人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
神奈電をもう一度 2013年4月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_122760.jpg
前回より間が空いてしまいましたが、花粉症シーズンの到来とともにペースが大幅にダウン。
はい、模型をつくる旬は、毎年、秋~冬となっている私です。
それでも、切り継いだ側板を紹介しただけで終わったこの車両もハコになり塗装前の状態となりました。
前面も、種車である箱根登山のものをベースとしていますが、両端にプラ板を貼って車幅を拡大。
窓も一旦撤去してから改めて窓枠と窓柱を新製となれば、そのメリットはせいぜい曲率を一定に保つことくらいのものとなります。
そのほか車体は上下にプラ板を貼って高さを拡大しております。やはり、この電車はかなり大柄な感じですね。
但し、台車を履いたときはむしろ他車よりも低くなるように調整しています。
屋根はGMのクモニ13用の幅を詰めて取り付けていますが、長さは足らないので、そこはプラ板の積層から削りだしています。
e0030537_129449.jpg
何度か書いてきた小田急FM車をベースにしたオリジナルの16m級車2連は、こんな感じとなりました。
長野電鉄1100と福島交通5000を意識しており、ヘッドライトはタヴァサの旧型国電埋め込み用を、テールライトは銀河の旧型国電半流線型用を使っています。問題は前面の窓周りで、当初は嵌めこみ窓とするつもりだったのですがよい方法が思い浮かばず、結局プラ板から窓枠を作り内側から透明プラ板を貼る古典技法となってしまいました。
屋上の配管は、結局は物凄い単純なものですが、このさき幾つか作る予定がある神奈電昭和30年代オリジナル車の雛形になるためいろいろと思案し、完成が遅れる原因となってしまいました。
e0030537_1365548.jpg
その昭和30年代オリジナルは試しに1両を製作開始。
鉄コレ第14弾の名鉄3800ほか各形式がベースとなります。今回は大井川をベースに窓2つ分全長を縮め、また豊鉄から乗務員扉を切り出して取り付け両運転台車としました、結果、上の小田急改造と長さはほぼ同じになりました。最終的には6両ほどをそろえるつもりですが・・・・。
e0030537_1445240.jpg
それらとは別にこんなものも・・・。
神奈川電鉄愛甲線の車両大型化は、西武451系の導入ではじまった・・・ことにしていましたが、
今回は更に前倒しして、西武501系の導入をきっかけとすることにしました。
何年も押入れの肥やしとなっていた、クロスポイントの西武501を使っています。
片方の車両のパンタグラフは不要なので、パンタ周りのディテールは綺麗さっぱり削りとりました。
このキット、前面と屋根の継ぎ目が微妙な位置で、その修正が若干やっかいなことを除けば、車体は既に枠状に整形ずみですのであっという間に工作は完了・・・・スピード出場となりそうです。
なお、この車両は、下回りを現在いろいろ思案しておりまして・・・自重40tに抑えるために、三岐鉄道のように台車を交換してMT編成にするか、はたまたモーターを2両に分散配置とするか・・・。

ともあれ、今月発売予定の17弾からも作成予定の車両がいくつかありますので、あわせてどうなることやら。
まずは、この6両の塗装を行いたいところです。
by hiro_hrkz | 2013-04-25 01:53 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/20372866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。