人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
近畿日本鉄道信貴線・西信貴鋼索線 信貴山口駅
e0030537_22432832.jpg
京阪神の近郊は山が近く、また歴史的な寺社が多いことから、それに向けた参詣路線やケーブルカーがいろいろとあります。その一つが、奈良県にある信貴山朝護孫子寺へ向かう近鉄信貴線。今回は、その終点であり西信貴鋼索線に乗り換える信貴山口駅を取り上げたいと思います。
e0030537_22121661.jpg
e0030537_22121705.jpg
e0030537_22121118.jpg
近鉄大阪線の河内山本駅で分岐してわずか2駅。この間にも40‰勾配が存在するなどして、なるべく高度を稼いだところにあります。ケーブルカーとの乗換駅ですので、当然片側は全て斜面。駅のホームは2両編成がなんとか止まれる長さしかありません。信貴線のホームは1面2線で、ホーム全体が木骨の大屋根で覆われています。
e0030537_22121778.jpg
最も、当初は駅の東側にもう1線があったようで、そのあとが残っています。1960年代の航空写真を見る限り、既に撤去済みであるようですが、いつごろまで存在していたのかはわかりません。その更に反対側には広告看板のステーがありますが、ここに何もないのは、このご時世ではどこでも同じこと。
e0030537_22121644.jpg
駅舎そのものは比較的新しいこじんまりとしたもの。周囲は住宅地が広がっているとはいえ、駅の立地からして利用者は限られているものと推測されます。
e0030537_22121104.jpg
e0030537_22121120.jpg
e0030537_22121140.jpg
信貴線のホームと凡そ直角の位置に、駅舎から見ればそのままストレートにケーブルカーの西信貴鋼索線のりばがあります。同じ会社なので当然改札は無し・・・ですが、意外とこういう形態のところは少ないですね。中間改札があったり、改札外を10分以上歩くなどはザラですから。ホームは2面あり乗降分離できる構造になっていますが、普段は片側しか使っていません。

 この駅は、1930年に信貴山への参拝ルートとして開業したもの。信貴線は近鉄の前身である大阪電気軌道(大軌)による運行でしたが、ケーブルカーは傍系の信貴山急行電鉄による運行でした。ただし、このケーブルカーで登った先にあるのは高安山。そこから山上を信貴山までバスで移動することが必要です・・・これが戦前には電車であったことは、それなりに知られた話なので、今回は割愛。

 信貴山は仁王門や門前町の位置関係から解るように、その東にある王寺側から参詣するのがメジャーなルートだったようです。こちらには信貴生駒電鉄(現在の近鉄生駒線)および同社運営のケーブルカー(後の近鉄東信貴鋼索線)が存在していました。それを、大阪からアクセスしやすいこのルートを開業することで、人の流れを一変させたわけです。
 レジャーが多様化し、またモータリゼーションが進んだ現在では、寺社参詣は初詣を除けばそれほど集客力がある事業ではないのだと思います。それでも、このケーブルカーと山上のバスを40分間隔で走らせているところに、近鉄の朝護孫子寺に対する義理の硬さのようなものを感じるところです。

・いずれも2019年9月 撮影。
by hiro_hrkz | 2019-09-26 23:02 | 鉄道施設 | Comments(0)