人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
札幌市交通局 210・240・330形
札幌市電は昭和30年代に入ると、独特の丸みを持った電車を次々と投入してゆきます。
最初に登場したのが1958年製の330形5両で、日立製作所製でした。
黄土色とライトグリーンにステンレス帯という出で立ち・・・その形状は玉電200形をモデルにしたと言われますが、真相はいかに?
全長12500mm×幅2230mm 主電動機は40.0kw×2で直接制御車でした。

その後の製造は、札幌市が道内の産業育成の観点から、地元の事業者で組織させた札幌綜合鉄工協同組合(札鉄協:苗穂工業、泰和車両、運輸工業または藤屋鉄工)があたり、1958年に210形6両、1959年に220形8両、230形8両、1960年に240形8両が製造されます。これらは、主電動機を単車から流用しています。また、240形から間接非自動制御となりました。
そして、1961年に製造された250形5両は車体が伸びて全長13100mmになっています。これはディーゼルカーのD1000形等に合わせたもの。これで、ボギー単車の新造は終わり、連結車・連節車の時代へ移行することになります。
札幌市交通局 210・240・330形_e0030537_23323134.jpg
札幌市交通局 210・240・330形_e0030537_23322996.jpg
札幌市交通局 210・240・330形_e0030537_23322503.jpg
・札幌市交通局 246(上) 332(中) 334(下)  1995年9月  電車事業所前

これら単車は、1970年代に入りワンマン化されますが、一方で1971年から路線の縮小がはじまり、それが落ち着いたあとに残ったのは、330形5両、210形6両、220形2両、240形7両、250形5両という陣容で、その後330形が3300形に機器流用で廃車になるまで変化はありませんでした。なお直接制御車は、都電8000の廃車発生品を用いて間接非自動制御(日車NC-193)に変更しています。240・250も日車製のNC-350なので都合が良かったのでしょう。

画像は1995年のもの。246は標準塗装ですが、332は姉妹都市のミュンヘンの路面電車を模した青とクリーム色になっています(そういえば、ミュンヘン・札幌・ミルウォーキーなんてCMもありましたね)。ドイツの路面電車は丸みが多いものが多いので、これはそれなりに雰囲気が出ていたと思います。
一方、334は、人魚やら海の生き物を描いたものとなっていますが、これが資料が無く正直よくわからない存在です。
札幌市交通局 210・240・330形_e0030537_23333916.jpg
・札幌市交通局 211 1994年2月 電車事業所前

さて、330形以外は1990年代に入り車体更新を受けます。
もともと、ヘッドライトが、前面の上下にあるというのが珍しかったのですが、ここで窓下に2灯となり雰囲気が変わりました。塗装も、従来のものより明るめのものとなっています。
その後は、8500形等と同一の塗装で登場したものもありますが、現在の緑と白の塗装に揃えられています。
by hiro_hrkz | 2015-04-21 00:42 | 路面電車・低床電車 | Comments(0)