人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
おつかれさまでした。
今年も、JNMAフェスティバル(第18回 2012年7月1日開催)に、T-Track Network(路面モジュール)の一員として参加いたしました。会場でお会いした皆様、お疲れ様でした&ありがとうございました。

持ち込んだモジュールについては、昨年、一昨年と同じですので、
なぜ新作が出ないのかということについての言い訳もまた例年と同じ通りであります。
ということで、そのあたりについては一切カット。
不法占拠の図もまた同じということで・・・。
おつかれさまでした。_e0030537_0165021.jpg
ただ、やはり嬉しいのは、このように他の方の作品とのセッションができること。
ことしは、一部で囁かれた通り?広島電鉄の作品が並びました。
中がK氏の宮島線1060、右がG氏の2500、そしていちばん左が拙作の2000です。
同じ宮島線直通色であっても、色の解釈は互いに異なり、かつてのGMカタログの名言「A君の小田急とB君の小田急」を思い出すのであります。
そして、やはりこういう刺激があるからこそ、また次の模型製作に繋がるのです。
おつかれさまでした。_e0030537_017547.jpg
一方、こちらはモジュール上に並んだ東北地方各県の4両。
右から仙台市電(宮城県)、花巻電鉄(岩手県)、福島交通飯坂東線(福島県)、そして拙作の羽後交通雄勝線(秋田県)です。
こうした偶然の集合、そして、他の方のモジュールの景色をバックに並ぶのも、また格別なものです。

モジュールレイアウトは様々な規格や考え方がありますが、
わたしたちがやっていることは、他人の楽しみ方を最大限に尊重するということだと思っています。
それが、こうしたいわば「相互乗り入れ」という形の楽しみかたに繋がるということであります。

各車両は、比較的スムーズな走り方を見せてくれたものの、
広島電鉄2000だけは、どうもギクシャクとした走りとなることが多かったのです。
これは、比較的小さいモジュールが多数連なることで水平が保たれていないことも一員ですが、
2両ともに動力があることも関連していそうです。できれば、もう1両は転がり抵抗の少ない車両を使ったトレーラにしたいところではあるのですが、なかなかそうも行かず。

一方、肝心の物欲のほうは、多少は復活気味ではあったものの、結局はバスのパーツと鉄コレ6両程度でおしまい。これらも、多くは「製作したい」構想が先に存在していて買ったものです。
その場で欲しいなあ・・・と思っても、冷静になると何故欲しかったのか解らなくなることも多々ありますので~これは店頭で見かけたときも同じですけれど。

さて、ここまで話題にしていないものがひとつ。
今回持ち込んだ神奈電の車両については、稿を改め次回に。
by hiro_hrkz | 2012-07-02 00:42 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(6)
Commented by がんちゃん at 2012-07-02 23:50 x
拙作の掲示ありがとうございます。
今回3100は一つが両端動力側のみ集電+両動力接続
もう一つが動力+付随台車終電+NOT両動力接続
試験線上では後者のほうが動きが良かったのですが、JNMAで調子が良かったのは前者でした。
両動力を電気的に接続するのがベストのようですね。

実は試験線上では全く走らず、電気的につないで会長に走ってくれたのは2500です。あんなに走ってくれるとは思いませんでした。

鉄コレ路面動力は、走りは素晴らしいですが、パワーがないのが難点ですね。単動力で路面モジュール上では走らないと思います。

Commented by 小松厨 at 2012-07-03 23:01 x
1981年頃の荒手車庫といった風情で、実に萌えますなあ。
本当に今回もお世話になりました。幼少期によく乗った電車がこういう形で模型で再現できたこと、感無量でございます。

Commented by hiro_hrkz at 2012-07-04 01:11
>>がんちゃん
勝手にUpしてしまいまして、すみません。
いかに集電できる軸数を増やすのか・・・というのが鍵なのでしょうね。
くわえて、電気的に二つの動力を結線できていれば、片方だけが動かない・・・ということもないでしょうし。
非力なのは、車輪径の小ささも影響しているかもしれませんね。

>>小松厨さん
それでは、やはり1300 & 1400をいずれ。
想い出の景色を再現できるのが、模型のよいところですね。
Commented by ひぐらし at 2012-07-12 20:50 x
みなさまの広電に触発されて(?)随分前から放置状態のいすゞキュービック改造大窓単車450を本日奥沢→土呂に回送してまいりました。とはいえ、現状やることギューギューなので、何時仕上がるかは風任せですが、まぁ鉄模連ショー辺りを当面の目標としておきたいと思います…。
Commented at 2012-07-12 20:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiro_hrkz at 2012-07-12 23:29
すみません。 
1300 & 1400 は1030と1040の間違いです。

>>ひぐらしさん
ああ、あの例の、種車当てで
10分以上苦しめられた物件ですね。
バスコレつかって嵌めこみ窓に(笑)。