人気ブログランキング |

本サイト「創作鉄道資料館」では使わない画像を中心に
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
資料館本館
本サイト
創作鉄道資料館

特別企画
高松琴平電気鉄道600・700に関する簡単な資料集

※現在、コメントとトラックバックは管理者の承認後の掲載となっています。従って、書き込み後暫く時間がかかることを、ご承知ください。

※当ブログに対するご意見、ご要望などは
こちらから、お願いいたします。

なお、リンクフリーです。

※当サイト内の画像、文章等の無断転載を禁止します。

エキサイトブログ以外へのリンク
カテゴリ
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
最新のコメント
>> 島々な人さん ご..
by hiro_hrkz at 23:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 19:26
>>12号線さん あの..
by hiro_hrkz at 23:50
リアの造作も京阪独特のも..
by 12号線 at 15:39
>>島々な人さん ご無..
by hiro_hrkz at 22:43
どうもお久しぶりでござい..
by 島々な人 at 00:01
備北バスの日野レインボー..
by しんご at 14:52
>>ツカちゃんさん そ..
by hiro_hrkz at 00:09
こんばんは。 茨交のキ..
by ツカちゃん at 23:19
>運行管理もちの元太平興..
by hiro_hrkz at 21:34
最新のトラックバック
西暦1906年 - 満鉄..
from ぱふぅ家のホームページ
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「スキー(バス)シーズン..
from 常磐工場の業務報
「富士重5Eは好きですか..
from 常磐工場の業務報
「富士重ボディは好きです..
from 常磐工場の業務報
鉄コレ 名市交300形 ..
from 月刊えむわーくす
徳島市営バスと徳島駅前
from nishimino
時代はソーシャルネットワ..
from 生活のキーワード
紹介>花巻電鉄・仙北鉄道..
from 鉄道のある風景weblog
筑波鉄道の車両
from ★ どうでもいいもの大集合 ★
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
ブログジャンル
画像一覧
神奈川電鉄をどうするか
あれから10年、それから15年なんてタイトルで、あれこれグダグダ書いてから
あっというまに1年が流れ去りました。・・・人生を無駄にしているような。

わたしの妄想鉄道「神奈電」こと神奈川電気鉄道をどうにかしたいという構想は
結局のところ、津久井から北をバッサリ切り捨てて、新たに幻の相武電鉄に準拠した
ルートで考える。・・・という点でまとめているのですが・・・・。

どんなルートか・・・というと、



こんな感じ。

注:神奈川電鉄はフィクションです。
e0030537_212955.gif

相武電鉄の本線ルートと、城山(相模川尻)への支線で構成しています。
砂利の採掘件を相模川中流部に取得し、その輸送手段として相武電鉄にテコ入れ・・というのが柱。一方、厚木~半原は、電力開発のカラミがあったことにしようかと思っています。

ただ、いまひとつシックリ来ない点もいくつか。
たとえば、淵野辺~上溝。ここは相模原の軍都計画が実施された地域を走ることになります。
でも、そのときに整備地域の外側を走る線路に付けかえられた・・というのもありという気がしています。

城山のあたりが終点というのも、なんとなく中途半端で、相原が起点というのも、やりようによってはありかな?と思います。
地図を見ていると、やはり北に伸ばしたくなるのが人情ですが、高尾に行くとなると、昭和50年代に開発された館が丘くらいしか人が住んでいませんし・・・。結局、合理的理由がどうやっても
見つからないので却下。

これにより中武電鉄は設定から消滅します。
バスも、大幅に営業エリアが小さくなりますね。 少なくとも、津久井と八王子は全部カット。

まあ、こんなところでしょうかねえ・・・。
by hiro_hrkz | 2006-11-23 02:22 | 模型・神奈電・架空の鉄道 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://caw99100.exblog.jp/tb/4598269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おーたむ at 2014-07-25 21:39 x
はじめまして。
古い雑誌「鉄道模型趣味」を祖父からもらって、それを読んで神奈川電気鉄道さんを知りました。
とても精巧な架空鉄道ですね。見習いたいです( ̄^ ̄)ゞ
これからも楽しみにしてます!
Commented by hiro_hrkz at 2014-07-30 22:15
>>おーたむさん
はじめまして。
お爺さんからTMSですか・・・あれからもう19年経ってますからね。
それでも、いろいろと感じるところがあったのなら、うれしいことです。

神奈電を作るのには10年サイクルくらいの波があるのですが、今は、ちょうど作るほうに専念し、まさにやり直している最中です。基本的に進捗を毎月ラストにここに書いていますので、ご覧いただければ幸いです。
Commented by 宵闇 at 2015-06-20 16:09 x
先ほどコメントさせて頂いた者です。

自分もその時のTMSを見ました。
その時にすごい衝撃だったのを覚えています。
自分も住まいが町田であり、神奈川電鉄の沿線はちょうどかつての職場や音楽活動をしていた辺りでした。

この辺りは鉄道もなくとても不便で、自分も幾度となく架空私鉄電車が走っていたらなあ~と妄想したりしていました。

それを現地に通い下調べまでしたとは本当にすごいですね。
これからも更新楽しみにしていますね。