人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車
※ 神奈川電鉄はフィクションです。
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車_e0030537_01410659.jpg
大晦日を迎える前に、車両が完成しました。
秋には完成するだろう・・・と思っていましたが、ここまでずれ込んでしまいました。
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車_e0030537_01411448.jpg
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車_e0030537_01411861.jpg
まずは、神奈川電鉄の車両から。昨年は、東芝戦時型でしたが、今年はWH+BWタイプの凸電、デキ281です。
過去、製作過程を報告しているように、ワールド工芸のABS樹脂のキットを組んだものです。
東芝戦時型よりは組みやすいものでした。
塗装は、阪急マルーンのツヤを落したもので手すり類が艶消しの白なのは前作と一緒です。パンタグラフはトミックスのPG16を銀色に塗っています。
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車_e0030537_01412436.jpg
今回も旧作との並びを。
無動力でユーレイに押されるタイプでした。
鎧戸はランナー引き伸ばし線を1本づつ並べるなどヒマなことをやっていますが、ボロボロなのは否めないところ。
但し、KTOのC11の従台車を流用している点は、キットの台車よりも立体感等がありよいなあ、と思っています。
こんな車両でもプラキットがあり、しかも動力が入っていて走るというのは、凄い時代になったんだなあ・・・と思ってしまうところです。
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車_e0030537_01414210.jpg
もう一つは、山形交通高畠線のED2とモハ1。保存車をこの夏に22年ぶりに見て作成を思い立ちましたが、こちらも思いのほか、完成まで時間がかかってしまいました。
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車_e0030537_01412982.jpg
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車_e0030537_01413329.jpg
こちらも、製作過程で報告しているように、ホビダスの遠州鉄道ED282を改造したもの。
首振りの関係で、台車は1mmほど前にずらして取り付けています。
車輪は、Bトレインショーティーのコンテナ貨車用を使おうとしましたが、車軸が段付きになっており、その部分が台車内枠にあたるため、走行抵抗が著しく上昇してしまうことが判明。結局、キットの車軸に上記Bトレの車輪を組み合わせることで解決しました。
塗装は、クレオスの29・艦底色にGMの赤2号を若干加えたもの。屋根はタミヤのAS-2・明灰白色(日本海軍)です。
パンタグラフはトミックスのPG-16を黒色に塗ったものです。
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車_e0030537_01413681.jpg
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車_e0030537_01413988.jpg
もう1両は、高畠線電化開業時に用意されたモハ1。西武所沢工場で改造され荷物室が撤去されたあとがプロトタイプです。
扉などは実物とは異なっています。
鉄コレの事業者特注・富士山麓電鉄モ1がベースです。

塗装は、当初ED2と同じ艦底色+赤2号とGMのクリーム4号で塗り分けてみたのですが、イメージと合わずGMの近鉄マルーンとクリーム4号で塗りなおしました。が、これに失敗し再塗装を行いました。肌荒れが激しいのですが、修正する気力も既になく・・・といったところ。屋根はタミヤの明灰白色です。
客用扉の窓は、鉄コレの東武78型の戸袋窓(と思われるもの)をはめ込みました。

台車は、実物は蒲原鉄道モハ11や庄内交通モハ1と同系のものですが、似たものがないので、ブリルを取り付けています。パンタグラフはこちらも、トミックスのPG16を黒く塗ったものです。

ところで、高畠線の電車の写真を見比べていてふと思ったことが。
ときどき車両の方向が変わっているのです。高畠駅構内に非電化時代の転車台があったので、それで行ったのでしょう。
神奈電をもう一度 2016年12月 +  高畠の混合列車_e0030537_01414628.jpg
昨年末に完成したのも、やはり奥羽本線から分岐する秋田中央交通のデワでした。
以前作成した羽後交通デハ7タイプと合わせて、「みちのくの田舎電車」もいろいろと揃ってきました。


by hiro_hrkz | 2016-12-29 18:54 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)