人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
神奈電をもう一度 2014年4月
ただいま、こんなものを製作中です。
神奈電をもう一度 2014年4月_e0030537_1543477.jpg
先月、ちょっと触れたように、車両の製作を一旦、中断して地面を作ることにしました。
作成するのは、ここ。
神奈電をもう一度 2014年4月_e0030537_155358.jpg
神奈電のメインターミナル、平塚中央であります。
国鉄東海道線平塚駅には道路の関係で乗り入れることができず(・・・非常に細かなことになりますが、東海道線平塚駅の東京側にはかつて斜めに横断する踏切があった)、駅前広場の一角に面したところに独自の駅舎があるという想定です。位置関係は、JR豊橋駅と豊橋鉄道の新豊橋駅を想像していただくと解りやすいかと思います。
私鉄らしい頭端式ターミナル・・・たとえば、新岐阜(名鉄)、忠節(同)、新清水(静鉄)、武生新(福鉄)、高松築港(コトデン)、中央前橋(上毛)、電鉄姫路(山陽)といったところをイメージしています。

現在制作中の部分は、全体の2/3。路面モジュール規格(310×210mm)に一応従い、これを3っつ繋げて、最終的な完成形となる予定です。
現在は、ユニトラックとフレキシブルレールで線路を敷設し、ホームの土台を作った段階。
ホームは製作中で、GMの都会型島式ホームを採用しています。
ところで、この製品。買ってきてから解ったのですが、ホームの幅よりも上屋の幅ほうが小さくなっています。
そこで、上屋の幅に合わせて、ホームを35mmに狭めてあります。

駅舎そのものは、これを使う予定です。
神奈電をもう一度 2014年4月_e0030537_1553547.jpg
GMの車上駅と中型駅を切り継いだものです。
ストラクチャーの製品が少なかった30年以上前、これはビル建築の代表で改造例も(グリーンマックスのカタログなどで)多く、ある意味、憧れの製品でした。
ターミナル駅を作るなら、これを建てたいと思って幾霜月。これまた、ようやく実現の運びとなりました。

線路と駅前広場の位置の関係で、駅舎の位置が線路に対して斜めになっているのが特徴です。
ところで、後先考えずにビルを建てることにしたものの、平塚駅周辺といえば、梅屋にラスカ(・・それに神奈電の設定年代なら長崎屋も)がある状態で、こんな床面積の限られた建屋で、一体のなんの商売をするというのやら・・・これは完成したら、ちょっと悩むことになるかも。

とりあえずは2か月後の完成を目指して。



今回、これを作成するにあたって、どうもいろいろ疑問が出てきてしまったので、思い切って現地を見てきました。
思ったよりも地形が複雑・・・この結果、平塚周辺の路線の修正も。それはまた、いずれ。
by hiro_hrkz | 2014-04-30 01:55 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)