人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
臨時の雑感 ~昴~
先日発売になった「バスグラフィック」の第10号。
富士重工特集だそうで。ちなみ「昴」と「昂」という字は異なります。

ということで、内容について一通り見てみました。
同誌については、1月末に言いたいことは、だいたい言いましたので、茨城交通の5Eを取り上げながら、なぜもと都営のLVだけなのかとか、首都圏の5Eといいつつ大勢力だった西武と東武が1枚も無いのはどういうわけなのか、といったことはあえて口をつぐんでおきます。



しかし、その内容が誤解を引き起こしかねないとなれば、話は別です。

例によって例のごとく、何がいいたいのか、よくわからない言葉が続いている9ページの5Eについての文章。この中で、「骨格構造へと変わっていったが、その口火を切ったのが5E」などと書いていますが、恐らく多くの読者の失笑を買ったのではないかと思います。
 言うまでも無く、日本のバスの骨格構造に先鞭をつけたのは日野車体が1977年に製造した日野RSであり、路線車に限っても同社の手により1980年に中型のレインボー(K-RJ)、1982年に大型のブルーリボン(K-RT/RU)が製造されています。他社でも西日本車体工業がリベットレスの58MCを登場させたのは1983年のことで、K-車への架装例もあります。
 また、「モノコック構造のボディでは付き物であった屋上のエアダクトの廃止」とありますが、三菱・呉羽のB35(いわゆるブルドック)や西工53MCの末期を見れば、そうとは言えません。富士3Eに限定するのならわからなくもないのですが。
 感傷的な文章を書くことは否定しませんが、歴史的事実(それも比較的メジャーな)を無視するのはいかがなものかと思います。

また、公式ブログにおいて多数の訂正があることが書かれています。
http://toy.hobidas.com/blog/bus/
このこと自体、真剣に本を作っていない証拠ともとれますが、これでも訂正しきれていない部分、あるいは舌足らずな解説となっている部分がありますので、少々述べておきたいと思います。

1) P24中段の西東京バスですが、写真の社番と型式を訂正することにしています。しかし、そのために説明文との整合が取れなくなっています。P21下段の京王帝都同様、写真のコマ選定ミスかと思われますが。

2) P25中段の京成電鉄ですが、型式がP-MP118Mとなっています。しかし、側面最後部の車体裾の切り上げ角度が急なことから、P-MP218Mであることがわかります。ちなみに、京成松戸のP-MP118Mは、登録番号が習志野22を14**だったはずです。

3) P27上段、神奈川中央交通のP-LV314N(軸距5500mm)についての説明文中「長尺車は前輪直後にあるパネルの幅が少々広い」とあります。しかし、その前のページの中段に掲載されている京成のP-LV314L(軸距5000mm)と見比べても、その差はあまり無いと感じるはずです。
 これは、神奈川中央交通のいすゞ+5Eはその長さに関わらず、中扉の位置が標準的なものに比べ前寄りという特徴があるためです。ためしに苫小牧市営のP-LV214NやJR北海道のP-LV314Nと長さ(特に中扉と後輪の間)を比べてみてください。
 神奈中のLV314Nの前中扉間は他事業者のLV314Lよりは長いとは思いますが、P-LV214M・P-LV314M(軸距5200mm)あたりと大差ないはずです。なお、相模鉄道も同様に中扉が前寄りです。

4) P29上段 相模鉄道のP-LT312Jのナロー車が掲載されています。「ナロー幅の5E」とありますが、それを言うなら「6E」です。本来、5Eを取り上げるなら同時に6Eも取り上げ、その中で車体幅により5Eと6Eが分かれることに言及するほうがよいのですが・・・今でもときどき、9m大型車については5Eと6E(もしくは7Eと8E)について混乱している記述が方々で見られますので、ここははっきりさせてほしかったところです。
ちなみに、日東交通に在籍したP-LT312Jナローの富士架装車は、富士側の製造プレートでは型式「LT312JH-6」となっていました。

 そのほか、関東バスのHTを取り上げるなら、EEドライブや通風口のガーニッシュがないこと、U32に関する記述なら騒音規制により前期型と後期型に分けられるといった点も押さえていて欲しかったとは思います。

また、7Eのほうも少々。都内で2段窓の7Eなら大島旅客自動車のU-RP210GANも取り上げろとは言いませんが、 7Eと新7Eの差にについて言及するなら、そのマイナーチェンジ最大の目的「車体の軽量化」という文言をひとつくらい書くのがスジだと思います。
 なお新7Eについて「ノンステップ車への架装が殆ど」とありますが、そんなことはありません。
手許のデータを集計してみたところ、路線車に限定(サンプル車は除く)した話しですが、たしかにノンステップ車はKL-UA45系(前中間ノンステ)116台、KL-UA27系(フルノンステ)123台、KL-LV2系(前中間ノンステ)53台、KL-LV8系(フルノンステ)33台の4車種の総計で325台あります。一方で、ワンステップ車もKL-UA45系104台、KL-RP系25台、KL-LV2系73台のあわせて202台※ ※※あります。決して少ない数ではありません。たしかに碑文谷を走っているバス会社には前中間ノンステしかいませんが。
 ただし、ツーステップ車は、KL-UA系は仙台市2台(CNG車)、富士急3台(CNG車)、札幌市1台(CNG車→JRバス北海道)、函館バス2台、西武バス1台、常磐交通自動車1台、KL-RP系は北海道中央の4台※ ※※の14台だけ。特定や自家用を含めればもう少し増えます(警察も入れればだいぶ・・・)が、いずれにしても少数派となります。
 ちなみにKL-UA系のノンステですが、よくフルノンステ(Fタイプ)のKL-UA27系は少数派といわれます。しかし実際には123台、一方でKL-UA45系の前中間ノンステのは116台となります(Fタイプの多さは、西武の大量導入があるためですが)。

※9m大型のKL-RP系の台数を追加して書き直しました。2011年4月9日 14:00。
※※ワンステップ車とツーステップ車のカウントが間違っていました。訂正の上、お詫びいたします。 2011年4月25日 21:10  

同人誌なり個人サイトであればともかく、一般流通する書籍は、どんな内容であっても将来的に「参考文献」となる可能性が否定できません。記述には気をつけたいものだと思います。
by hiro_hrkz | 2011-04-09 01:11 | 言いたい放題 | Comments(4)
Commented by kana86 at 2011-04-09 20:58 x
毎度のことながら、「執筆する編集者」の極狭い知識内でしか書かれていませんね(毒)。
「参考文献」を付けるくらいなら、名のある識者に書いて貰うなり、「監修:○○ ○○」とか「文責:○○○ ○○○」とか、責任の所在を明確にして欲しいものです。
Commented by So What? at 2011-04-10 22:26 x
まだ読んでいない(発売されていないので)身としては逆に興味がw

当地ではまだ書店では一部雑誌しか流通していません、
別ルート流通のヨドバシカメラとつばさ模型で
鉄道系雑誌は読んだり買えたりはしていますけれどね。
Commented by hiro_hrkz at 2011-04-10 22:31
>>kana86さん
ある特定の地域や事業者だけの特徴的な事柄を、全国的なものと勘違いする傾向は、対象がドメスティックなものになる路線バスファンには、ある程度見られる傾向だとは思います。しかし、それを全国規模で流通する出版物の編集者(・・・まあ、バスグラフィックの場合、毎度編集部担当の記事にクレジットがある宇佐美氏ということになりなます)が、それをいつまでも正さず、結果的に間違った内容になっていることは由々しき自体とさえ私は思います。
 今回は、あまりの内容の酷さにネタとして買ってみましたが、3扉車と2扉車の写真を取り違えるとは、よほど多忙なのか、それとも手抜きしているのかと邪推したくなるものです。京成のP-HT225AA、K-MP118M、相鉄のP-LT312J等、貴重な画像もあるのに、台無しですね。
Commented by hiro_hrkz at 2011-04-10 22:40
>>so what?さん
先日の余震等含めて、お怪我などありませんでしたか? 
心配しております。

バスグラはいつもの通り、前半ダメダメ。後半は貴重な画像という組み合わせです。道北バスの旧車は、天窓つきの車両など面白いものもいくつかあります。個人的には一畑のBAナロー+富士4Eが新鮮でした。

・・・ほんとうに、旧車の画像だけで一冊つくってくれないものかなあ・・・と。その場合も、しかるべき人に編集してほしいものですが。