人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
日本観光と日本水郷観光
茨城県の乗合バス事業者というと、北から順に電鉄、茨交、関鉄の3社で大部分を占めるのは今も昔も変わりません。この中で、関鉄のエリアには常総筑波鉄道と鹿島参宮鉄道だった時代より、比較的小規模の事業者が幾つか存在しています。
たとえば、2001年に廃業した茨城観光自動車はそのひとつですが、関鉄が手中に収めた事業者も幾つか存在ます。それが、日本観光バスと日本水郷観光自動車でした(他に三ツ矢観光自動車が乗合事業を関鉄に譲受)。この2社のバス事業は、1999年に同じ関鉄傘下にあった竜ヶ崎観光バス(貸切専業)および関鉄本体の貸切事業と統合されて、現在は関鉄観光バスになっています。余談ですが、乗合事業を行っているにも関わらず「観光」と名のつく事業者が多かったのは面白いところ。

日本観光バスとは、随分壮大な名前だと思いますが、実際には土浦から北東方向の神立や安食(あんじき)方面に数路線を展開していた事業者。
 一方、日本水郷観光は水郷観光交通と日本水郷交通が1967年に合併して成立した事業者。路線は佐原~潮来等にありました。この事業者の前歴が非常にややこしく、前者はもとは東京~銚子で利根川・利根運河経由の旅客船等を運行してた東京通運が出資した?水郷汽船(船舶事業者)とバス事業者の水郷観光が合併した京成系列の事業者で、後に船舶事業は再分離して京成マリーナを経て、現在はラクスマリーナとなっています。また、貸切バス事業もブルーバスとなって独立し、後に京成傘下に入った東洋交通と1970年に合併し、千葉中央バスになっています。

ということで、この2社の路線バスを1枚づつ。
e0030537_23425329.jpg
・日本観光バス いすゞP-MR112D +北村 1997年9月 茨城県新治郡千代田町(神立駅)
e0030537_23430140.jpg
・日本水郷観光自動車 いすゞP-MR112D +北村 1998年3月 千葉県佐原市

・・・関鉄となんも変わらない・・・。それもそのはず、どちらも関鉄からの移籍車です。
関鉄は、このいすゞMR+北村を1986~88年に25台を導入、うち日本観光に2台、日本水郷観光に3台が移籍しています。関鉄が小型車を纏めて導入するのはこのときくらい(コミバスは除く)で、以降はもうちょっと大きめの中型車になりました。

ちなみに、日本観光は関鉄観光統合時に、自社発注の大型・中型車や移籍の大型車も在籍していましたが
日本水郷観光のほうは、このいすゞMRだけとなっていました。
かつては、某所に保存されている三菱MRも在籍していたようですが。
e0030537_0375499.jpg

・神立駅前にあった路線図と時刻表  1997年9月

※2016.07.27 画像を交換しました。

by hiro_hrkz | 2013-01-23 23:01 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)