人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
西肥自動車 日デP-UA33N +西工58MC E型
長崎県の二大主要都市のひとつである佐世保市を中心に路線を持つ西肥自動車ですが、その路線網は離島にもおよび、五島列島の上五島(中通島)にも、それなりの規模の路線と車両を有しています。
この上五島には、以前から九州本土側とは異なるタイプの車両が配置され、中には珍車と呼ばれるものもあったことから、それなりにマニアに注目されてきたと思います。

今回は、そんな上五島の西肥バスから、この車両を。
西肥自動車 日デP-UA33N +西工58MC E型_e0030537_1134731.jpg
西肥自動車 日デP-UA33N +西工58MC E型_e0030537_114747.jpg
・西肥自動車 日デP-UA33N +西工58MC-E型 2013年5月 長崎県南松浦郡新上五島町(青方)

日デUAに西工のE型を架装したこれらは、いずれも島の生え抜きではなく、本土側からの転属車です。
もともとは、佐世保と長崎空港を結ぶ路線の専用車として投入されたものでした。
佐世保と空港がある大村はそれなりに距離がありますが、このような廉価版車両となったのは、もともと比較的時間を要する路線が多い西肥では、特別扱いの路線ではなかったからなのかもしれません。

しかし、それほど長続きはせず、空港連絡線には通常の貸切タイプが転用され、これらE型架装車は一般路線に転用されました。うち1台は、トップドアのままでしたが、残りは中扉を増設して前中折戸になっています。
九州で中扉増設というと、かつての九州産業交通が有名ですが、ここ西肥も過去に何例かありました。 車体が長いことを除けば、もともとの路線車とそれほど仕様に差はないので、これでよかったのでしょうね。

移籍車等に追われて多くは廃車となりましたが、原形と改造車の1台づつが上五島に転属となりました。
マニアには嬉しい展開に。

なお、西肥は基本的には佐世保ナンバーですが、上五島は長崎ナンバーになるため、登録番号はそれなりに新しめのものがついています。余談ですが、このほかに、伊万里など佐賀ナンバーで登録されている車両もあり、事業者の規模の割りに登録番号は一筋縄で行かない状況になっています。



西肥自動車 日デP-UA33N +西工58MC E型_e0030537_1141993.jpg

2008年3月の八重山諸島以降、主要四島と橋で繋がっていない離島へ探訪を少しづつ行ってきました。
しかし、振り返ってみれば、鹿児島県・沖縄県の南西諸島か、東京都の伊豆諸島ばかりで、何故日本でいちばん離島の多い長崎県がないのはどうしたものか、と・・・基本、富士重工のバスがある島という基準で選択しているので仕方がないのですが。

ということで、富士重工のバスが走っている長崎県の離島・・・という条件を唯一クリアする上五島へ行ってきました。

佐世保から高速艇で1時間20分少々。
現在は、行政区分では新上五島町となっていますが、これは平成の大合併で5つの町が合併したもの。
それなりの大きさと人口がある島となります。したがって、バスも佐世保方面の船が発着する有川と、島の中心である青方、そして長崎方面の船が発着する奈良尾を結ぶこの島の幹線路線では、運行本数も30~1時間間隔と離島では多めに設定されています。

さて、バス車両が主目的ですから、青方と有川の間だけ乗ればだいたいのことは片がつくことになります。
しかしそれだけではつまらない。
上五島というと九州では釣り場として知られているようですが、私が目指したのは幾つかの教会でした。中には国の重要文化財として指定されているものもあります。

ところが、これらはどういうわけか、先に記した幹線沿いにあるものは少なく、バスで行くには一苦労させられるものばかり・・・結局2つしか見られませんでしたが、それだけの価値はあるな、と思いました。
西肥自動車 日デP-UA33N +西工58MC E型_e0030537_1144167.jpg
・頭ヶ島天主堂にて

なお、富士重工製路線バスについては、最終的に2勝1敗・・・やっぱり離島へ行くのは結構なギャンブルであります。
by hiro_hrkz | 2013-05-24 01:52 | バス(北村、西工、東特) | Comments(2)
Commented by MAKIKYU at 2013-05-24 12:18 x
こんにちは。

こちらも昨年以降、少しずつ離島巡りをしており、特に富士重工製に限定はしていませんが、本土からフェリー・高速船などの旅客航路でアクセスでき、基本的に中型車以上の路線バスが走っている島を訪問対象にしています。

長崎県の離島と言うと、高速船(BEETLE)で対馬の東側は何度も通っており、福岡から比較的簡単に訪問できる大きめの島が幾つもありますが、首都圏からは足を運び難いものです。

こちらも対馬をはじめ、五島や壱岐なども機会があれば訪問したいと思っていますが、上五島へ足を運ぶなら、片道博多からの夜行船(福江行)利用も…と感じています。

あと富士重工製のバス巡りであれば、奄美大島と共に面積・人口双方で大規模な離島と言える佐渡島も、事業者や車両の独自性こそ薄れる気がしますが、結構な数の7E・8Eが走っており、フリー乗車券を利用して佐渡島を巡るのも悪くないですね。
Commented by hiro_hrkz at 2013-05-26 21:25
>> MAKIKYUさん
本来なら、上五島と福江島をハシゴして、長崎に帰ってくるのが理想的だったのですが、諸般の事情(ようは日程と旅費)で上五島だけに絞りました。対馬は一度行ってみたいのですが、やはり日程と旅費が・・・。

佐渡は、長期課題ですね。
仰るように、車両的な魅力が、どうもいまひとつでして・・・
屋根が銀色の大型車は見てみたいのですが、他の案件と比較すると、どうしても優先順位がかなり下がってしまいます。