本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
初めて投稿いたします、バ..
by 運行管理もちの元太平興業系運送屋さん at 02:07
>>kana86さん ..
by hiro_hrkz at 22:48
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
弘南鉄道弘南線 ED333
除雪車の試運転~出動のシーズンとなりましたね。
ということで本日のお題は雪国の電鉄から
e0030537_03082153.jpg
・弘南鉄道弘南線 ED333 1994年2月 黒石

 弘南鉄道弘南線の除雪用に残る電気機関車、ED333です。
その外観からわかるように、米国のウェスティングハウス(電機)+ボールドウィン(車体)製の凸型電機で1923年製造。もとは武蔵野鉄道デキカ10形13→西武鉄道10形13で、弘南鉄道は1951年10月に入線しています。
e0030537_03081525.jpg
・弘南鉄道弘南線 ED333 1995年8月 平賀

 日本国内の鉄道事業者がWHから購入した凸型電機は合計14両(秩父=5、武蔵野=3、信濃=3、愛電=2、宮城=1).
その中でも、武蔵野鉄道が右側運転台を採用していたため、他の輸入車とはボンネットの位置が左右逆になっているのが特徴です。最も、米国のインタアーバンは右側運転台なので、これが正統派のスタイルということになります。
自重は、信濃・愛電等あるいは日車でコピーした車両が24~28t級なのに対して、こちらは少々重めの33t。一方で最大長はそれらが9100mm台なのに対して逆に若干短い8800mmとなっています。
主電動機も愛電や宮城が端子電圧750V・出力48.5kwのWH-550-JF6なのに対して、こちらは端子電圧600V・出力74.6kwで出力が高めです。

 弘南鉄道には架線電圧の昇圧に伴い入線。大きな改造もなく貨物輸送用として使用されていましたが、1984年の貨物廃止後は除雪が主な用途となっています。それ以外でも上記の写真のように、平賀の車庫で入替に使用されることもあります。撮影時は、丁度3600形の廃車と、1521形の入線に伴う作業がいろいろと行われていました。

 さて、武蔵野デキカ10形→西武10形は合計3両(11~13)ありましたが、弘南鉄道に譲渡された他の2両はE11、12になります。その後、E11は1969年に越後交通に譲渡されED261になるものの1971年に廃車、残りのE12は1973年に廃車になったあと保谷車両管理所の乗務員養成施設に保存されました。
 西武池袋線の電車から見ると検車庫の反対側、さらに敷地の外を回っても塀の外からは見ることもできず、長らく幻の車両でした。しかし、車両管理所の廃止により建屋がなくなりカバーはかけられているものの姿を確認できる状態に。そして補修の上で武蔵野鉄道100周年を記念して2012年に公開されました。
e0030537_03081237.jpg
・西武鉄道 E12(保存) 2012年5月 保谷

今年で製造から95年。
ふたたびその姿を見てみたいものです。

・参考文献
澤内 一晃「凸型電気機関車の系譜」 鉄道ピクトリアル859号(2012年2月) 
後藤 文男『西武の赤い電機』 交友社 2001年

by hiro_hrkz | 2018-11-24 23:02 | 鉄道(電機、貨電、貨車) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/27682602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。