人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
ながでんの特急電車
ながでんの特急電車_e0030537_032271.jpg
私が子供の頃、いくつかの良質な子供向けの鉄道書というのがありました。
その中で、地方私鉄の雄として紹介されていたのが長野電鉄。
路線延長の長さ、複線区間の存在、そして何より特急電車の運行という要素が、そのように印象づけていたものと思われます。

そんな長電の特急車といえば、いわずとしれた日本車両東京支店(電装品は三菱電機)製の2000系。
半世紀におよび、文字通り長野電鉄の看板となってきた同車も、既に各方面で報じられているように、今月をもって定期運用から退くことになりました。

拙ブログに並ぶ画像を見てもご理解いただけると思いますが、鉄道に関しては何をおいてもローカル電鉄が好きです。その中でも、最も訪問しているのは高松のコトデンなのは確かなのですが、それに次ぐのはこの長電だと思います。ちなみに、3位はたぶん福井鉄道。そして訪問回数は少ないもののお気に入りなのが富山地鉄と伊予鉄道・・・ということで、地方中核都市に基盤を持つ路線が好きなのは確かなのです。ただ、車両の面で言えば、他の事業者はそのバラエティーに目が惹かれたのに対し、長電は2000系という存在が何度も足を運ばせる要因でした。
ということで、最初は寒いし人多そうだし・・・・と遠慮していたのですが、いざ最終週となるとやはり後悔するのもなんなので、急遽長野へ向かうことにしたのです。



ながでんの特急電車_e0030537_0525219.jpg
この日、最初に撮影したのは、桐原駅にて。
振り向きざまにファインダーをのぞくと雪煙を巻き上げてA編成が走り去っていきました。
複線区間ではなかなか飛ばしていきますね。

附属中前附近の踏み切りは、たくさんの方が撮影されていました。
それでも30人程度ですから、地方私鉄というのはまあ、のどかなものです。
・・・絶対にJRのイベント運転には行けないなぁ・・・行く気もないですが。
ながでんの特急電車_e0030537_0153484.jpg
そんなわけで、喧騒を抜け出して、路線を北上。
冬の長野電鉄に乗ると、小布施と中野の境あたりで気候が変わり、雪が深くなるように思います。
そんなあたりの桜沢の集落をバックに走るA編成。
普段は鉄道に興味がないと仰る地元のアマチュア写真マニアの方も、たくさんおられたようで
ここや朝陽などで、何度か声をかけられました。

定番の夜間瀬などでも撮影したあと、最後は湯田中から長野まで乗ることにしました。
ながでんの特急電車_e0030537_026325.jpg
この日、営業最終日だったのはマルーンのA編成ですが、どっちみち、2000が営業運転中に長野には行けないだろうということで、D編成に乗車しました。こちらのほうが台車・主電動機がオリジナルということもあります。
ながでんの特急電車_e0030537_0513873.jpg
昼間は一時的に止んでいた雪も夕方から再び降り出し、みるみるうちに積もってゆきました。
そのような中を走りぬけていったので、長野駅につく頃には、こんな状態に。
ながでんの特急電車_e0030537_030745.jpg
D編成だけとなった翌日は、新しくなった村山橋の西側で。
曇りの予報が一転。一条の光はどんどん拡大してゆき、
順光の中、銀世界を行く林檎色の電車を撮影できたのはなによりでした。
ながでんの特急電車_e0030537_0143742.jpg
さよなら、ながでんの特急電車。

上から
・モハ2001 朝陽~附属中学前
・モハ2002 桐原
・モハ2002 桜沢~都住
・サハ2054 湯田中
・モハ2008 湯田中
・モハ2008 長野
・モハ2007 柳原~村山  いずれも2011年2月
by hiro_hrkz | 2011-02-17 00:53 | 鉄道(近代形電車) | Comments(0)