人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
乙未
あけましておめでとうございます / 새해 복 많이 받으세요 / 新年快樂 / Frohes Neues Jahr!
Happy new year! / Voorspoedige nuwejaar! / YENİ YILINIZ KUTLU OLSUN!
今年もよろしくお願いいたします。

2015年/平成27年。ひつじ年。
今年1月のバスの表紙は、一昨年が3E、昨年が4Eでしたので、今年は当然ながら「15型E」・・・5Eで。
拙サイトが拡充するキッカケとなったものなので外せません。
車種はどうしようかと考えましたが、数ある5Eの中でもいちばんのお気に入りだった大分バスのP-HU275BAを選んでみました。日野+富士で、メトロ窓・エアサス・高出力・ハイバックシートという特徴ある車両です。

一方、鉄道のほうですが、「2015」でも「27」でも思い浮かぶネタが無く、しからば「未」か「羊」は無いかと探しましたが、十二支の中で唯一、駅名になっていたないのがヒツジ。では、十干はどうだろうか・・・2015年は「乙」!
あるものがピンときたので、年末に撮影してきた次第。
乙未_e0030537_1253022.jpg
東京都電の電動貨車、乙1形乙2です。
都電で乙とは無蓋電動貨車のこと。余談ですが、甲は有蓋電動貨車(400形を転用した甲400など)です。

乙1形は1941年に、乙10形の台車を利用して2両が局工場で製造されました。
最大寸法が長さ7650×幅1980×高さ3453mm 自重5tというミニ車両で車体は木製。
2両とも戦火を逃れ、乙1は三田車庫に在籍していましたが、あまり使われることはなく1967年12月除籍。一方、乙2は荒川車庫に配置され専用軌道の保線等で使用されたあと、1971年3月に除籍。そして、文京区の神明町車庫跡につくられた公園に保存され現在に至ってます※。
通常、こういう公園の路面電車といえば旅客車が選ばれる中(とりわけ都電の場合、保存車は6000形が殆ど)、なにゆえこれが選択されたのかは不明ですが、貴重な個体が残っていることはうれしいものですね。
乙未_e0030537_1255170.jpg
乙未_e0030537_135154.jpg
さて、この車両、鉄柵にきちんと囲まれているのですが、おかげで全体像を撮影するとなると至難の業。みなさん四苦八苦されているようですが、私も、柵の中にカメラだけ入れて、18ミリのレンズでノーファインダーで格闘すること〇〇回。なんとか撮影できたものをトリミングしたのが冒頭の1枚になります。

木造車体の屋外保存というのは非常に心配されるものですが、1982 年10月に木部を全部新調したそうです※。その後も手入れは随時行われているようで、たとえば前面幕板部分の素材は、明らかになにか別の健在が使われているようです。
乙未_e0030537_1262827.jpg
それでも、片側のキャブの外板が外れかかっていたりするなど、痛んでいる箇所も幾つか見られます。
なお、集電装置はビューゲルですが、本来の場所から外され、荷台におかれています。
たしか、20年前に見に行ったとき、既にそのようになっていた記憶が。
乙未_e0030537_1281633.jpg
説明板も柵に取り付けられています。
が・・・・
乙未_e0030537_1312270.jpg
乙がZになっています。なんだか21世紀のネットスラングを先取りしている感が(笑)。
この手の看板は説明が目茶苦茶なことが多い中で、正確な内容になっていますから、非常に惜しいところです。

当時既に、甲乙丙・・・という言い方はピンと来なくなっていたのかもしれませんね。
もっとも、都営バスに興味を持ったガキは、路線図を見て「門19は甲乙だけじゃなくて丙丁」もあるんだ・・・などと言って、高齢者にびっくりされたわけですが(←体験談)。

・東京都交通局(都電) 乙2(保存) 
 いずれも2014年12月 神明町車庫跡公園(東京都文京区)

※「都電の消えた街・下町編」 大正出版 1983年4月 に掲載の江本広一氏の記述による。
by hiro_hrkz | 2015-01-01 08:00 | 路面電車・低床電車 | Comments(0)