人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
イスタンブール 新市街のノスタルジック・トラム
イスタンブール 新市街のノスタルジック・トラム_e0030537_1221996.jpg
・ノスタルジックトラムの起点、タクシム広場。独立記念碑の周りにループ線が敷かれている。

1960年代に一旦消滅したイスタンブルの路面電車。
既に紹介したとおり、現在は新型トラムが欧州側を東西に結ぶ基幹交通として整備されていますが、
これらとは別に2つの路線があります。

そのひとつが、1990年に開業した欧州側新市街のタクシム(Taksim)広場とテュネル(Tünel=地下ケーブルカー)を結ぶ路線です。イスタンブルで最も著名な繁華街であるイスティクラル通り(İstiklal Caddesi=独立通り)に敷設され、車両は旧型車を用意。
観光用アトラクションの要素が強いものとなっています。
運営は、イスタンブール市営(iETT)です。
イスタンブール 新市街のノスタルジック・トラム_e0030537_1305030.jpg
イスタンブール 新市街のノスタルジック・トラム_e0030537_1311341.jpg
・(上から)
 イスタンブール市営 223
 イスタンブール市営 410 2011年7月 タクシム広場

所属する車両は電動車が3両(47、410、223)、付随車が3両(2、411、418)。
2を除き、市内電車の廃止後、市内アジア側のカドゥキョイにあった博物館で動態保存されていたものを、
転用したそうです。1920年代製の木造単車で、側面の窓は大きなものが三枚。
車内は転換クロスシートとなっています。
下回りに目を転ずれば、台車に電磁石のトラックブレーキがついているところは、さすが欧州の電車ですね。
イスタンブール 新市街のノスタルジック・トラム_e0030537_1583521.jpg
車庫はタクシム広場の片隅に小さなものがあります。
ちょうどクラの中を見ると、付随車が2両ほど留置されていました。
イスタンブール 新市街のノスタルジック・トラム_e0030537_1532044.jpg
・イスタンブール市営 411 2011年7月 タクシム広場

電動車と似たようなスタイルですが、全面がフラットであるところなどは
より玩具っぽい感じがしました。

さて、この電車に乗ってみました・・・・が、
イスタンブール 新市街のノスタルジック・トラム_e0030537_224687.jpg
ご覧のように上野のアメ横か渋谷のセンター街を思わせる人ごみの中を走るので、歩くほうが早いくらい。しかも単線で途中で交換するという状態では実用性ゼロ。あくまで観光用というわけです。
そして、子供たちが車両の後部によじ登り、まるで遊び道具・・・。
イスタンブール 新市街のノスタルジック・トラム_e0030537_265920.jpg
さて、タクシム広場がループ線なのに対し、もう一方の終点、チュネルは機回し線のある単線。レール間に柵が設けられていますが、
これはクルマの進入を防ぐためで、電車が入線するときだけで下がって地中に埋まります。

参考サイト:http://wowturkey.com/forum/viewtopic.php?t=3153&start=20
by hiro_hrkz | 2011-08-22 02:11 | 鉄道(海外) | Comments(0)