むかし、川中島に移籍したCJM500なんぞを思い出します。
Commented by wonderfulscarlet at 2010-10-16 00:21
こんばんは再びおじゃまします。
>CJM500
懐かしいです。
千葉中央のCJMは廃車移籍が早いものや、ボロボロになるまで残ったりと
処遇はバラバラでした。
中には千葉中央カラーのまま京成の高速貸切に移籍したりと驚かせたりとか
色々懐かしい出来事を思い出してしまいました(^^)
当時は更正などを受け持つ工場が京成津田沼~谷津間の千葉街道沿いにあったので
津田沼でも千葉中央カラーのCJMが見れたりしたものです(^^)
レッドライン
Commented by hiro_hrkz at 2010-10-17 01:18
>>レッドラインさん
昔は、京成は系列会社から逆に移籍した例が幾つかありましたね。
あとは羽後交通に行ったCJMとCCMくらいですね。こちらは見ることができませんでした。