人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
イスタンブール アジア側の単線トラム
イスタンブール アジア側の単線トラム_e0030537_03219.jpg
・アジア側 カドゥキョイの繁華街を走るトラム 2011年7月 キリセ(kilise)

イスタンブルのアジア側の市街地カドゥキョイにも、短い路面電車が存在します。
2003年に開業したもので、軌間1000mm・全長2.6kmの1方向単線ループ式。
日本の市街地循環コミュニティバスを電車に置き換えたような感じです。
運営は、イスタンブル市営(iETT)です。

さて、この路線を開業するのに当たって用意されたのは、ドイツの中古車。
それも旧西ドイツの車両ではなく、東ドイツ製のゴータワーゲンとレコワーゲンと呼ばれる2軸単車です。
2004年にベルリン東郊のヴォルタースドルフで使用されているものを見ましたが、なにせタトラカー導入前の主力車種なので置き換えが進み、ドイツ国内でも既に貴重なものとなっていました。
思わぬ再使用例といったところでしょうか。
イスタンブール アジア側の単線トラム_e0030537_017128.jpg
イスタンブール アジア側の単線トラム_e0030537_017253.jpg
・2011年7月 チャルジュ(Çarşı)

以前は欧州側新市街のノスタルジックトラムと同じ赤と白の塗りわけだったのですが、
ご覧のように全面広告車となっており、車番がわからないの状態となっています。

イエナ(Jena)からゴータ(T57)5両とレコ1両、シェーナイヘ(Schöneiche ベルリン東郊)からゴータ、レコ1両づつが移籍し合計8両が在籍しましたが、うち3両は同じトルコのブルサ市(Bursa)に譲渡されたようです。なお、画像の車両はいずれもゴータワーゲンで、レコのほうは側面の窓が4枚になります。また、車両の細部(バンパーやドアの取っ手など)から、恐らく上の画像の車両が元シェーナイヘで、下が元イエナと思われます。
イスタンブール アジア側の単線トラム_e0030537_105137.jpg

路線は、埠頭に最も近いチャルジュ附近は幅のある道路の路肩軌道ですが、そのほかは、たいした道幅もない道路に単線の軌道が敷設されています。しかし2.6kmという全長の割りに、繁華街を通り、植え込みのある広場をクランクし、海へ向かう路地の坂道を降りて、公園脇の街路樹の下を進み・・・と変化に富んだ楽しいの路線です。
イスタンブール アジア側の単線トラム_e0030537_113675.jpg
このように、それなりの距離と地形的なアップダウンがあるため、新市街と同じノスタルジックトラムという位置づけながらも、一般の利用者もおり(そもそもアジア側は観光客が少ないのですが)、実用性も兼ね備えていると感じました。
電車は2両使用で、一応は7分間隔らしいのですが、実際には繁華街の狭隘路を走る為に、運行もムラになりがちで、15分電車が来ないと思ったら5分後に次の電車がやってきたりと、そんな具合でした。

車庫は、イド・イスケレ(İDO İskele)電停の近くに2線のクラがあります。
ここの側線には、未改造の電車が2両ほど留置(放置?)されていました。
イスタンブール アジア側の単線トラム_e0030537_171611.jpg
系統番号は「88」、そして見覚えのある塗装。
シェーナイヘの車庫で見たレコ車とゴータ車そのものでした。
思わぬところで、思わぬ再会。
ブルサに譲渡した分の穴埋めなのでしょうか?
現状では5両でも充分で、再起は微妙と思います。

それにしてもゴータやレコが走るのは奇しくも、ヴォルタースドルフ、ナウムブルク、バートシャンダウ、シュトラウスベルクと、短い路線ばかりですね。また、それが非常に合っているとも感じます。

参考サイト:
http://home.arcor.de/heuer.c/gothawagen/museum/museum.html
http://home.arcor.de/heuer.c/Fotos/museen/Istanbul/istanbul.html
http://www.drehscheibe-foren.de/foren/read.php?5,5316678
http://www.tram-info.de/wagenp/jena.htm
by hiro_hrkz | 2011-08-23 01:16 | 鉄道(海外) | Comments(0)