人気ブログランキング | 話題のタグを見る

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
台北近代建築

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。
カテゴリ
以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
こんばんは。 電鉄黒部駅..
by 風旅記 at 02:53
この車両の行方を地鉄の方..
by ヤッシー at 14:58
随分前の記事だから、気づ..
by 元海南市民 at 18:43
この画像は超貴重ですね。..
by 北見のせりか at 00:14
こんにちは。 お写真に興..
by 風旅記 at 09:44
他にも首都客運の542路..
by mania at 11:40
So What? さん..
by hiro_hrkz at 21:51
旧動力はモーターカバーの..
by So What? ◆SoWhatIUjM at 12:24
>社長さん ありがとう..
by hiro_hrkz at 00:30
こんばんは くろがね線の..
by 社長 at 21:25
最新のトラックバック
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
昭和初期の日本車輌製電車について
昭和初期の日本車輌製電車について_e0030537_18502810.jpg
本年7~8月にネコパブリッシングから刊行された『RMライブラリ266・267 日本車輌の標準設計電車』(上・下 宮下洋一 著)は、大正末~昭和初期に製造された日本車両製の電車のうち、これまで特に愛好者の間で兄弟と囁かれていた車両をまとめてとりあげている。とりわけ、日車のカタログの図面が掲載されており資料性があるものとなっている。
しかし、同書を読み進めるうちに・・・多くは図面を比べることによって、幾つか気になる点が浮かび上がったので、ここに備忘録的に記しておこうと思う。

なお本書内では特にどの車両同士が同一グループであるといった説明をしていない(かわりに全長と製造年による分類が掲載されている)。以下は全て、私が解釈するために便宜上わけたものであることをお断りしておく。

・(1)琴平電鉄3000、浅野川電鉄カ5、越前ホデハ211、三国芦原電鉄ホデハ11
  上田温泉電軌デナ200、永平寺鉄道ホデハ102、福武電鉄モハ11
・(2)一畑電鉄デハ1・デハニ50、宇部電鉄デハニ101・301


 これらの車両はメートル法ではなくヤード・ポンド法で設計されていることが図面から読み取れる。
車体長×車体幅は(1)が45ft6in(13868mm)×8ft(2438mm)または8ft4in(2540mm)、(2)は50ft2 1/2in(15304mm)×8ft6in(2591mm)である。
窓配置は(1)は全車1DO5D5OD1、(2)は一畑デハ(1D7D7D1)・デハニ(1D13D1B1)・宇部電(1D9D5B1)で異なっている。しかし、全車両の窓幅が2ft1in(635mm)、扉幅3ft(914mm)、運転台側窓幅23in(584mm)に統一されており、同一基準で設計されたことがわかる。なお、琴電と上田を除いて扉はステップ付で車体裾が一段下がっている。

一方で窓の高さは異なる。
琴電、浅野川、上田、一畑、宇部が2ft8in(813mm)なのに対し、福井各社(越前、三芦、永平寺、福武)は2ft7in(787mm)と低い。前面を見たとき、福井各社のほうが窓が横長に見えるのはそのためである。

そして、(1)グループの中で三芦と福武※3 は車体幅が8ft4inと広い。従来、越前、三芦、永平寺は後に全て京福電鉄福井支社となることから、まとめて同形とされることも多かったが、実際にはそうではない。
なお、電装品についても、越前は78.6kwの主電動機×2で間接非自動制御 ※1、三芦は45kwの主電動機(SE-131-B)×4で間接自動制御(RPC-50 電空カム軸式) ※2、永平寺は37.5kwの主電動機×4で直接制御 ※1とバラバラで、これは後年、連結運転の有無に基づく集電装置の差となって表れている。
昭和初期の日本車輌製電車について_e0030537_20063041.jpg
・高松琴平電気鉄道 300 (琴平電鉄3000形) 2010年5月 仏生山
昭和初期の日本車輌製電車について_e0030537_18503096.jpg
・上田交通 モハ5253 (上田温泉電軌デナ200形) 1993年5月 上田
 廃車後、留置中の状態。
昭和初期の日本車輌製電車について_e0030537_18503165.jpg
・一畑電気鉄道 デハ3 1998年9月 川跡~遙堪
 窓配置は変更されている。

・(3)小田原急行鉄道モハ1と博多湾鉄道汽船デハ4~9

 小田急モハ1の図面はメートル法の寸法が記入されているが、その値は中途半端である。これらはヤード・ポンド法に変更するとスッキリする。即ち車体長14224mmは46ft8in、以下車体幅2615mm=8ft7in、窓幅660mm=2ft2in、扉幅915mm=3ftとなる。ただし、窓高さの810mmは2ft8inに若干足りない点は検討の余地があろう。

この小田急モハ1に類似するのが博多湾鉄道汽船(湾鉄)デハ4~9で、窓配置のみならず車体幅・窓幅・扉幅・窓高さなどの寸法が同じことがわかる。
ただし、運転室部分の奥行が異なり車体長が14424mmと200mm長くなっている。この寸法はヤード・ポンド法に直しても当然スッキリしたものにはならない。小田急の図面をベースにメートル法で修正して湾鉄向けにしたことも考えられるのではないかと思う。
昭和初期の日本車輌製電車について_e0030537_18504036.jpg
・小田原急行鉄道 モハ10 1999年10月 海老名
 保存車
 
・(4)広浜鉄道1、越中電鉄デハ100、琴平急行電鉄デ1、宇部電鉄デハ201

 いずれの車両も扉幅1000mm、窓幅700mm、扉脇部380mmとキリのよい数字になっていることから、メートル法で設計されたことが伺える。窓柱は記載のない図面もあるが、計算すると全て65mmとなる。車体幅は2440mm・前面Rの4000mmも共通であり、窓高さ800mm、幕板幅360mm、屋根深460mmと高さ方向の寸法も全て同じでまさに兄弟といえる車両群である。

全長は広浜と琴平急行は11035mm、越中は11800mm、宇部電鉄は12565mmと異なるが、その差分は窓と柱を足した765mmなので、ここからも共通設計であることがわかる。
昭和初期の日本車輌製電車について_e0030537_18503892.jpg
・熊本電気鉄道モハ71 (もと広浜1形) 1998年9月 北熊本
 無車籍。窓は2段式に改造されている。

・そのほか
(富士山麓電鉄モ1、神戸有馬電鉄デ1、志摩電鉄モニ10、東美鉄道デホ100)


 富士山麓は図面が不鮮明なので明確な判断をしがたいが、神戸有馬デ1と側面の窓幅700mm・扉幅920mm、車体長14426mmが同一であることはわかる。ただし窓構造の差により幕板部分の寸法などは異なるように見える。
一方志摩モニ10と東美デホ100は車体長12630mm、車体幅2465mm、客用扉幅920mm、窓幅645mmなど全ての寸法が揃っており同じ車体であることがわかる。

 神有と志摩、東美の共通点は前面にある。
つまり車体幅2465mm、Rは3898mm、窓幅700mmで、これは全く同じである。
この点での共通項を探すと、他にも同じ車両がでてくる可能性があると思う。
昭和初期の日本車輌製電車について_e0030537_18503785.jpg
・富士山麓電鉄モ1 2011年4月 河口湖駅
 保存車

注・本文内、「電鉄」は正式には「電気鉄道」と称する場合がある。

※1 藤井信夫「私鉄車両めぐり102 京福電気鉄道福井支社」鉄道ピクトリアル295号(1974年4月)による。
※2 中田安治「越前本線の沿革と車両」 レイル No.17 (1986年2月) による。

※3 2022.9.27 訂正しました。


by hiro_hrkz | 2022-09-23 23:37 | 鉄道(旧形電車) | Comments(0)