人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
大山のケーブルカー
大山のケーブルカー_e0030537_23493323.jpg
10月の行楽日和のとある日、ふと思い立って新宿から小田急の快速急行に乗り、相模川の西側へと行ってきました。個人的に「神奈電」の都合などで、何度も足を運んでいる地域ですが、その中で未踏だった阿夫利神社への参詣、そして大山観光電鉄・・・つまりは大山のケーブルカーの乗車が目的となりました。

大山のケーブルカーは1931年に阿夫利神社への参詣客輸送を目的に大山鋼索鉄道により開業したもの。しかし、国内の多くのケーブルカーと同じように、戦時中の鉄材供出の為に廃止となり、戦後の1965年になって、小田急グループの大山観光電鉄により漸く再開したものです。
全長0.8km・高低差278mですから、国内のケーブルカーとしては丁度中間の路線規模といったところでしょう。
大山のケーブルカー_e0030537_09715.jpg
大山のケーブルカー_e0030537_085241.jpg
ここで使われている車両は運転再開時の1965年に日立製作所で製造されたもの。同時期に国内各地に向けて製造された車輌と同じようなモノコック調のツルンとした車体ですが、側面の扉数は2つ・扉間の窓は4つと、若干小さめです。2005年に更新が行われ、1が緑色で「OYAMA」、2が赤色で「TANZAWA」という愛称が付けられています。

この路線に乗るためには、伊勢原駅から神奈中のバスに乗り、その終点から15分ほど歩くわけですが、
実際に辿ってみて疑問に思ったことが一つ。

一体、どうやって、この車輌を運び入れたのか?・・・と。
というのも、
大山のケーブルカー_e0030537_0244866.jpg
ここがバスの終点(大山ケーブル)で、ここまでの県道611号線は狭いものの、なんとか通れるのではないかと思います。
が、この先の道というのが
大山のケーブルカー_e0030537_02748100.jpg
こんな階段状の参道となっています。実は南側(鈴川側)に自動車が通れる狭い道があるものの、これは途中で途切れてしまいます。
そして、
大山のケーブルカー_e0030537_030524.jpg
麓側の駅があるのは狭い階段を登った上で、この駅舎を撮るのも苦るしい狭さ。
鈴川の上に仮設の道路でも設けたのだろうか?と邪推するところですが・・・。
これが戦前となれば、県道はもっと狭かった(少なくとも大山駅バス停から北の2車線道路は無く社務所前や、とうふ坂を通る旧道になる)はずで、今以上に謎という感があります。
(伊勢原市のサイトに当時の車輌と施設の画像があります。)
果たして真相は???

通常は20分間隔ですが、この日は行楽客が多かったのかバス共々増発が行われ、10分間隔となっていました。
この路線の見所は中間駅(大山寺駅)が丁度、交換設備のところに設けられていること。
大山のケーブルカー_e0030537_0412779.jpg

大山のケーブルカー_e0030537_04756.jpg
大山のケーブルカー_e0030537_0414099.jpg
跨線橋つきの立派なものですが、ケーブルカーは車輌によりどちらを通るかが決まっているので、乗り場案内も一工夫されています。ケーブルカーの分岐部を見学するには、もってこいですね。

約6分で山頂側の阿夫利神社駅に到着。
かつては下社駅といったことからわかるように、同神社の下社があります。
とはいえ、あるのはこの拝殿等と、若干の土産物屋だけ。
他の関東にある参詣用ケーブルカーと比較しても高尾のように山頂にいろいろ施設があるわけでもなければ、御嶽のように山頂に門前町が形勢されているわけでもありません。ケーブルカーの利用者は、江戸時代から続く大山詣の人々と、大山の山頂を目指すハイキング客ということで、車輌が小ぶりなのも納得できます。
大山のケーブルカー_e0030537_0403089.jpg

本当なら、その山頂にある本社を目指すのが道理なのですが、時間は遅く、山向きの格好というわけでもなかったので今回はこの下社で引き返しました。
ここからでも、相模平野そして太平洋が一望できます。

ちなみに、ここをたずねた理由の一つは、賢明な読者の皆様がご推測される通り、やはり「神奈電」絡みだったわけです。その成果はいずれまた・・・・。

・いずれも2013年10月 撮影
by hiro_hrkz | 2013-10-23 00:59 | 鉄道(その他) | Comments(2)
Commented by 伽枕流 at 2013-10-27 22:34 x
朝熊山と同型の索道車が神電傍系にデヴューするのですかね(意味深)
Commented by hiro_hrkz at 2013-10-29 01:20
>>伽枕流さん
それは秘密(笑)・・・イメージとしては、屋島ケーブルみたいなのがいいのだけれど、現実は、やっぱりこんな日立タイプでしょうね。
http://rinji99100.web.fc2.com/kana/daishin-st.htm