人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
月末の雑感 ~夏の終わりのハーモニー~
2006年に中国は大連・旅順に行ったあとも、海外の行きたい街はいろいろあった。
旧日本領土の樺太や南洋、アジアなら香港、釜山。欧州ならリスボン&ポルト、プラハ、インスブルックなど・・・。
その中に、イスタンブールがあった。板門店、ベルリン、台湾、大連と複数の文化・民族や政治体制がクロスオーバーする(した)場所を尋ねてきた中で、キリスト教の分裂そしてイスラム教により塗り替えられたこの街は、世界遺産のハギア・ソフィアなど、たいへん魅力的であった。
しかし、決定打になったのは、こんな写真だった。
e0030537_0191631.jpg
「駅舎が海に浮かんでいる」。

この駅は、ハイダルパシャ(Haydarpaşa)という。イスタンブールのアジア側の起点である。
欧州側への連絡を意図し、駅前が船着場になるような設計となっているこの駅。オスマン帝国の時代は、ここから分断された中東の各地・・つまりエルサレムやバグダッドまでレールが繋がっていたのである。

2008年にNHKで放映された「沸騰都市」シリーズのイスタンブール篇。
冒頭で映し出されたのは、マルマライ計画の工事現場だった。その詳細が知りたくなった私は、インターネットで検索。結果、見つけたこの駅の画像は、大変衝撃的だった。そして、計画の完了時にはこの駅がなくなることも知る。
「駅舎がなくなることはないだろうが、この駅が使われている現場を是非見たい。」
しかし、実現までには、それから更に3年の月日が流れることになる。

ということで、世界遺産とマルマライに背中を押されてのイスタンブール行きであったが、
全回、大連の反省「事前調査はほどほどに」ということが効を奏したのか、現在まで興味が続いている。
逆説的には、鉄道やバスの情報が少なく、なにかといろいろ調べているというのもあると思う。
ネットで検索→機械翻訳フル稼働というお手軽方法ではあるけれど、トルコ語なんて全くわからないので、国内のネタに比べると、書くのに5倍は労力を使う。しかし、調べれば調べるほど、次の興味がわいてくるのも事実なのである。

なにかに興味を持つ。そして、そのことを調べて、新たな事実を知る。
これは、大変に楽しい作業だし、そのことに時間が割けることは、幸せなことだと思っている。
そういう意味では、私にとって、この夏は大変に充実した季節だった。

一方で、それをアウトプットする作業というのは、調べること以上に大変な作業である。
ある意味では、このブログが私にとっての「知のハケ口」なのかもしれない。その分、独りよがりで大声で他者をあげつらうだけの機関銃のようなヲタトークとなっていないか、いつも気にしている(・・・あげつらう、は、意図的にやったこともありますが)。
ただ、今月の拙ブログの記述から、イスタンブールの交通機関に興味を持つ方が増えてくれたなら
それはまた、嬉しいこと。
by hiro_hrkz | 2011-08-31 01:28 | 言いたい放題 | Comments(2)
Commented by ひぐらし at 2011-09-20 09:41 x
ちょっと調べてみたらこの建物、最近火事で上層階を焼失してるんですね。この写真で見ても正面周りの屋根が無くなっていますし。駅舎としての使命を終えても、この辺きちんと復元保存されるのかどうか気に掛かるところです。
Commented by hiro_hrkz at 2011-09-23 01:01
>>ひぐらしさん
はい、電気工事かなにかの際に燃えてしまいました。
1階の凝った内装のコンコースなどには被害が無かったのは幸いでした。
しかし、本当に、屋根はどうするんでしょうね・・・・。