人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
広島電鉄の西工58MC 3題
広電の路線バスというと、15年くらい前は日野が主力車種で、そこにいすゞと三菱が加わる構成でした。
このうち三菱は西工を採用、いすゞも1983年を最後に川重から西工に切り替えています。
日野も一部に西工を架装していたので、どのメーカーの車両にも58MCの架装例が見られました。
その中から、初期に製造された1984年式の各車を本日は取り上げたいと思います。
広島電鉄の西工58MC 3題_e0030537_1574869.jpg
・広島電鉄 日野P-HU275AA +西工58MC 2000年8月 広島バスセンター附近
広島電鉄の西工58MC 3題_e0030537_158452.jpg
・広島電鉄 三菱P-MP518M +西工58MC 2000年8月 広島バスセンター附近
広島電鉄の西工58MC 3題_e0030537_1581845.jpg
・広島電鉄 いすゞK-CQA500 +西工58MC 2000年8月 広島バスセンター附近

上から、日野、三菱、いすゞの架装例となっています。
いずれも第2自動車部(郊外線)の車両で、メーカーは異なれど、軸距は5000~5300mm、エアサスに高出力(三菱は除く)、前中引き戸で窓はメトロ窓、座席はハイバックシートと、クーラーはヂーゼル機器の分散式・・と、広電の郊外線らしい仕様が随所に表れているクルマです。

が、これら3台。
1984年という微妙な時期であるために、車台との組み合わせが他に例が少ないものとなっています。

日野は、P-の高出力ですからHU27・・・なのはいいのですが、最後のアルファベットがBAではなくAA。
つまり、HU(HT)22系が作られていた時代の高出力車となります。全国的に見ても、まだ日野の高出力路線車の導入事例が少なかった頃ですね。

三菱は、1984年のP-ということから推測がつくように、これまた端境期の型式、P-MP518への架装です。
前面の旧タイプのエンブレムでもわかりますね。

そして、いすゞは、他のメーカーと異なり、排ガス規制が一世代前のK-で導入されています。したがって、型式はK-CQA。西工58MCは1983年から製造されているので、K-への架装例もそれなりに存在します。いすゞC系も幾つかありますが、その中で高出力となると、さすがにここだけしか思い浮かびません。

さて、写真を撮影したのは、広島バスセンターの入り口。平日朝になるとまさに「束になって」バスが走ってきます。この頃はまだ銀塩ですから、36枚撮りフィルムが5分くらいで、あっという間になくなってしまったことが思い出します(今なら36枚なんてデジカメですぐになくなる枚数ですが)。
一方で、バスのスピードが速いのと光線状態の関係でシャッターを切るタイミングに難儀していました。広島の定番撮影地でしたが、現在は柵などが増えて撮れなくなりました。
by hiro_hrkz | 2015-03-19 01:41 | バス(北村、西工、東特) | Comments(0)