人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
富山地方鉄道の新エアロスター
富山県といえば、バスマニアにとっては呉羽→三菱バス製造(MBM→MFBM)の本拠地があるところとして知られていると思います。その地元、富山地方鉄道でも三菱車は原則、呉羽ボディーを架装していました。
ところが、1996年にモデルチェンジした新エアロスターというと、これまでは少数派でした。
この世代を最後に大型車の購入が暫くの間なくなってしまうのが原因です。
富山地方鉄道の新エアロスター_e0030537_0551765.jpg
・富山地方鉄道 三菱KC-MP317M +MBM 2009年8月 富山県富山市

画像が、その新エアロスターの自社発注車。たしか1~2台のみだったと記憶しています。
ワンステップ車であり、それまでの2段窓・前後引戸の地鉄バスとはうってかわって、逆T字窓の前中ワイドドアとなりました。

この後、自社発注は中型が中心となり、一方、大型車は、もと西武バスの車両が大挙移籍し、主力となります。
その西武バスなどを置き換える時期になった2010年頃から、大都市部から新エアロスターが大挙移籍するようになりました。
富山地方鉄道の新エアロスター_e0030537_195049.jpg
・富山地方鉄道 三菱KC-MP717M +MBM 2013年4月 富山県富山市

まず最初に入ったのは、もと横浜市交通局の車両。ワンステップ車です。
特段の大きな改造もなく使われています。
全般的に地鉄オリジナル車に近い感じですね。
富山地方鉄道の新エアロスター_e0030537_2115437.jpg
・富山地方鉄道 三菱KC-MP317M +MBM 2013年4月 富山県富山市
富山地方鉄道の新エアロスター_e0030537_12416.jpg
・富山地方鉄道 三菱KC-MP717M +MBM 2011年4月 富山県富山市
富山地方鉄道の新エアロスター_e0030537_11936.jpg
・富山地方鉄道 三菱KC-MP717M +MBM 2011年4月 富山県富山市
富山地方鉄道の新エアロスター_e0030537_12205.jpg
・富山地方鉄道 三菱KC-MP717M +MBM 2013年4月 富山県富山市

続けて入ったのは、もと神奈川中央交通の車両で、バラエティーに富んでいます。
いちばん上の銀サッシでローバックシートを装備する一般的な路線用の車両のほか、
2人かけのハイバックシートが並ぶ貸切兼用タイプ(2~3枚目)※、
さらには、リクライニングシートを備え座席の高さも一定の、もとスヌーピーバス(4枚目)も在籍しています。

特に路線による使い分け等はされていません。なお3枚目の車両だけ、前面の旧・運賃支払い方法表示付近が黒ではなくクリーム色のままなのが面白いところです。

富山地方鉄道の新エアロスター_e0030537_1222258.jpg
・富山地鉄北斗バス 三菱KC-MP747M +MBM 2013年4月 富山県富山市

中にはこんなノンステップバスも。もと大阪市交通局の車両です。
さすがに後輪カバーは外されていますね。
これは、地鉄本体ではなく分離子会社の富山地鉄北斗バスの所属となっています。

さて、このように移籍車が溢れる中で自社発注のエアロスターが久しぶりに投入されました。
富山地方鉄道の新エアロスター_e0030537_1272089.jpg
富山地方鉄道の新エアロスター_e0030537_1274941.jpg
・富山地方鉄道 三菱(日デ)***-MP(AP)37FK +MFBM 2013年4月 富山県富山市

ノンステップ車で、一部は地鉄の標準色ではなく
路線バスの向上を目指す「イメージリーダーバス」塗装となっています。

※2013年5月19日 21:34 画像の誤認があったので記述を修正しました。
by hiro_hrkz | 2013-05-15 01:32 | バス(三菱/呉羽) | Comments(4)
Commented by MAKIKYU at 2013-05-15 14:30 x
こんにちは。

富山地鉄の路線バスは新旧様々、ここで取り上げている車両以外にもそこそこのバリエーションがあり、都市規模の割には鉄道・バス双方が楽しめる街という印象があります。

この記事の最後で取り上げている三菱のワンステをベースに、無理矢理ノンステに仕立てたタイプは、まだ実際に姿を見た事はありませんが、この手の新車でイメージリーダーバス塗装と擬似都営塗装が入り乱れる辺りは、どんな基準で分類しているのか気になります。

またイメージリーダーバスの方は、富山で実際に遭遇した事もあり、この手の車両で行先表示が字幕と言うのも珍しいと感じたものですが、最新車がLED化された事を踏まえると、現状の字幕式のまま活躍し続けるのか気になる所です。
Commented by M-noma at 2013-05-15 20:46 x
こんばんは。M-nomaです。

私はバスは詳しくないのですが、この「偽都営バス」だけは、すぐに地鉄バスと分かります。

4枚目の元スヌーピーバスは、上高地のバスターミナルで遭遇したことがあります。アルピコだらけの中にこの色はかなり目立っていたのが印象に残っています。
Commented by hiro_hrkz at 2013-05-17 21:20
>> MAKIKYUさん
地鉄は車両のバリエーションが多いですね。というか、この数年で確実に増えてます・・・一時期は西武の移籍車で多数を占めていましたが、その代替車種がバラバラなのは、昨今の移籍車が争奪戦になっていることを思わせます。

イメージリーダーバスは、たしか投入する路線が基本的に決まっていたはずです。おそらく、その所定数以上のものは入らないのではないかと邪推しております。しかし、ここはたしかにLEDが少ないですね。
Commented by hiro_hrkz at 2013-05-17 21:23
>>M-noma さん
この逆さ都営塗りは、一般の人でもわかりやすいようですね。
最も、都営バスはノンステップバス完了で、この色だけのものはなくなってしまいましたが。

それにしても、このバスで上高地ですか・・・貸切輸送かなにかだと思いますが、富山から結構な時間となりますね。神奈中時代に栃木県内まで貸切で乗ったことがありますが、さすがに距離が長くなると貸切兼用でも少々きついかな・・と思いました。