人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
神奈電をもう一度 2015年2月
※神奈川電鉄はフィクションです。
e0030537_1345999.jpg
もうすぐ春ですが、とりあえず3両の電車が完成しました。
今回は愛甲線の大型車1編成2両と、中型車1両です。
e0030537_139629.jpg
e0030537_1391837.jpg
神奈川電鉄が成立した直後、太平洋戦争の最中に製造されたオリジナルのモハニ2711です。
製作中の記事で触れたとおり、日本鉄道自動車が旧い台枠などを使って作った電車がプロトタイプ。ただし、種車となった鉄コレの銚子デハ801の関係で実物(武蔵野、南武、宇部電鉄)のいずれよりも長めの、17.5m級車となりました。

前面運転台部分と戸袋のHゴム支持の窓は、通常のサッシ窓となるようにしました。銚子は窓のサッシが金色塗装でしたが、こちらはアルミサッシということで、烏口で銀色に塗り変えています。
台車は、日鉄自製の一部の車両(たとえば竹鼻鉄道→名鉄モ771・772、常総筑波鉄道ホハフ551→キハ40086)に倣い、DT13系(NSC31)としてあります・・・本来は、本家DT13に比べて軸距が短いなどの差がありますが。
ベンチレータはT型を選択。これも当時の日鉄自製に倣ったものですが、少々位置が高すぎました。
e0030537_202535.jpg
e0030537_203846.jpg
そして、大型の2連は、もと西武鉄道551系のモハ3017+クハ3018。以前着手した、西武鉄道451系ベースの車両(モハ3015+クハ1016)を差し置いての完成となりました。
これも製作中の記事で書いた通り、鉄コレの西武クモハ551・クハ1651がベースで、特に大きな改造はしていません。ただし屋根は貼り付けてしまい、車体との隙間を完全に埋めています。

 さて、この車両は多摩川線に最後まで残っていたクモハ557・クハ1660を譲り受けたことにしています。台車は廃車時にはFS40を履いていたのですが、これは近江鉄道に回されたため使えません。同じくFS-40を履いた西武571系を譲り受けた三岐鉄道では、京王1900のKBD-107(主電動機はMT40)に履き替えていましたが、これも限りがある・・・。
 このあたりで悩んでしまい、2年前に着工したモハ3015+クハ1016のほうは完成直前で行き詰ってしまいました。今回改めて考えた結果、モハは相鉄3010系が使っていたTS-108を譲り受けて履かせたことにしました。主電動機は定格出力142kwのTDK-544ですから、MT編成でも大丈夫でしょう。TS-108は外観は国鉄DT-21に似ているので、模型ではDT21をそのまま使っています。
 そして、クハは単純に国鉄からDT21Tを譲りうけたことにしました。ということで、こちらもDT21を履かせています。

 一方、入線時に冷房改造を受けたことにしましたが、国鉄系の集中型クーラーを載せるのも芸がないというか、車体が歪んでしまうだろうと思案するわけです。一方、これまでの製作した冷房車は、いずれも三菱の路面電車用軽量クーラーを搭載。そこで、この車両も三菱の路面電車用クーラーを搭載することにしました。
いちばんメジャーなCU-77が21000kcal/hですから、1両に2台搭載すれば20m級通勤車に必要な40000kcal/h台の能力を確保できるわけです。
 そうは言っても、模型のパーツがなければ始まらないわけですが、有難いことに友人から路面電車のCU77のパーツを複数譲りうけることができました。今回は、それを取り付けています。

来月は、先月記したうち、今月完成しなかった残り3両と、完成が伸び伸びになっているモハ3015+クハ1016を完成させたいところです。
by hiro_hrkz | 2015-02-28 00:00 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/22838328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。