人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>無賃乗車お断りさん ..
by hiro_hrkz at 12:30
1987年発行の季刊バス..
by 無賃乗車お断り at 22:13
>FUSOきゃろるさん ..
by hiro_hrkz at 00:37
サンデンの場合は、本来三..
by FUSOきゃろる at 20:35
こんにちは。 石山坂本..
by 風旅記 at 17:07
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
日立電鉄 クモハ350形
福井鉄道のモハ300が廃車・解体されたそうで、ここに静岡鉄道の自社工場製電車は
終焉を迎えることになりました。
その一つ、クモハ351+クモハ352は、下回りにもと鶴見臨港鉄道クモハ18・19の機器を流用した車輌で、1968年製。後に日立電鉄に譲渡されました。

一見近代的な外観も、実は外板が薄いなど、車輌メーカー製とは異なる面も多かったようです。このクモハ351も、老朽化が思いのほか早く進行してしまった様です。

ところで、静岡鉄道静清線の車輌に関しては、想像以上に不明な点が多くあります。
画像が残っているという点では、むしろナローの駿遠線のほうが多いのではないかと思えるほど。クモハ18・19が晩年、広幅貫通路を持つ固定編成になっていたことも、殆ど知られていないのではないかと思います。
e0030537_19544662.jpg
・日立電鉄 クモハ351+クモハ352 1993年3月 常北太田

この頃は、銀座線の車輌が移籍してきた時でした。
まさか廃線になろうとは。

※2014.3.16 画像を交換しました。
by hiro_hrkz | 2006-04-29 20:54 | 鉄道(近代形電車) | Comments(5)
Commented by とよぽん at 2006-04-29 23:28 x
以前神奈電で静鉄タイプを作られた時、「こんなマイナーな車両を作る人がいるとは」と驚いたものです。
Commented by hiro_hrkz at 2006-05-01 00:39
記憶していてくださり、ありがとうございます。
あれはTOMIXの国鉄103系から改造したものでしたが、原形を留めぬ大改造となりました。今は、あんな車輌でもキットがある時代ですね。
Commented by まりーん at 2006-05-01 21:05 x
地方私鉄は、余り見向きもされなかったせいか、結構足りあいまいな部分が。
気になって調べようにも資料なし。
今は、ネットやデジカメの普及で気軽に記録できる時代になりましたね。(反面負の部分もあるけんど)
静鉄の車両はヤワだったのですか。
近江の車は頑丈(と、される)ですが、やはり技術や費用の違いからかな?

ところで、この車、どこかで見たような…。
と、思いきや、都交5000形に見えるのは気のせいやろか。
Commented by ひぐらし at 2006-05-02 11:16 x
まりーんさま
近江彦根工場は、西武所沢の流れをくんでいるので、しっかりした車体製造技術があるみたいですね。たぶん最初のころは職人さんが所沢で経験積んだりしてるんでしょう。
静鉄の場合は見よう見真似というか…。言い方アレですけどハリボテ電車みたいなところもあったようで。
使っていくうちに車体が変形して、ドア開閉が困難になったりしたそうです。日立のはドアを蹴っ飛ばさないと開かなかったとか。福井のはよく冷房積めたものです。ごつい骨でも入れたんでしょうね。確かに福井のもドアにひっかき傷があったなぁ。

都5000の前と後ろの窓をひとつづつ詰めれば…と思ってハタと気がつきました。
…RMMの丸ノ内線があるぢゃん!
静鉄をやりたい、なんて思いもあるので、100型でも作ってみようかな。
入江岡駅が作りたいのです。ホームにはもちろん黄色のシャツにオレンジのスカートはいたオカッパ頭の女の子を。
Commented by まりーん at 2006-05-04 11:02 x
>ひぐらしさん

近鉄(本家なんやけんどね。近江。)は国鉄やそうですわ。
国鉄と縁があり、部品の融通も結構あったようですわ。
単車や予備役の500形は西武(一部は三岐経由)流れのFS40台車と車体新造など
一見すると、気が付きにくいねんけんども、旧国そのもの。
一部は西武経由か西武流れもあるけんども、どっちにしても旧国。
CS-5の荒い加速にMT-15吊掛加速音。何故か制動装置は電気指令式と。

はりぼて電車…今もどこかで見たような気が。あれはプレハブやったか。
それはさて置き、窓配置を見れば丸の内のほうが近いのかな?
やっぱり顔ですよ顔。違いはあるけんど、似すぎな都交5000形。