人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
オホーツクの富士7E・7B
 北海道で富士7Eを架装したバスを自社発注で導入した事業者は数あれど、その大半は道央・道南および旭川周辺に限られています。道東~オホーツク沿岸~旭川以北は少数で、北海道北見バスのU-UA440NANが2台あるだけだと長年思っていました。
 しかしある時、グーグルのストリートビューで未知の車両を発見。これが行きづらい場所ゆえ色々と情報を確認した末、ようやく今年の夏に実物を見ることができました。

サロマ湖の西側に位置する湧別町。かつては国鉄名寄本線と湧網線という2つの鉄道路線がありましたが、ともに廃線となっています。一方、バスは昭和40年代には既に一部路線で撤退がはじまっており、現在は名寄本線代替の遠軽~湧別~紋別(北海道北見バスと北紋バスの運行)が通るのみです。
 そのような状況なので、町による自主運行バス(いわゆる旧80条バス)が7路線ほど存在しています。車両はマイクロバスが主体ですが、中型1台、大型4台?が在籍しています。
e0030537_01544111.jpg
e0030537_01544115.jpg
・北海道紋別郡湧別町(80条バス) 日デKC-UA460HSN +富士7E 2018年8月 湧別市街

このうちの1台が富士7E架装車で、平成6年排ガス規制(KC-)適合の日デの大型車です。
1995年10月製造。トップドアにメトロ窓という貸切・送迎輸送用に近い仕様。北海道でありながらリーフサスという点は特筆されるところかと思います。また白地に水色・紺・赤を配した塗装は複雑で、よく見ると屋上の丸型換気扇も塗り分けられています・・・最もこの塗装、心なしか道北バスの中長距離路線車に似ているように思いますが・・・。

湧別町の残り3台の大型車のうち、1台はふそうの新エアロスター、そしてもう2台は平成元年排ガス規制(U-)適合の日デです。このうち日デは富士重工を架装していますが、どちらも7Eではなく7Bが選択されています。
e0030537_01544162.jpg
・北海道紋別郡湧別町(80条バス) 日デU-UA440LSN +富士7B 2018年8月 湧別市街

こちらは湧別市街にある町有車置き場で見たものです。前構を除き、KC-UAと同じ仕様ですが、異なるのは長さ。KC-UAが軸距4.72mなのに対し、画像の車両(1993年2月製造)は軸距5.24mのU-UA440LSNとなっています。なお、もう一台(1994年12月製造)は軸距5.55mのU-UA440NSNです。

さて、湧別町営バスの大型車ですが、湧別~竜宮台の三里浜線と、中湧別~芭露~計呂地の中湧別・計呂地線で使われることが多いようです。ただし、車両運用が路線orダイヤ固定なのか否かは判りませんでした。
オホーツク沿岸で富士7Eを保有する事業者はもう1社あります。ただしこちらは自社発注ではなく移籍車。四年前に撮影し損ねているのですが、今回は撮影することができました。
e0030537_01544151.jpg
・斜里バス いすゞKC-LV280Q +富士7E 2018年8月 知床自然センター

斜里から知床方面に路線を持つ斜里バスです。同社には2012年末ごろに、相模鉄道で深夜急行用として導入されたKC-LVが移籍しています。外観は「SOTETSU」のロゴが剥がされた点と、行き先表示がLEDになった程度しか差はありません。

 斜里バスの導入車両は日野とふそうの貸切車タイプが殆どであったため、この選択は少々意外に感じました・・・これは意訳すると「面倒な案件が増えた」ということになります(苦笑)。
 前回の失敗を教訓に、1)スクールバスがあり、2)知床のシャトルが20分おきになるハイシーズン中のハイシーズンであれば出てくるだろうと踏んで日程を決めたました。ところが、現地で確認するとスクールやシャトルには貸切車が導入され、夏季のみ運行の路線も別のクルマ。半ば諦めたかけたときに知床自然センターで見つけることができました。
 職員の方に伺うと、シャトルバスが乗り切れなかったときに備えて知床自然センターに常駐させているとのこと。また、斜里バスの運用は複雑で、朝のスクールバスや契約輸送で使った車両がそのまま路線の運用に化けます。車両はなにがどこで運用されるのかは定まっておらず、追うのはなかなか苦労します。

さて、斜里バスが富士7E系の車体を架装した車両を導入したのはこれが初めてではありません。30年近く前に1台、これまた同社では珍しい日デのP-UA50Lに7Bを架装した車両が在籍していました。1989年10月製ではあるものの製造番号が00002で他のUA50の製番と辻褄が合わないことから、元は型式受審等いわゆる「サンプルカー」の類であったと思われます。ともあれ、バスセンターカラーをベースにした独自塗装で使用されましたが、後年、くしろバスに移籍しています。
e0030537_01544105.jpg
e0030537_01544598.jpg
・くしろバス 日デP-UA50L +富士7B 2001年6月 北海道釧路市

もともとは、前面窓下に小さな行灯がありましたが、これは移籍時?に撤去されています。
くしろバスでも珍しい日デ製、しかも希少なV8搭載車ということが祟ったのか、何年もしないうちに廃車になりました。
by hiro_hrkz | 2018-09-17 02:40 | バス(富士重工) | Comments(0)