人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
富山地鉄観光バス 日産自動車U690 +西工
富山地鉄観光バス 日産自動車U690 +西工_e0030537_01463583.jpg
バス趣味の世界に限った話ではないのですが、「日産ディーゼル」のことを略して日産ということがあります。
そうなると「日産自動車と日産ディーゼルは別物! 昔は日産自動車もシビリアンじゃなくて大きなバスを作ってた」と思ってしまうのは、マニアの悲しい性と言うべきか・・・。
そんなわけで、本日は、日産自動車が作ったバスの話で一つ。十年以上続けて来た拙ブログでは、はじめて取り上げるボンネットバスです。

日産自動車がバスを作ったのは1969年までのこと。大型バスといっても、最終的にはボンネットバスと、9m大型サイズのリアエンジンバスだけに終わりました。このあたりは、1974年にバス製造を止めるトヨタ自動車と似ていますね。
ディーゼルエンジンは他社からの供給で、この型式は民生デイゼル→日産ディーゼルのUD3型を搭載していました・・・この点では、結局、日デもニッサンも変わらなかいということになりますが・・・。
富山地鉄観光バス 日産自動車U690 +西工_e0030537_01462351.jpg
富山地鉄観光バス 日産自動車U690 +西工_e0030537_01462912.jpg
・富山地鉄観光バス 日産自動車U690 +西工 1999年6月 富山県富山市

画像の車両は、富山地方鉄道グループが保有していたもの。当然、現役の一般乗合用ではなく観光用途だったようです。
この頃は、現在の富山駅北口広場のあたりに貸切の地鉄観光の営業所があり、そこに置かれていました。
富山観光バスから次の地鉄西部営業所へ移動する途中で、偶然に見つけて撮らせて頂いたのを思い出します。

車体は、ニッサンU690ではメジャーであった富士重工ではなく、西日本車体を架装したもの。
窓の下部がRを描いている点は、リアエンジンのバスと共通の、西工の特徴ですね。
観光用のボンネットバスは、遅くまで現役で使っていた事業者から移籍した事例が多く、これもそんな事例の一つだと思います。
そうなると、高知県交通あたりが思い浮かびますが、真相はいかに・・この手の観光用ボンネットバスは素性が明らかな事例が多いのですが、この車両は画像もあまり出てきませんね。
ついでに、この車両、その後の情報も無く、なんとも謎の車両ではあります。
by hiro_hrkz | 2015-10-18 02:32 | バス(北村、西工、東特) | Comments(4)
Commented by 気まぐれ三輪 at 2015-10-22 23:15 x
いつも拝見させていただいております。ブログには初めてコメントします;

このU690ですが、御推測の通り元々は高知県交通の車両で、廃車後に高知県内の企業自家用→日の丸自動車→富山地鉄と流れたようです。
現状は行方不明らしいです。ライト配置が横目の後期型U690は現存台数が少ないので、どこかで姿を留めていてくれればいいのですが・・・。
Commented by hiro_hrkz at 2015-10-24 01:44
>>気まぐれ三輪さん
はじめまして・・・こちらでは、ですね。
「日ノ丸自動車 ボンネットバス」→「因幡ふる里号」と検索して、素性がわかりました・・これは、全く知りませんでした。
ニッサンU690というと、保存されているのはライトが縦2灯のものばかりですね。コーチが西工という点でも、残っていてほしい1台です。
Commented by COMB at 2015-10-24 10:48 x
富山在住ですが初めて見ました。16年前と場所が同じかどうか判りませんが、北口には現在も地鉄観光の営業所があります。(丁度、北陸電力とあいの風線の線路の間ですね)
Commented by hiro_hrkz at 2015-10-26 02:42
>>COMBさん
グーグルのストリートビューを使って確認してみました。
背後の建物の位置から推測すると、現在の地鉄観光バスセンターと位置は同じようです。バスの配置はなくなっても、事務所としては残っていたのですね。