人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
製作中のもの 2010年10月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_235515.jpg
とにかく、今年の夏は猛暑そのほかが理由で、すっかり模型を作る気力をなくし、その後もどーにも気分が乗らず、カッターもヤスリも手にしない日々が続きました。
転機になったのは鉄コレ12弾の発売で、気候が落ち着いたこともあり、やっとこさ模型の制作を再開しました。

お題は、きしめんの町からやってきた、うどんの町の電車。
うち、701(もと東山線300)、623(同250)、721(もと名城線1200)の3編成は、既に名古屋市交の事業者限定品をベースに作成しましたので、今回は未作成の、もと名城線中間車と東山線中間車がベースの車両に着手しました。しかしまあ、未来の首都まで買出しに行ったのは、一体なんだったのか・・と多少は言いたくもなります(1箱は、手をつけなかったのは幸いでした)。

さて、東山線と名城線の差は屋根の構造です。
従って、720のときと同様の改造を行っています。すなわち、製品の屋根の裏側のリブやボスを切り取って屋根を接着したのち、肩のRを整形後、雨どいを取り付けるという手順です。ただしここで問題が。
今回、金型の改修が行われたようで、妻面の内側は完全なストレートではなく、車体の角に向かって徐々に肉厚になるようになっています。従って、この部分を切り落とさないと、完全には屋根が沈みません。
これ以外は、乗務員扉の窓の高さをプラ板等を使って、1mmほど下げています。

もと名城中間車の編成は、泉北クーラーを搭載するものが大半ですが、一体整形のクーラーを切り取るのは面倒だったので、そのままとしました。これにより自動的に、志度線の625-626となります。
塗装も「そごう色」は面倒なので志度線現行塗装にしようかなあ・・と思っていたんですが、よくよく考えると、この編成は「ことちゃん源平号」ということに気がつきまして、どうしようか思案しているところです。

そして、もうひとつ、東山線中間車がベースの車両。こちらは現在4両全てが電装解除の上、志度線に転属し801~804となっています。作例も、この電装解除後の姿。
貫通路を塞ぎ窓がとりつけられたのが最大の特徴ですので、作例も0.5mm厚のプラ板で埋めて窓を開けています。なお、窓そのものは、鉄コレ2弾のフリー2001の前面窓を縦にして嵌め込む予定ですが、両脇の窓が見劣りしてしまうので、これまた思案のしどころです。
そして、これらは全て泉北クーラー搭載車ですので、製品の屋根の冷房を切り取って、その穴を1.2mm厚プラ板で埋め、さらに台座を新設しています。これが案の定、難工事となりました。ゼロから新規作成したほうが楽かもしれません。
e0030537_0325981.jpg
一方、こちらは、フリーランス。以前から、「キハ41000の払い下げを受けて電車化した車両」というのを構想していましたが、鉄コレ11弾発売を期に、実現させることにしました。ステップを切り落とし、中央扉を増設しましたが、実物の車体強度はどうだったんだろうか?と思うところでもあります。前面は3枚窓にでもしたほうが「らしい」のでしょうけど、キハ41000の面影を強調するためにあえて4枚窓のままとします。パンタグラフと下回りは、とりあえず仮の状態ですので、エンジンつきでボールドウィン台車という妙なことになっています。
所属は、ここにするか神奈電にするか、これまた思案中・・・。

なお、実物ではキハ41000系列の電車化は、制御車に化けた3例(蒲鉄、新交、北鉄)しかありませんが、水間鉄道が電車化に着手していた記録が残っています。ただ、改造中に火災に巻き込まれて幻となってしまいました。
by hiro_hrkz | 2010-10-25 00:42 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/13495624
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by とよぽん at 2010-10-25 14:39 x
琴電シリーズの更なる充実ですね!楽しみです。
41000にドアを開ける発想はありませんでしたね…フリーの電車を手掛ける際には真似たい。水間の件は初耳です。モーターを載せるつもりだったのかしら。
Commented by hiro_hrkz at 2010-10-26 01:47
>>とよぽんさん
最近、工程の遅延が著しく、いったいいつ完成するかわからない状態ですが・・・瓦町駅という大物件もありまして・・・。
水鉄のヤツは、モーターを載せるつもりだったそうです(当時は直接制御車ばかりだったのでしょう)。RMライブラリに焼け落ちたまま放置された写真が載っています。