人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
イスタンブール 2つの地下ケーブルカー
イスタンブール 2つの地下ケーブルカー_e0030537_2232404.jpg
・馬蹄形の断面とレンガ積みの内壁が歴史を感じさせる 2011年7月 カラキョイ

さて、いきなりですが、クイズです。
「世界で一番最初に地下鉄が開業した都市は、1863年のロンドン。
 では2番目に開業したのは、どこの都市?」

・・・おそらく、この問題が出されることはないはずです。
それは解釈の仕方で、複数になってしまうからです。

電車が走り、複数の駅があって・・という、一般的に私たちが想像する路線であれば、1896年に開業した現・ハンガリーのブタペスト(1号線)になります。開業当初より電車を使用し、世界遺産にも登録されています。
ところが、都市の地下にある軌道系交通機関・・・というのなら、このイスタンブルになるのです。
1875年に開業したものですが、使用されるのは電車ではなくてケーブルカー。
・・・まあ、イスラエルのハイファにある地下ケーブルカーは地下鉄とされているので、個人的には、これも立派な地下鉄だとは思います。

一般的にテュネル(Tünel=トンネルの意)と呼ばれるこの路線は全長0.57km。
欧州側新市街にあり、ガラダ橋近くのカラキョイ(Karaköy):麓側と、イスティクラル通りの南西端にあるベヨウル(Beyoğlu):頂上側の間を結んでいます。運営はイスタンブル市営(iETT)です。
なお、ベヨウルでは、先に紹介したノスタルジックトラムに接続しています。

イスタンブルは海に面した丘陵地帯にあるため、街の各所に高低差があり、坂道は非常に急です
(日本国内なら長崎、呉、首里あたりを思い出していただけると近いでしょう)。
2駅間の高低差は約60m。近くの道を歩いてみれば、この路線がつくられたのも理解できます。
イスタンブール 2つの地下ケーブルカー_e0030537_22502857.jpg
・ベヨウル 2011年7月

路線そのものは単線交走式で、各々の車両は1両です。
ただし、車内は、階段状にはなっておらず、フラットでした。
カラキョイ駅のホームは平坦ですし、ベヨウル駅のホームも斜面にはなっていますが、階段状にはなっていません。従って、ドアが多いことを除けば、普通の鉄道車両とあまり変わらないものになっています。

駅は、どちらもビルの1階にあります・・・この点を考えれば、駅間だけが地下ということになるので、
それもまた、微妙な扱いをされる原因かもしれません。
イスタンブール 2つの地下ケーブルカー_e0030537_2384492.jpg
イスタンブール 2つの地下ケーブルカー_e0030537_22501342.jpg
とくに、ベヨウル駅は、重厚な外観の立派なもので、この路線の歴史を感じさせるものです。
また、駅構内には、昔日のイスタンブルを描いたタイル絵が飾られています。
細かな描写がされていますが、トンネルの真上にあるため、カラキョイ側から乗った場合は気が付きにくいので注意してください。

さて、かつてここで使われていた木造車が保存されています。
イスタンブール 2つの地下ケーブルカー_e0030537_23163765.jpg
イスタンブール 2つの地下ケーブルカー_e0030537_23165242.jpg
場所はアジア側のウスキュダル(üsküdar)とカドゥキョイ(Kadıköy)の真ん中あたりにあるİETT Bağlarbaşı Kültür Merkezi ve Ulaşım Müzesi (iETT文化センター・交通博物館)においてあります。博物館といっても、特段公開しているようでもなく、今回は守衛さんとの、身振り手振りのやりとりの結果見せてもらえた次第です(柵外より見ることは可能)。
車端部をのぞき、全て戸袋窓。通風はその一部に設けられたガラリで行うようになっていました。
下回りは3軸式でした・・・はたして、今の車両はどうなっているのか、そこを見るのは忘れてしまいましたが。
(参考:http://wowturkey.com/forum/viewtopic.php?t=29061)

一方、2006年にはもうひとつの地下ケーブルカーが開業します。
新型トラムの終点であるカバタシュ(Kabataşu)と、イスティクラル通りの北東端にあるタクシム(Taksim)を結ぶ路線です。こちらは、地下鉄・ライトメトロ・新型トラムと同じくイスタンブル運輸(İstanbul Ulaşım A.Ş.)が運営しています。
イスタンブール 2つの地下ケーブルカー_e0030537_2330484.jpg
イスタンブール 2つの地下ケーブルカー_e0030537_23435595.jpg
・2011年7月 タクシム(上の画像)、カバタシュ(下)

こちらも単線交走式ですが2両編成に増強されています。また、車内はかなり緩やかなものの階段状になっています。駅は完全に地下にあります。乗車側にだけホームドアふうホーム柵が取り付けられているのは、合理的とはいえ、面白いところです。

※2017.4.30追記。 テュネルの保存車は、現在は欧州側にあるコチ博物館(Rahmi M. Koç Müzesi)で展示されている模様。
by hiro_hrkz | 2011-08-25 23:52 | 鉄道(海外) | Comments(0)