人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
富山地方鉄道 岩峅寺駅
久々の駅舎ものを一つ。

富山地方鉄道は、寺田や五百石など、趣のある古い駅舎が残っていて楽しいところです。
(問題は、それを巡ろうとすると、電車の本数が少ない+運賃が高いことですが)。

その一つが、上滝線と立山線が合流する岩峅寺(いわくらじ)駅。
富山地方鉄道 岩峅寺駅_e0030537_031713.jpg
富山地方鉄道 岩峅寺駅_e0030537_032872.jpg
富山地方鉄道 岩峅寺駅_e0030537_034357.jpg

近くに神社があり、それを模したものと考えられますが、
東京育ちの私が、真っ先に思い出したのは、そう

「銭湯」

かつて、自宅から徒歩15分の範囲に、実に8軒もありましたが、
それらは皆、こういった大きな入母屋付き。
この様式は、東京の銭湯に多い・・というか特有なのですが、
経営者に富山県出身者が多かったと聞くと、どこか納得のできる話であります。

あ、次の街コレには銭湯がありますね・・・・
富山地方鉄道 岩峅寺駅_e0030537_041643.jpg

・いずれも1999年6月撮影

※2014.10.28 画像を交換しました。
by hiro_hrkz | 2006-01-24 00:40 | 鉄道施設 | Comments(2)
Commented by 秋津のOB at 2007-10-21 21:01 x
何年か前、余命僅かの急行『かすが』と福井鉄道に富山港線を乗り潰しました。

富山で一泊し地鉄に乗りました。
岩峅寺で降り、「6」みたいなルートで富山へ帰るつもりでしたが、岩峅寺で待つ間気が変わり、砂防博物館を見物しました。

駅員氏と何か話したのですが、互いに言いたいことが相手に伝わったか、今振り返ると少し不安に感じます。

富山市内は薄く積もっていた雪でしたが、地鉄に乗るうちに段々深くなり、岩峅寺で40cmばかり。

立山に近付くにつれホーム、待合室の屋根、電車の屋根、終点では架線柱のビームの下面くらいまで雪が積もっていました。

また行きたいですね。砂防軌道の体験乗車に合わせて…。
Commented by hiro_hrkz at 2007-10-22 23:53
>>秋津のOBさん
冬の富山地鉄は、夏と違って、自然相手の厳しい環境の中を走るのですね。M車比率の高さを発揮というところでしょうか。
先日、14年ぶりに立山まで乗りましたが、岩峅寺から先は、山深さを一層感じることができますね。