人気ブログランキング | 話題のタグを見る

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
台北近代建築

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。
カテゴリ
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
こんばんは。 電鉄黒部駅..
by 風旅記 at 02:53
この車両の行方を地鉄の方..
by ヤッシー at 14:58
随分前の記事だから、気づ..
by 元海南市民 at 18:43
この画像は超貴重ですね。..
by 北見のせりか at 00:14
こんにちは。 お写真に興..
by 風旅記 at 09:44
他にも首都客運の542路..
by mania at 11:40
So What? さん..
by hiro_hrkz at 21:51
旧動力はモーターカバーの..
by So What? ◆SoWhatIUjM at 12:24
>社長さん ありがとう..
by hiro_hrkz at 00:30
こんばんは くろがね線の..
by 社長 at 21:25
最新のトラックバック
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
長電バス 日野K-RC301 +日野車体 3題
1990年代の長電バスから、今回は大型車のRCについて幾つか。

1990年代中頃の長電バスは、長野市内の主力車種は自社発注の中型車(日野RJ)が殆どで、移籍車の大型が主力の川中島バスとは対照的な存在でした。逆に大型車は冬季のスキー客輸送などに備えたのか、湯田中や木島といった郡部で見ることができました。
長電バス 日野K-RC301 +日野車体 3題_e0030537_22381617.jpg
長電バス 日野K-RC301 +日野車体 3題_e0030537_22381972.jpg
・長電バス 日野K-RC301 +日野車体 1997年2月 湯田中駅

画像は湯田中地区に配置されていた車両。長電バスの車両は前後折戸・2段窓が標準でしたが、このあたりの日野RCだけはトップドア・メトロ窓という観光地仕様で登場しました。ただし、同じ頃につくられた他の長野県内のバスも同様ではありますが、冷房はありません。
長電バス 日野K-RC301 +日野車体 3題_e0030537_01534263.jpg
・長電バス 日野K-RC301 +日野車体 1993年5月 長野駅

この頃、長電バスにも移籍車は入っていましたが、規模は小さいものでした。
うち、長野市内の数少ない大型車になったのが、もと京阪バスのK-RC301で、前後扉が標準という長電の仕様を考えると妥当な選択だったのでしょう。京阪らしく左前方にセイフティウィンドウが取り付けられています。

その後、長野オリンピックを控えた頃だったと思いますが、長野市内でも今でいうバリアフリー対策として、リフト付きのバスを導入することになりました。しかし、長野の場合は新車ではなく在来車の改造で賄うことに。
このうち、川中島バスはもと都営バスのブルーリボンをタネ車にしたので、比較的無理のない外観にまとまりました。が、長電には先の京阪RC程度しか車両がないためか、それをタネ車に・・・かの有名?なモノコックボディにリフトを取り付けた空前絶後の改造車が誕生しました。
長電バス 日野K-RC301 +日野車体 3題_e0030537_01534290.jpg
長電バス 日野K-RC301 +日野車体 3題_e0030537_01534252.jpg
・長電バス 日野K-RC301 +日野車体 2002年12月 長野市内

後扉を埋めて、新たにリフト対応の扉を取り付けたわけですが、この部分だけモノコックに合わせることができなかったのか、スケルトンボディのような構造になっています。改造には相当な苦労があったことが偲ばれます。また、後ろ扉はなくなっても、その戸袋窓だけは残ってしまうのが、改造車らいしいところではあります。
長電バス 日野K-RC301 +日野車体 3題_e0030537_01534264.jpg
大改造となった左側面に対し、右側面はなんの手も加えてないので至ってノーマルな状態でした。このような大改造を受けた為か、長電のモノコックとしては例外的に遅くまで残っていたと記憶しています。

by hiro_hrkz | 2021-02-07 23:52 | バス(日野車体) | Comments(0)