人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
南海電気鉄道 1521系 モハ1531
 昭和30年代の大手私鉄では、いわゆる高性能車の増備を進めていくわけですが、その過程は各社まちまちでした。関西では、南海電鉄が少々特徴的だったと思います。
 南海は、中空軸平行ドライブの11001系を南海線に1954年から、また高野線にはズームカー21000系を1958年から投入していますが、これらは全て2扉・転換クロスシートの車両で、通勤電車ではありませんでした・・・最も、南海は木造車およびその鋼体化車は3扉でしたが、鋼製車は長さに関わらず基本的には2扉車となっており、多扉でロングシートの中型・大型車はロクサン形の1501形20両だけでした。
 そのような背景もあったためか、この時期に製造された20.5m級4扉車は、在来車の機器を流用した吊り掛け駆動車ではじまり、高性能車は1962年の6000系以降となります。
e0030537_1605488.jpg
・南海電気鉄道 モハ1531 1995年2月 水軒

 先ず、1959年に1521系が4編成製造されます。両端が電動車・中間が付随車の3連で、主電動機(MT-40 110kw) ・制御器(ALF-PC)は1501形の一部を電装解除して捻出したものです。続いて、翌年には2051系が2編成製造されます。機器は2001形から流用し主電動機出力が150kwになったためか、付随車を2両挟んだ4連になりました。
 メーカーは帝国車輛と日立製作所。車体は張り上げ屋根に丸妻の前面で、1960~1970年代に製造される南海電車の基本スタイルとなります。客用扉は広めの1200mm、窓はズームカーと同じサイズの一段下降窓となっています。塗装は、1521系は緑色にオレンジ色の帯でしたが、2051系は緑の濃淡となり、これまたのちに南海電車の標準となりました。

 1973年の架線電圧昇圧時に支線用に転用され、付随車は運転台を取り付けて制御車に、電動車は1両が電装解除されて制御車になったほか、偶数番号の5両が両運転台に改造されています。また旧2051系の主電動機をモハ1551形から転用した国鉄MT40に変更したため、型式は1521系(モハ1521、クハ3901)に統一されました。このときに増設された運転台は、従来のものに比べて乗務員扉の高さが低くなっています。
 MT40は、昇圧により本来の端子電圧750V・142kwというスペックになります。が、制御器は弱め界磁の無い、日立MMC-LH20-Aで、支線用ということもありその性能を発揮することはあったのかどうか。なお、台車は汽車会社製で、枕ばねがエアサスのKS-60・KS-67(電動車)、KS-61(制御車)を履いていまいた。

画像のモハ1531はもとモハ2053で、廃車の直前に、かの和歌山港線水軒駅で撮影したもの。このとき、既に天王寺線は無く、多奈川線と高師浜線は角Zの改造車に置き換わり、ここと汐見橋線だけとなっていました。
他にも撮影していたのですが、カメラのシャッターが壊れていて辛うじて救えたのがこれくらいという泣くに泣けない状況でした・・・フィルムの時代は現像してみないとわかりませんでしたね。
by hiro_hrkz | 2014-12-08 00:20 | 鉄道(近代形電車) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/22630797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。