人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
日立電鉄 モハ1301
日立電鉄の旧型車が営団2000に置き変わる寸前。残っていた車両の中で、とりわけ異色の存在だったのが、モハ1301でした。
もと宇部鉄道の車両で、僚車4両の中で、これだけが10年以上生き延びていました。
画像は、1989年に日立電鉄を訪れた際に、常北太田の側線の端に置かれていたもの。かなり無理して撮影しています。
いまなら、駅の外を一周して他のアングルから撮るのでしょうけど、この頃はフィルムの枚数等もあり・・・そしてはじめてのローカル私鉄遠征ということもあったのでしょう・・・これ1枚しか撮影していませんでした。
e0030537_00564120.jpg
・日立電鉄 モハ1301 1989年4月 常北太田

日立電鉄独特の更新改造を受けているものの、四角四面の鉄の箱という感じがする車両。
そして、見れば見るほど独特の窓配置であることがわかります。今回はその点について、少々記したいと思います、

まず、この車両の車歴について。
1929年、小倉にあった東洋車輛で4両が宇部鉄道モハ21~24として製造され、1943年5月1日の国家買収後も車番は変わなかったものの、1945年に宇部の空襲によりモハ23を焼失。残った車両は可部線さらに富山港線と転出して1953年の一斉改番で、漸くモハ1300~1302と国鉄として正式な車番を振られたのち、1956~1958年に廃車。うちモハ1301・1302の2両が同じ宇部鉄道出自のクハ5300・5301と共に日立電鉄に譲渡され改番せずに使用された・・・ということになります。
詳細は拙サイトをご覧いただければ、と思います。

宇部鉄道の電車は空襲で電車区が焼けたことも関係するのか、私鉄時代の写真が殆ど残っていません。
しかし、1939年に牧野俊介氏が撮影されたモハ24の写真が鉄道ファン240号(1981年4月)の「宇部線を走った社形国電」に掲載されています。
その頃の窓配置はパンタがある側から、1D1D12D1。この車両を形容する際に「合造車を思わせる窓配置」という言葉が使われますが、もとはまさしく荷物室が存在していたようです。なお、窓は1段式、ヘッドライトは路面電車の如く、窓下に取り付けられていました。

この次は、戦後、1950年代に可部線または富山港線で撮影された写真となります。
ネコパブリッシング刊の「私鉄買収国電」に全車の写真が掲載されていますが、これらを見ると、パンタグラフ側のエンドよりの(荷物)扉は幅が狭められて乗務員扉になっています。逆エンド側は1300は原型のままですが、1301と1302は、扉が窓半枚分、車両中心側にずれ、運転席側には乗務員扉が設けられていたようです。これは鉄道ピクトリアル626号(1996年9月)のP28に掲載されている、1957年に沢柳健一氏が撮影されたモハ1302の写真から判断した結果です。
つまりモハ1300は(パンタ側から)1d1D12D1、モハ1301・1302は1d1D11D1(逆サイドは1dD11D1d1)となります。これらの改造は1951年に幡生工場で施工された模様。なお、富山港線所属時に1300・1301は非パンタ側の運転台を撤去・片運転台化され妻面の窓は埋められていたとあります。

そして、日立電鉄に2両が譲渡されるのですが、その時期はずれており、先にモハ1301が1957年に譲渡されます。国鉄時代の最終形態のまま2扉で使用されました。ただし、この時点で非パンタ側の乗務員扉は埋められて通常の窓(従って窓配置は非パンタ側から2D11D1d1)に変化しています。
一方、1959年に譲渡されたモハ1302は入線時に日車支店で3扉・2段窓にに改造されています。このときに、パンタグラ側の客用扉と、その直前の窓の位置を入れ替え、連結面寄りの窓を他の客用窓と同じサイズに拡張した結果、窓配置は1d5D5D1に変化します。
モハ1301も1963年2月に3扉化。こちらはパンタグラフ側の窓配置を弄らなかったので、(パンタ側から)1d1D4D5D1になりました。また増設した扉の開く方向が2両でアベコベになっています。

この後、ベンチレータをグローブ式に交換・・買収国電なので国鉄時代の施工と思われがちですが、日立電鉄に譲渡後に行われています。さらに1969年?にはモハ1301に対して車体更新工事を実施。この頃の日立電鉄の更新車におなじみのメニューが実施され、前面窓や戸袋窓など各所をHゴム化、他の窓は2段窓化、更にウィンドウシルを撤去しています。連結面寄りの窓はHゴム支持の窓1枚に変更されました。一点よくわからないのが、モハ1301の連結面の窓が開けなおされたのがいつだったのかという点。

モハ1301+クハ5301、クハ5300+モハ1302の固定編成で使用されていたものの、1979年、相鉄からモハ1007~1009などを譲り受けた際に、モハ1302およびクハ5300が廃車。その後、1985年にクハ5301が廃車になり、編成相手を失ったモハ1301は両運転台に復し、昼間のワンマン運転用に改造されます。
このときに、結構な改造が行われていることがわかります。パンタグラフ側の扉と窓をモハ1302の如く入れ替え、また助手側の乗務員扉を埋めています。非パンタ側の新設運転台部分も窓2枚若しくは窓と乗務員扉になりました。結果、窓配置は上記写真のように、1dD5D5D1.1となりました。
パンタ側の従来からある運転台は中央から左に移動しています。テールライトはガイコツ型から埋め込み型になりました。

下回りもいろいろ変遷を受けているようですが、詳細は不肖。
RMライブラリ64「日立電鉄の75年」には制御器がRPC101(国鉄CS-1)とあるものの、原型はHL。富山港線時代の制御器とも異なり、これへの変更は果たしていつなのか・・・

廃車は1991年のことです。


by hiro_hrkz | 2016-05-11 00:51 | 鉄道(旧形電車) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/24370609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。