人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
滋賀交通 三菱MAR470 +三菱
日本国内の一般人の間にインターネットというものが普及し、その中でバスに関する情報が増え始めたのは、だいたい1997~8年頃だったと記憶しています。その状況の中で有名になったのが、滋賀交通の三菱MR系2台でした。MR系が遅くまで残っていた事業者というと、コトデンバスが知られていたのですが、これがネットの時代にはタッチの差で間に合わず、この滋賀交の車両が一躍注目を浴びることになりました。同時に、これで同社の名前もバスマニアの間に知れ渡ったように思います。

ということで、私も1998年の秋に水口まで行ったのですが・・・
滋賀交通 三菱MAR470 +三菱_e0030537_223131.jpg
滋賀交通 三菱MAR470 +三菱_e0030537_2232888.jpg
滋賀交通 三菱MAR470 +三菱_e0030537_2234312.jpg
・滋賀交通 三菱MAR470 +三菱 1998年11月 滋賀県甲賀郡水口町

このように中途半端に並べられていて、スッキリとした写真を撮ることは叶いませんでした。

三菱MR系は1960~1977年に製造された大型車で、MRはリーフサス車、MARはエアサス車となります。それに続く数値が470の車両は、軸距5400mm・全長10.76mとなりますが、この数字の意味は正直よくわかりません ※。

滋賀交通の車両はそのなかでも最終グループにあたるもので、リアから見るとエンジン付近の開口部が小さくなっています。
サブエンジンクーラー+メトロ窓と上級な仕様(・・・これは同社では桁外れの高級車だったらしい)で、かつては草津駅まで乗り入れていたのではないかと思いますが、撮影時の路線は微々たるものになっており、車両も中型車(MK517J)が主力となっていました。

ところで、この車両、たしか1976年式と言われていました。ですから撮影時の車齢は22年となります。
当時は全国でも屈指の「古い路線バス」でしたが、いまでは、22年前というと1991年式・・・この程度なら在籍している事業者はざらにあります。いかに15年で車齢が伸びたのか、ということを感じますね。
滋賀交通 三菱MAR470 +三菱_e0030537_2373879.jpg
・構内に停められていた、年代物の三菱製ダンプ車

※2013年12月14日 記述内容を修正しました。
by hiro_hrkz | 2013-12-14 02:40 | バス(三菱/呉羽) | Comments(2)
Commented by 田舎物 at 2013-12-14 19:31 x
>それに続く数値は470は全長10.5mであることを示しますが
数値はホイルベースでは?と思ったんですが、違いますかね?
Commented by hiro_hrkz at 2013-12-17 00:11
三菱MRの型式は、どのような基準でつけられているのか、あいにく私は知りませんが、他の型式を考えるとそのほうが自然ですね。
修正を行います。