人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
年末の雑感 ~あなたはそんなにパラソルを振る~
手に届きそうな場所にあると思ったものが、
近づいてみたら、実際にはただの蜃気楼だった・・・。
まぶしく見えるものほど、錯覚を起こしやすい。
なにかそんなことが原因の徒労感をただひたすらに感じる1年でした。
e0030537_23295588.jpg
 今年は3月~4月にかけて2ヶ月程、ブログの更新をお休みしました。
実は長期の海外出張が理由でしたが、これがきっかけで、私にブログを書かせ続けていた何かがぷっつりと切れてしまいました。以降、更新頻度の低下・・・それは夏の猛暑が追い討ちをかける形となり、結局、秋以降、バス2:鉄道1の比率をベースに更新頻度を落として、なんとか持続している状態となっています。
月末に何か発言したくなるだけの気力も既にありません。いよいよ、潮時なのかもしれません。



ということで、今年の総括。

1)サイト
・鉄道関係
 実を言うと、買収国電に関しては店じまいすることも考えています。やはり公文書・公式資料にあたっていないものは資料ではないのです。
面影紀行も既にネタとして鮮度もしくは保存状態に疑問符が付く状態ですので、インフォシーク終了時に店じまいを考えていたのですが、とりあえずFC2に移動して存続させています。
神奈電は、模型あっての神奈電であることを感じている次第。作成を始めた各車が揃ったら、なんらかのことは行いたいと思っています。

・富士重工製路線バスのページ
 KC-の移籍事例の多さには頭が痛くなるほどで、とりあえず7E/8Eが初登場となる事業者については押さえた・・と思ったら、年末にまた1社増えました。コミバス・住民バスもチョロQことKC-RN210CSNの中古車を使う事例が増え、手を焼いている状態。KC-RNについては可能な限り追いかけたいと思っていましたが、西表島と奄美大島への移籍事例が解り、半分諦めています。
 いろいろ撮影したのは特定輸送・自家用関連。しかし、これも特徴ある車両がだいぶ過去のものとなっており、追いかけるには少々時期が遅かったようです。

2)模型
 今年は、瓦町のモジュールを作ることで意気込んでいたのですが、上記海外出張でそれも終了。車両工作も7月の浜松町催事直前に完成させた旭川電軌の2両だけでした。まあ、手許には仕掛品の山。バスコレの7Eもスタンバイしていますので来年は、きっともっと多くの車両ができる・・・はず。

3)外回り
 これまた海外出張でおなかいっぱい・・という訳ではないのですが、むしろそのあともいつ長期出張を命じられるか解らない状況ということもあり、すっきりと遠くに行くこともできませんでした。今年は離島もなし。
 私用での海外はぜひとも行きたいものの、正直繁忙期料金は出せません。

4)ニュース雑感
 一般的には国際的な日本の立場の弱さを感じるニュースが多かったと思います。ただ、その反応というのが内弁慶であったり根拠なき発想であるものが多く、戦略的な思考が少ないのは残念に感じています。
 しかし、それは、なにもこんな国家レベルのニュースに限ったものではないということも常々感じるところであります。一見それらしく聞こえる内容は全て疑ってかかったほうがよい・・というのが、今年いちばん感じたことでもあります。

やはり、自分の目で確かめるというのが大切なんだと思うのです。ネットでたしかに世界のいろいろな断面は見られます。でも、その場の空気・・温度・湿度あるいは匂いというった理科的な面でも社会の持つ雰囲気という点でも・・は、解らないはずです。

5)その他
お気づきだった方もいらっしゃると思いますが、夏~秋にかけて、ツィッターに手を出してみました。
しかし、どうもその発言にしてもフォローにしてもリツイートにしても馴染めなくて、結局は放置し、ブログからのリンクなどもはずしてしまいました。私は、ある程度の文章と画像をわかりやすく配置できるメディアでないと、どうも気分が乗らないようです。
きちんとした目的や戦略を描かずに参入しても、撤退を余儀なくされることを身をもって経験しました。
e0030537_3474783.jpg

今年も拙サイトをお読みいいただきありがとうございました。
それでは良いお年を。
2011年が皆様にとって幸い多き一年でありますように。
by hiro_hrkz | 2010-12-31 02:24 | 言いたい放題 | Comments(0)