人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
20年目の「神奈電ものがたり」
20年目の「神奈電ものがたり」_e0030537_00473394.jpg
「鉄道模型趣味」誌に拙作「神奈電ものがたり」が掲載されてから丁度20年となりました。

当時、大学生の私。
無謀にも作品の写真を編集部に送ったところ、御返事をいただき、
その上で原稿を書いて再度送ったところ、採用していただきました。

久しぶりに自分で読んでみましたが、顔から火が出るとはこのこと・・・
(直前が、フリーの巨匠、小林信夫さんの記事なので尚更です)。

また、そのころの作品の現状については、このところブログで何度かとりあげていますが・・・
こんな作品でも、そして自己満足な妄想の多い内容の本文にも拘わらず、
連載して頂いたTMSの編集部の皆様の判断に、改めて感謝申し上げる次第です。

一方で、本人が思っているよりも、はるかに多くの皆様の心に届いたようで
今でも、神奈電もしくは神奈川電鉄・神奈川電気鉄道という名前を憶えていらっしゃる方が多いことも、大変、有難く思います。
「とれいん」と「RM MODELS」にもほんのわずかな文量ですが掲載され、鉄道模型主要三誌全てに載ったというのも不思議な感があります。
20年目の「神奈電ものがたり」_e0030537_00473850.jpg
5年ほど前から、再度、神奈電シリーズに着手しています。
その経緯については、過去の記事へのリンクにとどめておきますが
模型の製作の面でも、路線などの設定の面でも、いろいろなものが充実した時代だと思います。

一方で、フリーの作品が減ったようにも思いますが、
それはフリーに仕立て上げなくても、(ローカル)私鉄の模型を手軽に揃えられる時代ゆえなのかな・・・と、感じています。

個人的な感想を申せば、最近は自由形の記事が、先述の小林信夫さんを除くと少ないのは寂しいですね。
・・・須津谷急行、ケンタッキーコーヒーライン、面影鉄道、湘南交通、鯨川地鉄、イワキ交通、(武蔵野→中越)地鉄、狐苦鉄信摂線の緑電鉄、諏訪電、千城木電鉄、逗子海岸電軌、東急3700改の小型車、サンタクロース電車~赤いインタアーバン、いさみやロコ競作(登山改や市電改)、城北鉄道クラブ競作、虹を描いた電車化キハ02とオープンカー、切り継ぎマニアのメモから、PM6のオハフ50改造の気動車が牽引するミキスト、NM1のチビ電改造例、GMマニュアル、GM大山店にあった小型レイアウトと各種改造車・・・・たくさんの自由形の記事に囲まれていた故に思い至ったのが、神奈電なのだと思います。


拙サイトの「神奈川電鉄を訪ねて」も新しいものに変えたいところです。
20年目の「神奈電ものがたり」は、つくりかけの5両の完成と、新しい設定が固まった愛甲線、秦野・大山線のサイト作成からはじめましょうか。そんなことを思っている次第です。
by hiro_hrkz | 2015-08-20 00:57 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(2)
Commented by 宵闇 at 2015-08-20 09:30 x
おはようございます。

ワタクシも頭の中が架空私鉄妄想でパンパンなので、雑誌等でこれだけの世界観を残せる環境とは正直羨ましいです。
今後も更新楽しみにしています。
Commented by hiro_hrkz at 2015-08-23 02:00
>>宵闇さん
ありがとうございます。
20年前の掲載は、非常に奇蹟的なことだったと思います。
いまはネットがあるので、書くのも発信するのも自由な時代ですが
未来に残るのは、確実に紙媒体のほうだと思っているので、新シリーズも残せたなら・・・という願望もあります。