人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
佐世保市交通局の富士重工架装車 
富士重工については、佐世保市交通局の車両を取り上げたいと思います。
同局は、K-の時代は、日デの大型車に3E5Eを架装した車両を導入していました。
しかし、P-になると、導入される車種が中型中心になったため、6Eばかりとなります。
これは幾つかあったのですが、現在見られるのは以下の2種類です。
佐世保市交通局の富士重工架装車 _e0030537_2122920.jpg
・佐世保市交通局 日デP-RM81G +富士6E 2013年5月 長崎県佐世保市

日デRMへの架装した車両の中でも、後期に導入されたタイプ。
中扉が4枚折り戸となっている6Eは、全国広しといえど、ここ佐世保のみで見られるタイプです。
窓もアウターガラスタイプのT字窓と、若干豪華な仕様となっています。
なお、行き先表示をLED化した際に、側面は窓全体を丸ごと交換しています。
したがって、この部分だけ窓の構造が異なり、少々違和感のある状態となっています。
佐世保市交通局の富士重工架装車 _e0030537_2161328.jpg
・佐世保市交通局 いすゞP-LR312J +富士6E 2013年5月 長崎県佐世保市

続いて、いすゞLRへの架装例も導入されましたが、窓枠などはRMの仕様を引き継いだものの
最大の特徴であった中扉は、通常の2枚折り戸になっています。

このあとで、U-となり中型中心のラインナップが続くのですが、いすゞはIKを、日デは西工を選択し、
富士重工は途絶えてしまいます。
佐世保市交通局の富士重工架装車 _e0030537_2194237.jpg
・佐世保市交通局 日デKK-RM252GSN +富士8E 2013年5月 長崎県佐世保市

漸く復活したのはKK-になってから。リーフサスの2段窓・前中折戸と仕様も大人しくなりました。
しかし、導入は1999年度の1回のみ2台だけで終わりました。

その頃から九州も移籍車が各地で大々的に使われるようになりますが、
ここ佐世保市交も例外ではありません。大型車が続々と入ってきました。
佐世保市交通局の富士重工架装車 _e0030537_2235067.jpg
・佐世保市交通局 日デP-U33K +富士7E 2013年5月 長崎県佐世保市
佐世保市交通局の富士重工架装車 _e0030537_223762.jpg
・佐世保市交通局 いすゞP-LV314K +富士7E 2013年5月 長崎県佐世保市

この頃の九州内各公営と同じく、もと東京都交通局の車両が大挙入りました。
うち富士重工架装車は、当初5Eが何台か入りましたが、続いて7Eも入ります。
P-のいすゞと日デ両方ですが、数はそう多くなく、あわせても4台程度だったと思います。
外観は、側面の窓枠を入れ換えて、方向幕を中扉の後ろに移設しているのが目に付く程度の改造です。

この後、K-の車両までは代替できたためか、一旦、移籍車両の導入は低調となります。
しかし、2010年を過ぎたあたりから、再び活発化し、ここで7Eも増えることとなります。
排ガス規制はU-を飛び越えて、KC-となりました。
佐世保市交通局の富士重工架装車 _e0030537_23313.jpg
・佐世保市交通局 日デKC-UA460HSN +富士7E 2013年5月 長崎県佐世保市

いまのところいちばん多い(といっても3台程度)のが、この、もと江ノ島電鉄のUAです。
都営バスのときと異なり、方向幕の位置は移動させず、そのままLED化した程度となっています。
佐世保市交通局の富士重工架装車 _e0030537_2344117.jpg
・佐世保市交通局 いすゞKC-LV380L +富士7E 2013年5月 長崎県佐世保市

一方、こちらはもと立川バスのLV。今回は2台を見かけました。
自社発注・移籍車を通じて、富士7E・8Eでは唯一のブロンズ色のサッシを採用しているため、印象が変わってきます。それにしても、江ノ電と立川・・・以前では移籍車供給元として考えられなかった事業者の車両が、かつてはメジャーだった都営バス移籍車の代替に投入される、というところに、時代の変化を感じずにはいられません。
佐世保市交通局の富士重工架装車 _e0030537_2384761.jpg
・佐世保市交通局 いすゞKC-LV380L +富士7E 2013年5月 長崎県佐世保市

さらに、こちらは神奈川中央交通のLV。とりあえず1両だけの模様。
バンパーの形状が独特なのですぐにわかりますね。
側面の方向幕は元の位置のまま窓ごと取り替えてLED化しています。
余談ですが、神奈中の7E移籍事例は、どういうわけか1台を除き、LVばかりですね。
佐世保市交通局の富士重工架装車 _e0030537_1152462.jpg
・佐世保市交通局 日デKC-UA460LSN +富士7E 2013年5月 長崎県佐世保市

そして、いちばんの珍品がこちら。もと西武総合企画の特定輸送車です。
飯能営業所に所属し、高校のスクールバスとして使われていたものですが、その特徴はやはり「ワイドドア」でない4枚折戸を中扉に採用していることでしょう。これも、1台きりの存在です。
もともと側面の方向幕はありませんが、この車両は、もとの窓枠は生かしたまま、LEDを取り付けています。
by hiro_hrkz | 2013-05-12 02:51 | バス(富士重工) | Comments(0)