人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
熊本電気鉄道 500形
静岡鉄道は、かつて車両を自社工場で製造していたことで知られます。
今も残る静岡清水線は、木造車の鋼体化にはじまり、1957年に14m級の20形、そして1961年には17m級の100形と続きました。

100形は1961~1966年に電動車ばかり10両が、長沼工場で製造されました。
車体は裾絞りがあり、両開き扉を持つ3扉で張り上げ屋根・前面には方向幕を装備と、当時の地方私鉄の電車の中でも特に近代的な外観の一方、主要な機器は中古品などを使い釣合梁台車・ツリカケ駆動式となっていました。制御器だけは新品の東洋電機製ES-801を搭載していましたが、これは電動油圧カム軸式という珍しい代物でした。
クモハ101~106は当初前面に貫通扉のある両運転台であったのに対し、107~110は片運転台の2両固定編成で登場しています。後に、101~106も片運転台化・2両固定編成となり前面も非貫通の3枚窓に改造されました。

しかし、これら自家製電車は比較的早いサイクルで代替されており、100形は製造後13~15年でオールステンレスカーの1000形に置き換わりました。このうち、1編成が日立電鉄に、3編成が熊本電気鉄道に譲渡されています。熊本電鉄ではモハ501~506になりました。
e0030537_22511497.jpg
・熊本電気鉄道 クハ502+モハ501 1993年8月 藤崎宮前
e0030537_140922.jpg
・熊本電気鉄道 クハ502 1995年8月 藤崎宮前

このうちモハ501~502は、もとクモハ103~104で1963年製。1977年に入線しました。モハ502は1980年に電装解除されクハ502になりましたが、パンタグラフは搭載されたままでした。
もと両運転台なので連結面は丸妻となっています。
独特の車番の書体は、静岡鉄道時代のままですね。

台車は、501は静岡鉄道時代のままのブリル(近鉄名古屋線の中古)ですが、502は東急から購入した川車3450に替えています。この2両は1999年に廃車になりました。
e0030537_232469.jpg
e0030537_2315034.jpg
・熊本電気鉄道 モハ601 1994年8月 藤崎宮前

一方、モハ503~504は、もとクモハ105~106で1964年製。やはり、モハ504は1980年に電装解除されクハ502になっています。

しかし、1987年に504が事故で再起不能となったため、503を両運転台に復元し、モハ601に改番しています。また、パンタグラフも藤崎宮前側に増設しダブルパンタとなっていました。
復元した藤崎宮前側の前面(下の画像)も、従来からある御代志側(上の画像)と違いがないように似せてはいるものの、窓ガラス・前照灯・方向幕とすべて異なるサイズで、どことなくぎこちない感じがします。
一方、御代志側の運転台も、よく見てみると、上のクハ502とは窓のサイズが違う、もしくは位置が異なっているように見えます。

両運転台に戻したことが幸いしたのか、6両の中では一番遅く2000年に廃車になりました。
e0030537_23185549.jpg
・熊本電気鉄道 クハ504 1993年8月 北熊本

一方クハ504も、廃車にはならず北熊本駅の側線に、オレンジとアイボリーの旧塗装のまま留置されていました。部品取り車として機能していたのでしょうか。廃車は1996年のことです。
e0030537_23221240.jpg
・熊本電気鉄道 クハ506+モハ505 1993年8月 北熊本

モハ505~506は、もとクモハ107~クモハ108で1965年製。入線は少々遅れて1979年12月のことで、モハ506の電装解除も、やはり少々遅れて1982年1月に実施されています。
こちらは、当初より2両固定編成であるため、連結面は切妻になっています。

前面窓ガラスのHゴムの色やその保持方法は、502や601とは、また異なるものですね。
ライトケースの形状などに、細かな差が生じています。
いちばん製造年が新しかったのですが、事故を起こしたこともあり1996~97年に廃車となりました。

よく言われる話ですが、これら静鉄の自家製電車は、その見てくれと裏腹に、車体外板の板厚が薄いなど華奢だったようです。熊電では数回乗りましたが、車内の作りは全体的に安普請な感じが否めず、ドアや窓枠にガタが来ていたことを思い出します。
e0030537_23471351.jpg
ところで、この車両、両開き扉が特徴ですが、その幅は一般的な1300~1400mmではなく、1100mmと片開扉と同程度のものでした。しかも写真でわかるように引き残しが設けられていたため、実質的な開口部は1000mmといったところでしょうか。
by hiro_hrkz | 2014-09-10 01:00 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/22373513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。