人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
福井鉄道 モハ120形
e0030537_23261569.jpg
・福井鉄道 モハ122+クハ122 2006年2月 市役所前~公園口

福井鉄道の旧型電車というと、長野と名古屋から来た140型は、車内がクロスシートということもあったのか日中でも割りと走ってましたが、一方で、ひたすら「動かん君」だったのが、モハ120。
昔の本には平日朝だけ神明~福井市内の往復に入るとありましたが、私が行くと、いつも160が入っていて、こちらは武生新か西武生の側線に、いつも留置中でした。

表題の写真は、それを廃車直前に走らせるというときに撮影したものです。
e0030537_23262288.jpg
・福井鉄道 モハ122-1 1993年3月 武生新

福鉄モハ120型は、1950年日本車両製の自社発注車。
全長15.805m。同じ時期に製造された、遠州鉄道のモハ13などと全体的な雰囲気は似通っています。
モハ121~122の2両が製造され、当初は両運転台、制御器はHLでした。その後、制御器を芝浦RPCもしくはGEのPCに変更し、この時代には、やはり両運転台だったモハ80型と連結することもあったようです。
そして、1972年にもと三河鉄道→名鉄のモハ(クハ)150→クハ120型と固定編成を組むようになりました。さらにその後 1977年に制御器を東洋のES-517(京阪電鉄700の発生品? ※)に変更、翌1978年にはクハを電装したため、その際に、末尾に-1がつけられてモハ121-1、モハ122-1に改番されています。
福鉄は、このように出自の異なる車両同士で固定編成を組む例が幾つかありましたね。また、制御器がWH系の単位スイッチ式→GE系の電空カム軸式→EE系の電動カム軸式と変遷したのも、ちょっと面白いところ。

e0030537_23262394.jpg
・福井鉄道 モハ122-1 1997年10月 武生新

2編成あったうち、最後まで残ったのはモハ122のほう。
1997年頃に、連節車であるモハ200型が、台車を国鉄DT21に履き替えた際に捻出したND-108に履き替えて中空軸平行駆動化(主電動機は東芝SE-525 75kw)されたのには驚かされました。このときに、クハは制御車にもどされたようで、当車はハイフン以下が取れてモハ122に戻っています。

さて、この車両の路面電車直通用ということもあるのか、乗務員扉はありません。
もっとも、木造車の時代~昭和初期までは、このような窓配置はザラ(ex.名鉄モ750)ですが。
したがって、運転席と車内の間には、このようなついたてがあるだけの構造でした。
e0030537_23261531.jpg
一方、片運転台化に伴い、撤去された運転台側は、
このようになってました。
e0030537_23261583.jpg
座席など取り付ける幅など当然なく、だだった広い踊り場のような空間と化していました。
ここで、注目されるのが、天井近くにある広告。
これが電照式となっていたのですが、他の車両では見られないので、試作的要素の強いものだったのかもしれません。
e0030537_23261595.jpg
この運転台撤去側は外から見るとこんな感じ。
e0030537_23261549.jpg
・福井鉄道 モハ122  2006年2月 神明

全ての窓がHゴム支持で固定化されていました。
塗装の青い帯は、連結面にまでは回りこんでいません。
余談ですが、1枚目と比較するとパンタグラフの上昇高さが全くことなりますね。
公園口のあたりは架線が低いことを、感じる次第です。

さて、「最後まで残った~」と書きましたが、もう1両のモハ121-1のほうも、西武生の駅構内で
長いこと倉庫となって残っていました。
e0030537_23262385.jpg
e0030537_23262362.jpg
・福井鉄道 モハ121-1 1994年9月 西武生

旧塗装のまま、構内の北側に置かれていました。
広告もそのまんま・・・たしかに電車から見ることはできましたが・・・。
そういえば、こちらも、連結面はクリーム色のベタ塗りだったのですね。

※2013.2.7 追記
・2018.11.6 画像を交換・追加しました。
by hiro_hrkz | 2012-03-07 00:28 | 鉄道(旧形電車) | Comments(0)