人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
イスタンブールの路線バス 市営バス篇
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_1482565.jpg
・アジア側 カドゥキョイ(Kadıköy)渡船場前のバスターミナル 2011年7月

今回は、バスのお話。
人口1300万人※を抱えながら鉄軌道網が貧弱となれば、当然、公共交通の主役となるのは路線バス。
市内各所を大量のバスが走り、バスターミナルも規模の大きなものがいくつか見られます。
車両も普通の単体車に2車体連節車、そして2階建て車とバリエーションも豊富です。

これら路線バスは、市営と民営それぞれが運営しています。
市営バスは略称のiETTで知られますが、これは「İstanbul Elektrik Tramvay ve Tünel İşletmeleri Genel Müdürlüğü」の頭文字を並べたもの。直訳すると「イスタンブル電気軌道および地下ケーブルカー事業総局」で、古くに廃止になった市電の名を頑なに守り続けていることになりますが、現在その業務の中心はバスの運行となっています。



それでは、市営バスの車両で撮影できたものを以下に並べてみます。
なお、これらには86-846、2006-802といった固有番号が振られています。
状況から類推するに、ハイフンから前は購入年を表していると思われます。
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_215593.jpg
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_22840.jpg
まずは、最も旧いと思われるのがこのドイツはMAN製の16m級連節車で、型式はSG220のようです。
上の法則に従えば1986年の購入車ということになります。
丸いヘッドライトが2つというMANの旧いバスの特徴を残す、最後のグループでしょう。
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_2231474.jpg
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_2225275.jpg
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_2235462.jpg
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_2261042.jpg
続いて導入されたのは、ハンガリーはイカルス(Ikarus)製の車両で、単体車は11m級で型式は260、連節車は16.5m級で型式は280です。
単車のほうは比較的頭数が多いのですが、丸ライトの車両よりも角ライトの車両を多く見かけました。
全ての扉が4枚折戸。ここに並べた各車両は1991~1994年に製造されたようですから、年式の割りには、ちょっと古めかしく感じるところです。。

そして、その後は、ドイツはベンツ製の車種を取りそろえているようです。
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_2313928.jpg
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_232643.jpg
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_2311516.jpg
1996年から製造された車両で、型式は単体車がO345、連節車がO345Gです。
詳細はよくわかりませんが、トルコ国内製で主に東欧諸国に向けて生産された車両とのこと。
ドイツ国内で製造されたO405に比べると、丸みを帯びたスタイルといえるでしょう。
また、この年代の車両から、車体の外装が白/赤から、緑基調のものに変化してゆきます。
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_233242.jpg
イスタンブールの路線バス 市営バス篇_e0030537_233936.jpg
そしてこちらは、日本国内でも導入例が増えて知られるようになった「シターロ(Citaro)」。
単体車はO530、連節車はO530Gです。
このように、市営バスは低床化も割とすすんでいるように感じました。

(上から)
・2、9、11 枚目、ヴァレンス水道橋
・4~6、10、12枚目、カドゥキョイ(Kadıköy)
・7枚目 ベシクタシュ(Beşiktaş)埠頭
・8枚目 タクシム(Taksim)広場
・3枚目 ヴェツネジレル(Vezneciler) いずれも2011年7月

参考:http://www.iett.gov.tr/metin.php?no=16

※2011年8月16日 人口を修正しました。
by hiro_hrkz | 2011-08-10 00:16 | バス(その他) | Comments(6)
Commented by かねとしがばなー at 2011-08-11 00:30 x
トルコは親日的な国だと聞いていましたが、鉄道やバスになると、そうでもないのですね。
やはり左ハンドルや、導入の際のコストなどがネックなのかもしれませんね。
Commented by hiro_hrkz at 2011-08-11 03:51
>>かねとしがばなーさん
親日的ということ(・・・その種の言説は疑ったほうがよいというのが個人的な見解ではあります)と、経済的な結びつきが強いかと言う点についてはなんら関係がありません。
逆に、かつて日デU31+富士5Eを入れたシンガポールや、いすゞLT133や日デRP長尺+富士7Bを入れた香港が親日であるかといえば、そうではありませんし、広交や富士急が現代ユニバースを入れたからといって親韓というわけでもないでしょう。

こと、バスに関して言えば、ご周知のとおり日本はガラパゴス化が極端で、とりわけ完成品は輸出車種として育っていません。
Commented by wonderfulscarlet at 2011-08-12 13:24
こんにちは。
単体車の方は、年式、メーカー、製造国が異なっていても、全て3扉なのですね。
特に古い年式ね車両の前扉4枚戸は驚きました。
日本のバスのガラパゴス化は、諸々の土地条件などを考えると仕方のない事かなと思ってしまいます。
レッドライン
Commented by hiro_hrkz at 2011-08-13 00:21
>>レッドラインさん
ご指摘のとおり、基本的にイスタンブルのバスは、単体車は3扉、連節車は4扉です。ただ、私が行った独墺の都市(ベルリン、フランクフルトマイン、ウィーン)でも同じでしたので、あちらでは標準的なのかもしれません。単体車といえども、車両は基本的に長さ12m級(日本の道路法規上の最大クラス)ですので。
Commented by wonderfulscarlet at 2011-08-13 23:37
こんばんは。
単体車に関して、ご解説して頂きましてありがとうございます。
先のトルコ国鉄の記事で仰っていた人口の割には軌道系交通が貧弱と言う事なので、同国でのバス需要は、長い単体車や連接が必須なほど旺盛という事でもあるのですね。
飛行機が凄く苦手な私ですがhiro_hrkzさんの記事を見ていると、海外へ行って見たくなるから不思議です。
レッドライン
Commented by hiro_hrkz at 2011-08-16 01:08
>>レッドラインさん
東京23区並の人口がいて、まともな鉄軌道が5路線しかありませんからね。
いま、飛行機を使わないで何時でも行ける海外となると韓国くらいでしょうか。