人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>>すぎたまさん 情報..
by hiro_hrkz at 22:49
はじめまして。すぎたまと..
by すぎたま at 20:29
こんばんは。 面白い光..
by 風旅記 at 02:01
こんばんは。 お写真を..
by 風旅記 at 03:53
こんばんは。 書かれて..
by 風旅記 at 02:11
こんばんは。 名鉄の車..
by 風旅記 at 19:40
こんばんは。 幼い頃に..
by 風旅記 at 18:15
>>島々な人さん いま..
by hiro_hrkz at 22:56
お久しぶりです。 ..
by 島々な人 at 18:40
>>うなぎバスさん そ..
by hiro_hrkz at 03:20
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
月末の雑感 ~このエデンならぬ鉄コレ~
鉄道コレクション・・・・鉄コレが発売されてから、もうすぐ1年が経とうとしている。
その時、何となく複雑な胸の内を書いたのだが、それは1年経ち、ますます混迷を深めてしまったようだ。

10年前、製品の「せ」の字の一角目すらない状況だった地方私鉄のNゲージ。
プラ板を切った貼ったで・・あるいはGMの改造で大量の電車を作った自分にとって、
プラベースの量産品の発売というのはユートピアだと思っていた。

しかし、増え続ける車両を見ながら、一体自分は何をしているんだろう・・と、何か虚しくなってしまった。
脅迫観念にかられて、こんなにたくさんの車輌をあつめて、どうしようというのだ?
そもそも、ブラインド販売は、模型でギャンブルをやっているようなものである。
加えて、水子となったガレキを見て、なおのこと頭を抱えてしまう。

そして限定品を目の前に右往左往・・・・。
鉄コレが無限の宝島だったなら、私たちは奪い合う筈がないのに・・・。これでは、ディストピアである。


気になるのは、鉄コレが安すぎるという点である。
かつて、お金がない子供は、香港貨車を買って満足したものだが、
貨幣価値を考えれば、それよりも安く、質は高いということになる
そうした状況を、価格破壊といって無邪気に喜べるうちは未だいい。
しかし、それは諸刃の剣。消費者の価格感覚が狂った結果、焼け野原になるリスクも、最近は感じている。

むしろ、価格がどうこうより、基本的なものが苦労せずに手に入る事・・
というのが重要だと思う。
のんびりと鉄道模型を楽しには、こういった「保障」のようなものが必要不可欠のはずである。、
煽り商法に乗せられて、趣味でもストレスを抱えたら、行きつく先は廃人である。

結局のところ、
自分が欲しいものがあるから買う・作る・・という極めて原点的な部分に立ち戻りたいと思う。
そして「安い」から買うのではなく
「自分に必要だから」「自分にとって価値がある」から買う、という点にも戻らねればならないとも・・。

と書いた矢先に、富士急の限定品が我が家にやってきた。
そして、琴電1020発売発表・・・・。
しかし、傍らの鉄コレの改造車で完成したのは未だ2輌のみという現実。
自分は、正直、鉄コレとの距離感を決められずにいる。

そして悲しみと同じ産声をあげながら
このエデンならぬ鉄コレを買って
おぼつかない改造プランを今日も紡ぐ。

幾たびも幾たびも
このエデンならぬ鉄コレを買って
おぼつかない改造プランを今日も紡ぐ。



・・・・元ネタわかる人いるのかなぁ。
by hiro_hrkz | 2006-10-31 01:07 | 言いたい放題 | Comments(2)
Commented by とよぽん at 2006-10-31 12:37 x
このところの鉄コレ改造車…
栗原M15・福井モハ130・東濃モハ103・北陸モハ3000…
そして今小湊キハ6100を制作中。
何れもタイプですが、鉄コレが無ければ作品に出来なかったのも事実。
鉄道模型を20年近く休眠して、ガレージキットの台頭で、やっと重い腰を上げました。今はガレキと鉄コレ改で地方私鉄を楽しんでいます。確かにブラインド販売はよくない点も多いですけど、要は自分自身の製品との向き合い方ではないかと。
自分は少なくとも台車と床下機器には感謝感謝です。
Commented by hiro_hrkz at 2006-11-02 00:05
鉄コレは、カンフル剤になり、弓型イコライザ台車や私鉄初期高性能車用の台車が手に入れられるようになった・・という「功」の面も非常に大きいと、思います。

ただ、その一方で、鉄コレは麻薬のような危険性も感じてしまうわけです。本当におっしゃる通り「製品との向きあい方」なのですが、自分がこれまで歩んで来た方法と余りに異なるので、どうにも違和感が解消されないのでしょうね。