人気ブログランキング | 話題のタグを見る

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
台北近代建築

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。
カテゴリ
以前の記事
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
この車両の行方を地鉄の方..
by ヤッシー at 14:58
随分前の記事だから、気づ..
by 元海南市民 at 18:43
この画像は超貴重ですね。..
by 北見のせりか at 00:14
こんにちは。 お写真に興..
by 風旅記 at 09:44
他にも首都客運の542路..
by mania at 11:40
So What? さん..
by hiro_hrkz at 21:51
旧動力はモーターカバーの..
by So What? ◆SoWhatIUjM at 12:24
>社長さん ありがとう..
by hiro_hrkz at 00:30
こんばんは くろがね線の..
by 社長 at 21:25
>>非公開さん 大..
by hiro_hrkz at 22:23
最新のトラックバック
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
みちのくの田舎電車(その2)
春はもうすぐ、花粉はMAXな今日この頃ですが、
久しぶりに電車が1両完成しました。
みちのくの田舎電車(その2)_e0030537_01175658.jpg
みちのくの田舎電車(その2)_e0030537_01175442.jpg

ノスタルジック鉄道コレクション(ノス鉄)の第3弾の近代的な電車から改造した、山形交通三山線のモハ106です。廃線後、蒲原鉄道に譲渡されてモハ91になってからのほうが知られているかもしれません。
 ノス鉄第3弾の発表後すぐに「これは三山線の電車だ!」と思ったので、発売後バラ売りをしている模型店で調達し早速バラバラにして切り継ぎました。ここまでは良かったのですが、実は昨年秋に手を骨折しまして工作ができない状態となり、完治後も結局工作はあまり進まずに年を越し・・・今般漸く完成に至った次第です。以下に改造の過程を並べてみたいと思います。
みちのくの田舎電車(その2)_e0030537_01175247.jpg
みちのくの田舎電車(その2)_e0030537_01175138.jpg
みちのくの田舎電車(その2)_e0030537_01174979.jpg
みちのくの田舎電車(その2)_e0030537_01174706.jpg
みちのくの田舎電車(その2)_e0030537_01174531.jpg
側面は論理的には2か所で切り継げばよいわけですが、非貫通側の前面を生かすために3か所で切り継いでいます。これでも実物換算で600mm以上短くなっています。前面はテールライトを片方埋めて、窓回りを変更しています。助手側のバス窓は鉄コレ第13弾のキハ4501から切り出したものです。
 塗装はクリーム4号と近鉄マルーンの組み合わせ。Hゴムは灰色で塗りましたが、このところ老眼の進行著しく綺麗に塗るのが無理な状況です・・・眼鏡の新調が先かもしれません。ヘッドライトは元のモールドの中をくり抜き、WAVEのH・アイズのパーツをはめ込んでいます。
 問題は下回り。かつて鉄コレ動力で小型車の動力化が楽になったいうのは既に昔の物語で、14m未満のボギー車には皆さん四苦八苦されていると思います。今回は新品の16m級動力を福島交通モハ1211にあてがい、捻出した15m級動力改造動力を再び短縮改造して嵌め込みました。比較的初期の製品なのですが、集電板が酸化するようでこれを磨かないと走り出さなかったことを記しておきます。

 個人的に山形交通の3線は学生時代(・・・約30年前)に廃線跡保存車を訪ね歩いた思い出のある路線です。もうちょっと僚車が欲しいところですが、まずは以前作製した高畠線のモハ1と実際にはあり得ない並びを1枚。
さて、次は何を作りましょうか?
みちのくの田舎電車(その2)_e0030537_01174120.jpg

by hiro_hrkz | 2023-02-28 23:57 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Comments(0)