人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
月末の雑感 ~少しは自分で調べて~
「東横イン」騒ぎに乗じて、東急インに抗議している人がいる。
それどころか東急グループの姿勢を批判するものまで。
しかし、東横インは東急グループとは何ら関係がない。
つまり、思い込みを元にした攻撃(・・確信犯的誤爆)を行っているのである。失笑を禁じえないが、
少なくとも、批評を行うのなら、最低限の事実関係は調べてから行うものである。

ところで、この最低限の事実関係の確認、私達、マニアが鉄道やバスについて記述する時も
あらためて重要なことだと感じている。
たとえば、廃止になった仙北鉄道ついて、よく「塩釜交通(または古川交通)を前身とする宮城バスに吸収」されたという記述を見かける。しかし実際は、宮城県北の大バス会社だった仙北鉄道が宮城バスに改名の上、系列の(旧)宮城バスを吸収したのである。この間違いを交通経済学出身で地方私鉄関係の著述では随一の人物が行っているのだから、言わずもがなである。
とはいえ、私もこの誤解を長いことしていた。気がついたのはweb上で宮城県の人に指摘されたからであり、その上で改めて宮城交通の歴史を調べて理解ができた。

これに限らず、鉄道という名がつく事業者=鉄道中心の事業者という考え、あるいは鉄道の雰囲気で会社の規模まで判断してしまう例は、いまだ鉄道趣味者の中に多いように思う。
e0030537_23434764.jpg
宮城バスの文字が残る 宮城交通石巻営業所 2000年4月

バスといえば、無邪気に「(撤退以前は)富士重工は東日本に、西日本車体は西日本に」という表現も見うけられる。しかし、富士重工を採用した事業者は南関東・東海を中心にした東日本に多いもののの、その分布は全国である。一方の西工にしても、特例を除けば、確かに京都市交通局を東限とする地域に導入された。

だが、その詳細を見れば、九州は全域での導入があるが、中国・四国地方に目を転じれば、山陽は、広交や岡電のようなヘビーユーザーがある一方で、福山周辺各社のように西工が殆ど入ってない地域があり、まだらな印象である。そして、四国・山陰では殆ど導入例がない。さらに近畿地方でも、公営各社や阪急、南海、阪神、神姫バスなどでの導入がある一方、京阪や近鉄、奈良交通などでは見ることができない。

したがって、条件反射的に「東日本、西日本~」と言っていいのか、考える必要はありそうである。

さて、自分のサイトを改めて見てみると・・・思い込みで書いているところが、やっぱり見られる。
全体的に見なおした方が良さそうだ・・・。
by hiro_hrkz | 2006-01-31 23:15 | 言いたい放題 | Comments(0)