人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
月末の雑感 ~領域~
最近、とみに思うのだが、
「(鉄道あるいはバス)趣味を通じて、必要以上の主張、とりわけ政治的・宗教的なものを行うのはご法度」
であると思う。

政治・宗教というのは、時として互いの核心部分を刺し合うような内容となる。
ゆえに、互いの信頼がなければ論議は成り立たないし、また、緊張感を持つものである。
最初から戦いになることを織り込み済みで、話題をふっかけるということもあろう。

でも、私は、趣味の世界は、そういったものからの解放区であって欲しいと思う。
たとえ政治や宗教が異なれど、鉄道やバスの趣味上の接点では、
互いが楽しむことができるもの・・・と考えている。

多少の感想ならば未だしも、それを押しつけてはならない。
だが、趣味上の見識すら「押しつけ」が横行しているのだから・・・。
by hiro_hrkz | 2006-02-28 01:11 | 言いたい放題 | Comments(3)
Commented by m.sakurai at 2006-02-28 23:59 x
1.バス趣味自体が宗教じみたところがあり、一部で見受けられる複数の「趣味団体」の割拠(場合により対立)は、宗教の宗派争いを思い起こさせてくれます。
2.交通趣味は、思想信条の違う人でも、盛り上がれる趣味であってほしいと思います。一昔前のような「DD51=赤ブタ」(SLの敵)というような発想は、願い下げです。私の場合は、瞳、耳の、奥底からの趣味ですから、「バスの写真を撮るのは人間のくず」と言われても、趣味(嗜好)自体は捨てないことと思います。
Commented by ひぐらし at 2006-03-01 17:04 x
昔、ドイツが東西に分かれていたころ、東と西の鉄道首脳が寄り集まって、主に西ベルリンへの直通列車運行を巡り討議が繰り返されたのですが、西が何か提議すれば東はウンと言わず、東が物申せば西は受け入れず、の繰り返しだったらしいんですね。ところが、会議が終わって宴席ともなれば、両者ビールにソーセージで肩組んで談笑、だったとか。
たぶん趣味のフィールドは前者ではなく後者であろうと思います。
趣味がプロパガンダ臭くなり、やがて実際のプロパガンダとの境界が曖昧になっているのは、戦後食うや食わざるやの時代に、社会に“鉄道趣味”を強引にねじ込んだ山崎喜陽氏や田中隆三氏らの“必要悪”が連綿と残っている名残でしょうな。
彼らのいない今、そろそろ我々も“戦後”から脱出しないと。
これからはより一層“趣味”を必要とする時代になるはずなので。
Commented by hiro_hrkz at 2006-03-01 23:07
まあ、趣味は極端な話、好き嫌いの世界ですから、派閥ができることは
必然と思っていますし、そのことが宗教じみていると感じた事は、ありません。

私は、鉄道やバスと絡める必然性のないものを絡めて、
それを相手にゴリ押しされることは慎むべきだと思っています。
特に、政治や宗教といのは生半可な気持ちで話すものではないと思うんです。逆に趣味というのは砕けた話であるわけで、ベクトルが全く逆ではないかと。
私が、趣味者がプロの判断に口を挟むべきではない・・と考えていることも根っこは同じです。