人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
神奈電をもう一度 2013年10月
ただいま、こんなものを製作中です。
e0030537_0464255.jpg
先月・先々月に紹介した各車は、ただいま塗装工程の真っ只中なのですが、それ以外に、さらに着手している車両がこれです。
秦野・大山線の自社発注車は日車製の丸窓電車というのは、新版でも変えていません。
これについては、当初、鉄コレの一畑でも切り継ごうかと考えていましたが、鉄コレ17弾で、そのものズバリなものがラインナップされたため、こちらを使うことにしました。
ベースにしたのは、コトデンの3000。1980年代まで生き延び、各所が近代化された想定なので、上田よりもこちらのほうが適しているのです。
前面は非貫通に改造。この製品はリベットが表現されているのですが、前面に関しては、これらはあっさり削り取ってしまいました。段つきのウィンドシルを表現は厚みの異なるプラ板の断面を重ねて整形したものですが、ここは難儀しました。
目指しているのは一畑のデハ1の雰囲気ですが、こちらのほうが車体幅が狭いので、どうなることやら。現在、アンチクライマーとテールライトの表現を巡り、中断している状態です。
e0030537_1132160.jpg
一方、こちらは、8月のところで取り上げた、もと京王2400とペアを組む制御車。
木南製の15m級車で、同型のうち2両が常総筑波鉄道に行って気動車に化けたりした、あの車両です。
戦後混乱期に車齢10年で廃車になっているため、この種の架空のローカル電鉄で遊ぶには登場させやすいクルマではないかと思います。
それはともかく、ベースにしたのは鉄コレ第4弾の国鉄クハ16あらため富士急で、その側板から乗務員扉と連結面よりの窓一つ分を切って短縮してあります。ただし、連結面よりの窓が戸袋となってしまうため、ここは切り落とした窓を移植(ついでに、若干狭いドア脇の柱部分を0.5mmほど太く)しました。
一方、前面はカーブがきつめなので、グリーンマックスのキハ04用各タイプを芯にしています。天地が足りないので、t=1.2のプラ板で嵩上げしてからディテールを削り取っています。

この2つは、年内に出来上がればいいなあ・・・と思いっていますが、果たして。



車両の再製作に着手する一方で、路線の見直し・再作成も。
結局、このような路線となりました。
e0030537_1273780.png

愛甲線 平塚中央~半原 29.6km
津久井線 淵野辺~津久井湖 13.8km
中津線 上田名~愛甲田代   10.1km
秦野線 平塚市役所~秦野町 14.8km
大山線 豊田本郷~大山下  13.0km  合計81.3km (他に鋼索線 ケーブル大山~下社 0.8km)

半原以北の削除と津久井線・中津線の追加が大きなポイントですが、全面的に路線のある場所を見直し、駅名等も再考慮しています。たとえば厚木附近(実際の本厚木駅)は、従来、小田急と直行していたものを、岡田から北西に進んで小田急と交差・平行してから北上する形にしています。小田急高架化に伴う都市計画で変更されたとの設定です。

それにしても、今はネット上からなんでも引っ張ってこれるというのを実感しました。
かつては2万5千分の1の地形図に、乏しい現地情報を組み合わせて妄想を重ねたのですが、
今は、マピオンにグーグル、Yahooと地図サービスが充実。
地図の本家、国土地理院でも地理院地図(旧・電子国土ポータル)で、地形図や写真をみることができますし、
国土変遷アーカイブを使えば、昭和20年代の航空写真も閲覧可能。
ソフトに目を転じれば、旧版の地形図が載っている今昔マップというものもあり、あわせて旧い時代での考証が、誠にやりやすくなりました。

加えて、地名を検索すれば役所から個人まで、なんらかの情報が引っ掛るわけであり(特に、道路系マニアのサイトが役に立つ)、現代の考証もやはり同様に・・・ということでしょう。
こんなふうに路線図を起こさずとも、地図サイトのサービスを使えばより具体的に路線の位置を示すこともできるわけです。

それでも、やはり現地へ行かないとわからないことも多々あると感じるわけで、
この「ビョーキ」からの立ち直りは一層困難なものになっているようです(苦笑)。
by hiro_hrkz | 2013-10-31 01:56 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)